なぜ男女の間で賃金格差が生じてしまうのか?

00_m

カオスな現代社会でうまく立ち回るための処世術などについて記した書籍「12 Rules for Life: An Antidote to Chaos」は、発売からわずか2週間でベストセラーになるほど注目を集めています。その著者である臨床心理学者のジョーダン・B・ピーターソン教授は、「大学ではフェミニズムや黒人研究のような新マルクス主義的ポストモダニズムの科目ばかりになってしまったから臨床心理学の予算は削減されても仕方ない」などとコメントしたことから、ジェンダー論などを研究する人々から大きな反感を買ったのですが、イギリスのニュース番組Channel 4 Newsのインタビューで男女の賃金格差などについて詳細に自身の考えを打ち明けており、現代を生きる人々にとって貴重な知見が得られる内容となっています。

Jordan Peterson debate on the gender pay gap, campus protests and postmodernism - YouTube

ピーターソン教授に投げかけられた最初の質問は、「あなたは男性は地獄から這い上がる必要があると著書に記していますね?その理由を教えてください」というもの。

これに対してピーターソン教授は、「なぜなら年老いた赤ん坊ほど醜いものはないからです。しっかりと成長できていない男性は、人生における生きる意義を見出せていない人たちなので、難しい時間に遭遇し苦しむことになるのです。彼らは苦しいと憤慨し、目的なく敵意を持ち、憤慨し、恨み、傲慢で、欺瞞的で、自分自身の役にも立たず、女性のためのパートナーにもなれず、良いところがひとつもありません」とコメント。
s01_m

このような辛辣なメッセージはあくまで世間一般に向けて発信しているものであり、「若い男性」にターゲットを絞って投げかけているものではないとピーターソン教授。なぜ「若い男性に投げかけているメッセージ」と誤解されがちなのかについては、ピーターソン教授が講義動画を多数投稿しているYouTubeのユーザーの約80%が男性であるから。若者が人生における自分自身を支える指針を得る助けになるかもしれない、と考えYouTube上で講義動画を公開するようになったとのこと。

「その考えが間違っていたら?」というインタビュアーのイジワルな質問に対しては、「若い男性が自身の言葉を励ましの言葉と受け取っているとは考えていない」としつつ、YouTube上で公開している講義動画が若者たちに「自分自身を成長させる必要がある」ということを伝えることができているとコメント。加えて、若者たちはこういった類いのメッセージに飢えていることもよくわかった、と述べています。

なお、なぜこれらのメッセージが「若い男性向けになっているのか?」という質問に対しては、ピーターソン教授はそのようなつもりはまったくないと断言し、「ただYouTubeは男性の方が多いメディアで、Tumblrは女性の方が多いメディアである」という事実があるだけだとしています。その証拠に、講義動画を見た女性が自身のもとを訪れたり、書籍を購入したりしてくれているとのこと。
s03_m

続いて「男女の賃金格差」について。インタビュアーはイギリスでは男女の賃金格差が9%であるという具体的な数字を挙げて「なぜ性別が異なるだけで賃金格差が生じるのか?」について質問します。

これに対してピーターソン教授は、「多変量解析により、性別が格差を産むという事実は存在しないことが実証されている」と語りました。もちろん男女の賃金格差には性別も重要な要素として関わっているとしつつ、社会学者ならばその他の年齢・職業・興味関心・人格など、さまざまな要素に分解して解析する必要があると指摘。そして、その他の要素の方が男女の性別よりも賃金格差に大きな影響をもたらしている、とピーターソン教授は主張しています。

「実際に男女の賃金格差が『9%』という数字で表れています。これは不公平なことではないのですか?」とインタビュアーは畳みかけますが、ピーターソン教授は男女の賃金格差が存在することは認めつつ、「男女の賃金格差が性別により起きている」という認識は明らかに間違ったものだと指摘。もちろん多変量解析における18個ある要素のうちのひとつが男女の性別差であり、男女の性別により偏見が生じることも認めていますが、男女の賃金格差における性別の影響は「ほんのわずかなものだ」とコメントしています。
s05_m

それでは何が男女の賃金格差の原因となっているのかと言えば、出世において有意に働く要素は「協調性のなさ」であるとピーターソン教授。協調性のない人物は周囲を従わせる「強引なリーダーシップ」を持っているとのことで、これが出世においては大きな役割を担っているというわけです。女性は男性よりも繊細なため協調性が高く、管理職になりにくいことが男女の賃金格差につながっているとピーターソン教授は考えているわけです。

加えて、スカンジナビア半島で行われた社会実験を紹介しており、男女に平等に職業を選択する自由を与えたところ、女性は20人に1人が看護師を選ぶのに対して、男性ではそれ以下の数字しか得られなかったことを明かしています。また、エンジニアを選ぶ女性の割合は、看護師を選ぶ男性の割合とほぼ同じで、これが給料のギャップを広げる原因となっているとしています。つまり、女性が自ら選ぶ職業や働き方は、資本主義において賃金の競争力が低い職業が多いというわけです。
s06_m

別の研究でも男女平等が実現されるほどに女性は科学や数学の道を選ばなくなるという研究結果が出ており、こういった男女における選択の差が賃金格差の正体であり、男女の性別差によるものではないとピーターソン教授は主張しています。


 引用元:https://gigazine.net/news/20180515-jordan-peterson-gender-pay-gap/
男女平等が実現されるほど、女性は科学や数学の道を選ばなくなるという研究結果

00

アメリカではコンピューターサイエンスの学位を取得する女性は全体のわずか18%にとどまります。一方で、アルジェリアでは科学・テクノロジー・エンジニアリング・数学分野で学位を取得した女性が全体の41%を占めます。この差は何によるものだろうか?ということで、最新の研究結果が発表されました。

The Gender-Equality Paradox in Science, Technology, Engineering, and Mathematics Education - Gijsbert Stoet, David C. Geary, 2018
http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0956797617741719

The More Gender Equality, the Fewer Women in STEM - The Atlantic
https://www.theatlantic.com/science/archive/2018/02/the-more-gender-equality-the-fewer-women-in-stem/553592/?single_page=true

以下のグラフは横軸がSTEM(科学・技術・工学・数学)の学位を持った女性が全体を占める割合で、縦軸が男女間の不均衡を示す世界男女格差指数を示すもの。男女格差が小さいフィンランドではSTEMの道を選ぶ女性の割合が小さく、逆に男女格差が大きなアルジェリアでは割合が高いことから、女性の「機会」が小さいほどに女性がSTEM学位を持つ割合が高くなることが見てとれます。女性がSTEMの学位を持つ割合が40%になるアルジェリアでは、雇用における女性差別が大きく、女性が夫の機嫌をうかがわなければならないことも多いそうです。
_________+2017-11-01+18.33.33

リーズ・ベケット大学の心理学者Gijsbert Stoet氏とミズーリ大学の心理学者であるDavid Geary氏が発表した新しい研究結果が明らかにしたのは、男女間の不平等が大きな国では、女性は金銭的な自由を得られる可能性を模索し、科学技術の分野の専門家になることが多いということです。二人の研究者が世界67カ国の学生のテスト点数を調べたところ、多くの国で女子学生の科学の成績は男子学生の科学の成績と同程度か、それ以上であったとのこと。大学レベルの科学や数学についても、女子学生は問題なくクラスを受講できる学力があったわけです。

一方、複数の科目を比べた時の「得意科目」について言えば、男子学生の得意科目が科学であったのに対し、女子学生の得意科目は国語でした。この傾向は、科学のスコアの女子平均が男子平均と同程度であった時にも見られたそうです。調査対象となった全ての国の女子学生のうち、自分の最も得意な科目が国語であるとしているのは51%で、数学であるとしているのは25%だったとのこと。一方、男子学生について言うと得意科目は科学だと答えたのは38%、数学だと答えたのは42%、国語だと答えたのは20%でした。女子学生が得意科目を国語だと答えたことについて、Geary氏は「少なくとも、女子学生の基礎的な言語能力のアドバンテージが関わっています。また、一般的に女子学生は読書に対する興味が強く、より多くの本を読み、読書の経験を重ねるのです」と語りました。また、女性の力が強い国では女性が「自分が最も楽しむことができ、得意とすること」を選ぶことができるため、逆説的に、男女格差の大きい国ほどSTEMを選ぶ女性が多いのだと研究者らは仮説を立てています。

ただし、「人生全体の満足度」という点を見たとき、発展途上国では学術分野でも女性差別が大きく、男女格差が小さい国の方が満足度が高かったそうです。

「女子高生は数学が不得意である」という偏見はまだまだ根強く、STEM分野の雇用において女性が避けられがちであるということはしばしば問題にあがります。しかし、研究者の中には「ジェンダーにおけるSTEMのギャップが起こるのは『女性が科学を不得意とするため』ではなく『言語能力の高さから他に得意なものが存在するから』だ」という考えを示す人も。

また、今回の研究では、STEMの学位を取得する人よりも、数学や科学を得意とする女子学生の割合の方が多かったことが示されています。これは、リベラルな社会でさえも、科学や数学を得意とする女子学生を、科学や数学の道から押しやってしまっているということを意味します。
george-gvasalia-454105-unsplash


 引用元:https://gigazine.net/news/20180222-fewer-women-in-stem/
日本114位、過去最低 世界の男女平等ランキング

_________+2017-11-01+18.33.33

【ジュネーブ=細川倫太郎】世界経済フォーラム(WEF)は2日、世界各国の男女平等の度合いを示した2017年版「ジェンダー・ギャップ指数」を発表した。日本は調査対象144カ国のうち、114位と前年より3つ順位を落とし、過去最低となった。女性の政治参画が遅れているのが主な理由で、1日に発足した第4次安倍内閣の女性活躍の推進が一層問われそうだ。

 同指数は女性の地位を経済、教育、政治、健康の4分野で分析し、ランキング化している。

 日本は女性の閣僚や議員の少なさが目立ち、政治は123位と20も順位が下がった。10月22日の衆院選では定数の約1割にあたる47人の女性が当選したが、海外と比べると政治への進出は遅れている。

 経済は114位と4つ順位を上げたものの、依然低い水準だ。男女の収入格差が大きいのが影響しているうえ、専門職や技術職で女性が少ない。教育は識字率は世界1位だが、高等教育の進学率が101位と低く、同分野全体で74位にとどまっている。健康は出生時の男女のバランスの改善で、40位から一気に1位に浮上した。

 上位10カ国の顔ぶれは順位に変動はあるものの、前年と同じ。首位は9年連続でアイスランド。女性の政治への参画が際立つほか、男性の育児休業も普及している。2位ノルウェー、3位フィンランドと続く。4位のルワンダは女性議員の比率が高いことが評価されている。アジア太平洋地域では、ニュージーランドが9位、フィリピンが10位に入っている。

 一方、下位には、エジプト(134位)やサウジアラビア(138位)などアフリカや中東諸国が多い。

 WEFは世界各国の政治家や経営者が集まる「ダボス会議」の主催団体として知られる。06年から各国の男女平等についての状況を調査し、ランキングを発表している。


 引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22985930R01C17A1CR8000/
性差別とは(Wikipedia)

maxresdefault

性差別(せいさべつ)とは、平等に反した、性別に基づく社会的な差別のこと。女性差別や男性差別など。また性的少数者に対する不利益も性差別の一つである。

現代において一般的に男性、女性間の生物学的な性に基づく扱いの違いが性差別であるとされることは少ない。多くの場合性差別であるとして問題になるのは「社会的な性別」(ジェンダー)や性役割を理由とした差別についてであり、そのため性差別解消の手段の一つとしてジェンダーフリーが主張されることもある。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A7%E5%B7%AE%E5%88%A5
世界男女格差指数とは(Wikipedia)

__

男女格差指数(Gender Gap Index)は、世界経済フォーラムが2006年より公表しているレポート Global Gender Gap Report(『世界男女格差レポート』)[1]にて公表されている、世界の各国の男女間の不均衡を示す指標。スコアはランキングの形で示される。

2012年のレポートでは135の主要国と重要国が含まれている[2]。

概要
指標は経済・教育・政治・健康の4分野[3]の14の変数を総合してつけられている。そのうち13は、国際機関(国際労働機関、国連開発計画、世界保健機関など)が提供しているデータに基づいている[4]。

経済活動の参加と機会
労働力の男女比
類似の労働における賃金の男女格差
推定勤労所得の男女比
管理的職業従事者の男女比
専門・技術職の男女比
教育
識字率の男女比
初等教育就学率の男女比
中等教育就学率の男女比
高等教育就学率の男女比
政治的エンパワーメント
国会議員の男女比
閣僚の男女比
国家元首の在任年数の男女比(直近50年)
健康と生存
出生時の男女比
平均寿命の男女比
世界男女格差指数ランキング
2012年のランキングに基づく表。最大のスコアは1(平等)、最低のスコアは0(不平等)。いくつかの国はデータが存在しない[5]。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E7%94%B7%E5%A5%B3%E6%A0%BC%E5%B7%AE%E6%8C%87%E6%95%B0