【会見全文・前篇】渋谷すばる、関ジャニは「一生の誇り」 6人の言葉に感謝

2109599_201804160058717001523838411c

都内で会見を行い事務所退所とグループからの脱退を発表した関ジャニ∞の渋谷すばる
2109599_201804160058781001523838411c

安田章大を除いたメンバー6人で会見を行った関ジャニ∞ (C)ORICON NewS inc.

人気グループ・関ジャニ∞の渋谷すばるが15日、都内でメンバー6人(安田章大は欠席)で会見を開き、年内でジャニーズ事務所からの退社、グループからの脱退を発表した。会見ではグループ、ジャニーズ事務所という場所を飛び出して海外を拠点に音楽を学びたいという渋谷の強い決意、そしてCDデビューから13年、苦楽を共にしてきたメンバーからの激励に満ちた発言が数多くみられた。そして13日発売の一部週刊誌では、グループのコミカル路線が離脱の理由として挙げられていたが「責任持って否定させていただきます」と神妙な面持ちから一転、笑みをみせながら心境を明かした。

以下、質疑応答全文(前篇)

――具体的にどんな音楽をこれから提供して、目指していきたいのか。そしていつ頃何がきっかけでそういうエイトを抜けてジャニーズをやめるという決断に至ったのか。

渋谷「考え始めたのは35歳を過ぎた辺りからだと思うんですが、年齢的なタイミングと言いますか、人生半分くらい来たのかなーってことをぼんやり考え初めたのが最初で。意思が自分の中で固まったなーと、自分で感じたのは今年の1月辺りです。意思が固まった以上はなるべく早くお伝えしないと、今後のことを考えると、いろんなご迷惑が大きくなるだけかなと思いまして、このタイミングになったということですね。音楽というものをいままでちゃんと勉強したことがないんで、そいうった音楽の学校なのかというのも、いろいろあるんで、そういう所にまずは行って学びたいなということです」。

――それは関ジャニ∞にいる状態では出来ないことなんでしょか?

渋谷「えー…音楽の学校に通うということですか? 出来る出来ないはまぁ、そうですね、出来なくないと思いますけど」。

――辞めるという決断までされたというのは、なにか特別な思いが?

渋谷「今まで自分は音楽が好きだということで活動してきたんですけど、ここ何年間かは特に音楽の活動をたくさんやらせて頂けて、グループとしてもそうですし、個人としても音楽活動させて頂けた中で自分としてはものすごく、命がけでやらせていただいたんですが、その経験が合ったからこそ、さらにここから先に人生は自分の責任でどこかでやれるかということに、今後に人生をかけてみたいという思いです」。

――(単独初主演映画)『味園ユニバース』を演ったあたりとか、ソロツアー、それからロックフェスとか、そういうところから、だんだんそういう気持ちになっていったんですか?

渋谷「そうですね、ここ最近は特に音楽活動が多かったですから」。

――年齢的にも人生を考えてということですけども、具体的に活動の中できっかけになったものは?

渋谷「これっていうきっかけっていうのも、ずっと音楽が好きで、活動してきたというのもあって、これがきっかけというのは無いんですが、音楽活動があった上で、それだけではなく、自分の中では21年間すべてという考えなんですけど、いろんな音楽活動を最近させて頂けていたというのが自分の中で大きいですね」。

―― 一部ではバラエティ番組が嫌だったという報道があるが?

渋谷「責任持って否定させて頂きます(笑)」。

――やっぱりそれはノリノリで?

渋谷「はい!」。

――関ジャニ∞とはどういう存在?

渋谷「間違えなく一番自分の中で大切で大きい存在で、家族より長く長い時間をともに過ごしてきた人たちなんで、中途半端な覚悟や中途半端な思いでは、何ひとつ出来なかったです。何をするにも、全員本当に命がけで取り組んできたからこその今があると思ってるんで、自分もその経験があったからの今回この決断に至ったので、もう本当に心からの感謝と心からの申し訳ない気持ちとです」。

――メンバーに支えられてここまで来たって、言葉がありましたけど、もっと甘えて、申し訳ないけど、自由に勉強させてもらえないかってそういうふうな思いは生まれませんでしたか?

渋谷「なかったです」。

――もうここは自分の決意で?

渋谷「はい」。

――メンバーの方々に直接ご自身の言葉でどんな風に伝えた?

渋谷「今まで自分は音楽が好きで、活動をしてきて、その中で年齢的なことを考えることもあり、今後の人生は、自分で音楽を学び、一から学んでやっていきたという意思が固まったので、正直辞めさせて頂きたいという意思を伝えました」。

――今皆さんのそれぞれのごあいさつを聞いて、どんな風に思ったか?

渋谷「もう…感謝しかないですね、感謝と本当に申し訳なさと。どんな理由があれ、どんな決断だとしてもこれは迷惑をかけてしまうことは間違いないことなので、そこに関してはただただ申し訳ない気持ちしかないのですが。にも関わらず、一人ひとりが言ってくれた言葉というのは、頑張って来いよというのが感じ取れたので、本当に感謝しかないです」。

――15歳から21年間、振り返って今思うことは?

渋谷「本当に良かったなと思っております。いろんな経験をさせて頂きましたし、15歳という年齢から21年間という一番多感な時期を、そういう時間を、こういうジャニーズというところでお仕事させて頂くことで、自分という人間も造られて来たので、感謝しかないですし、今後の人生もジャニーズというところで21年間、そして関ジャニというグループで活動させて頂けたんだというのが、自分の人生において一生の誇りだと思うんで。感謝と誇りというものを常に胸において今後生きていきたいと思ってます」。

――逆に大変だった、しんどかったことは?

渋谷「ん~…いやでも、楽しいことしかなかったですね。それは一人じゃんなかったですから。ありがたいことに仲間がずっと横にいてくれたんで。なんか誰かがつらそうな時には助け合えたのがグループのいいところで。大阪から一緒に出てきたっていうこともあり、すごく絆が深い仲間ではあるので、つらいというより、助け合えたという、楽しい、いい時間でした。」


 引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2109599/full/
【会見全文・後篇】渋谷すばる“eighter”へ「ここからの関ジャニ∞を見守って」

人気グループ・関ジャニ∞の渋谷すばるが15日、都内でメンバー6人(安田章大は欠席)で会見を開き、年内でジャニーズ事務所からの退社、グループからの脱退を発表した。会見ではグループ、ジャニーズ事務所という場所を飛び出して海外を拠点に音楽を学びたいという渋谷の強い決意、そしてCDデビューから13年、苦楽を共にしてきたメンバーからの激励に満ちた発言が数多くみられた。

【写真】その他の写真を見る


以下、質疑応答全文(後篇)

――音楽留学する際にアジアなのかアメリカなのかヨーロッパなのか具体的な希望は?

渋谷「語学も含めてなので英語圏のがいいのか漠然とは思っている。英語を習得したい、世界共通語というのもありますので英語は取得できたら」。

――関ジャニ∞の活動のなかで一番印象に残っていることは?

渋谷「一番印象に残っていることは、メンバーと、何気ないこと、楽屋でしょうもないことを話したり、バカ笑いしている時の顔とか空気とかがなにか、いつも絶え間なくあったなというのが一番です」。

――ほかのメンバーの皆さんは?

村上信五「思い出って…そりゃ死ぬわけじゃないですからね?(笑)。思い出はまだしばらく一緒にいますし、これで最後なんだろうなってときが思い出になるんじゃないですか。その時がきたら。現状は今の時間ですよね」。

――新たなボーカリストとして勉強をして出てきたらファンになりますか?

村上「そりゃなるでしょうね。聴きますしね」。

――横山くんは涙を流してましたが…

横山裕「泣いてないです!」。

――入ってきた時、すばるくんは目と鼻が真っ赤だったような気がしますが。

渋谷「直前に目薬を差しました…すいません(笑)」。

――“eighter”(ファンの総称)の皆さんにメッセージは?

渋谷「申し訳ない気持ち。言っても言い尽くせない。コンサートを楽しみにされて来た方はたくさんいらっしゃる気持ちでしかない。今、自分勝手な判断で抜けるんですが、その後のグループを6人が今、さらに大きく強くしていくために今まで以上に心をひとつに絆を深めているんです。自分が言えることではないですが、これからの、ここからの関ジャニ∞を見守ってくれたらと思っています」。

――ソロデビューや音楽を制作したいなど、留学後のビジョンは?

渋谷「勉強をしていくなかで今までの曲を作ることはしてはいたので、それもイチから勉強していくなかで出てくるものがあれば形にしていこう。それをなんかしらの形で発表していくかはわからないですが、タイミングや機会があればいずれはしていけたら」。

――引退ということではない?

渋谷「音楽表現はしていく。芸能界というのはどこまでといえるのかわかりませんが引退ということではないです」。

――バラエティー番組やベスト盤に向けての音楽などは今後も継続していく?

村上「収録済みのものもありますし、これから収録するものもあります」。

――記者会見を開いた渋谷さんの想いとそこに同席することを決めたメンバーの皆さんの想いをお聞かせください。

渋谷「僕としてはこんな場を設けていただいて自分勝手な決断をこんなところでしゃべらせていただけてありがたい気持ちです。自分のことなので自分だけでよかったかもしれませんが、一緒に立ってくれているというのはありがたい想いです」。

横山「僕たちも、ファンの皆様に伝えなきゃならないと思いましたし、何よりもすばるを送り出さなきゃいけないという決意が大きいと思います」。

丸山「第一はファンの方のためですね。もちろんすばるくんだったり、グループだったりっていうこともあるので、当然のことながら、会見した方がわかりやすいじゃないですか。ちゃんとそういう形でお届けするっていうのがグループとしての誠意かなっていうのもありますし、皆さんがご想像されている通りだと思います」。

大倉忠義「なんででしょうか、僕は最初嫌だったんです。でもまぁ、ファンの方のためを思ってという思いと、やっぱり勝手な決断をしたすばるくんのことを嫌いになれなかったんですね。こういう場に立つのであれば、ちゃんとこういう所でどういう発言をするのかっていうのを横で聞いていたいなって思ったし、はい」。

錦戸亮「そうですね、なんかなんでしょう、たぶんこの知らせを聞いたファンの方々はすごくショックな方もいらっしゃるでしょうし、でも、もう最初僕たちもそうやたんですけど、それよりも門出の日と言いましょうか、そっちのが強いですかね」。

村上「いろんな理由がありきですけども。すばるも大変ですよね。今もこれからも僕らも大変ですけども、ファンの方々が一番、受け取り、心の整理に時間がかかると思います。その中でやるというのは、すばるが自分の口で話すのが一番だと思いますから、コメントだけでは伝わらない部分もたくさんあると思いますし。あとは、すごいね、今までこれだけ付き合ってきて、口ベタなところも、一人で立ってたら心配なところもありますから。そこは全員でいたほうがいいだろうということで、こういう形をとらせて頂きました」。

――いつくらいの時期にジャニーさんに報告?

渋谷「2日前とかですかね。」。

――7人全員で集まって話し合ったのは何回くらい?

渋谷「全員では2回とかですかね。食事で話はなしたりとか。現場でもありましたね」。

――留学をいつから行きたいというのも決まっていない?

渋谷「そうですね。これから自分の活動の最後がどこになるっていうのはこれからになると思うんで、それが見えてきたら決めようと思っています」。

――ファンの方の前であいさつをするのはコレで最後?

渋谷「ですかね。今後の残された活動でその中でどんなことをやっていくかっていうのもこれからなので、なんとも言えないところもありますが」。

――せめて今年いっぱいとか、あるいはコンサートツアーが終わるまでやるという決断はなかったのか? なぜこのときなのか?

渋谷「自分の意思が固まったのが今年の1月くらいなので、自分の中でそういったことが固まった以上は事務所にもなるべく早くお伝えしないと、もし今後いろんな仕事が頂いてたり、決まってたりしたならば、どんどんご迷惑が大きくなるだけだなと思ったので、お伝えしたんですが、自分がお伝えしたときには、もうアルバムの制作だったり、ツアーの制作が始まっていた段階だったので、その段階で自分が把握しているすべての仕事はやらせて頂きますという意思でお話させて頂きまして、あとは事務所の判断もそうですし、実際活動していくのは6人のメンバーなのでそこはお任せしますという話をしました」。

――せめてコンサートがおわった後という判断は?

渋谷「コンサートの制作始まっていたので、すべて終わるまでは僕が責任持ってやらさせてくださいということでお伝えさせて頂いたんですが」。

――コンサートが6人体制で行われることに対しては?

渋谷「僕はもう全て受け入れて、自分に残されたやるべきことを責任持ってやらさせていただきたいなという気持ちです」。


 引用元:https://www.oricon.co.jp/news/2109601/full/
関ジャニ∞ 渋谷すばる、衝撃の脱退 「ジャニーズを辞めさせていただく決断をしました」

退所は12月31日、関ジャニとしての活動は7月15日のツアー開幕前までとなる。
ダウンロード

関ジャニ ・渋谷すばるが脱退へ 年内でジャニーズ事務所を退所「音楽活動を追求」

 人気グループ・関ジャニ の渋谷すばるが、年内をもってジャニーズ事務所を退所、グループから脱退することを発表した。15日、都内で安田章大を除いたメンバー6人で会見を行い、渋谷は「私、渋谷すばるからお伝えさせていただきたいことがございます。ジャニーズ事務所を辞めさせていただく決断をしました」と、自ら報告。「音楽活動を追求するために海外を拠点に生活していきたい」ということを理由にグループからも脱退することも明かした。退所は12月31日、関ジャニとしての活動は7月15日のツアー開幕前までとなる。

 「15歳のときにジャニーズに入れていただいてから21年間、音楽を追求してきました。関ジャニ として活動させていただくなかで、自分の音楽というものを軸に、音楽を大きくしていけるように活動してきたつもりです。36歳という年齢を迎え、人生残り半分という年齢となったとき、ありがたくも守られ、支えられ、時には甘えさせていただきましたが、この先は今までの環境ではなく、すべて自分自身の責任下で音楽を全うすべく、海外で音楽を学び、自分の音楽を深く追及していきたい」と説明し、強い決意を口にした。

 渋谷は1997年にジャニーズ事務所に入所、2005年に関ジャニ としてCDデビュー。シングル1位獲得作品数は35作 (※エイトレンジャー名義作品を含む)、5大ドームツアーを行う人気グループに成長してきた。そのなかでもメンバー随一の歌唱力を持つ渋谷は2015年ソロデビューを果たした。しかし、「35歳を過ぎたあたり」から音楽活動専念を考え始め、今年2月15日に脱退をメンバーに申し入れ。幾度となく説得や協議を重ねて、最終的な話し合いの期限を4月10日に設けたが、音楽活動に専念したいという想いは揺らぐことはなかった。

 これまでの人生のなかで「今までも曲をつくることはしたので、音楽を勉強するなかでそれを形にしていこう。なにかしらの形で発表するのかはわからないですが、ゆくゆくはそういうタイミングや機会があればいずれはできたら。引退ということではない」といい「音楽というものをちゃんと勉強したことがない。そういった音楽の学校なのか、いろんなところへ行って学びたい」と語学も含め学んでいきたいと告白。具体的な場所は検討するとのことで「とりあえず英語圏の方がいいかなというのは漠然と思っている」と明かし「音楽を学びながら自分のなかから出てくるものを音楽として形にしていけたら」と今後の方向性を示した。

 13日発売の写真週刊誌『FRIDAY』(講談社)ではコミカル要素のグループの方向性についていけなくなったことが脱退理由とされていたが、少し笑みも見せながら「責任をもって否定させていただきます」とキッパリ。これにはメンバーもわずかに和んだ様子をみせつつ、渋谷はグループについて「一番大切で大きい存在。家族より長い時間を過ごしてきた人たち。中途半端な覚悟や思いでは、なにひとつできない。なにをするにも全員命がけで生きてきたからこそ。その経験があったからこその決断」と会見中何度も感謝と謝罪の言葉を並べた。

 今後、関ジャニ はすでに発表されているベストアルバム『GR8EST』(5月30日発売)を控えているが、同アルバムが7人体制最後のリリース。15周年イベントは来年8月まで継続するが、7月15日の札幌公演からの5大ドームツアー『関ジャニ's エイターテイメント GR8EST』は6人体制で行っていき、収録されるバラエティー番組などは渋谷も継続して出演。なお、ファンの前であいさつする機会は未定とした。

 今後、ボーカル・渋谷不在のなかのパフォーマンスは村上信五(36)は「曲はどうするかセットリストも含めてすばるが歌っていたところをどうするか、向き合うべき課題。僕らなりにベストを尽くして、6人でもやっていけるんだと提示するのが最善」と吐露した。

 メンバー最年長であり渋谷とはジャニーズJr.時代から苦楽をともにした横山裕は「きょうという日がこないでほしいと思っていました。僕らなりにすばるにいてほしいという想いを伝えました」と涙ながらに告白。「でもすばるは、なんの迷いもなく、僕たちも下をむいていてはいけないと本当に思いました。すばるにも厳しい道が待っている。僕たちもすばるに負けないよう全力で突っ走っていくので、これからもよろしくお願いします」と頭を下げた。


 引用元:https://www.huffingtonpost.jp/2018/04/14/subaru-shubutani_a_23411477/

渋谷すばる 退所 Mr.サンデー 横山 涙 会見 関ジャニ∞ 脱退 2018/4/15 youtubeユーチューブ動画
関ジャニ∞ 渋谷すばる脱退会見から伝わった、家族のような7人の絆とグループへの愛

DayxIiVVQAAQKFt

 関ジャニ∞の渋谷すばるが、脱退することを発表した。ジャニーズ事務所も今年いっぱいで退所するという。7月から予定していた関ジャニ∞のツアーには参加せず、5月30日リリース予定のベストアルバム『GR8EST(グレイテスト)』が7人体制では最後の作品に。突然の報告にファンが混乱するなか、4月15日には記者会見が開かれた。背中の打撲で療養中の安田章大は出席できなかったもののメンバーみんなが集まり、涙を浮かべながらそれぞれの思いを語る真摯な会見に、渋谷がいかに愛されてきたかが伝わってきた。

「なんでや。いやや」
 村上信五が話したこの言葉は、ファンと同じ気持ちだったのではないだろうか。なぜそうしなければならないのか、という疑問。そして離れてほしくない、という寂しさ。何度も話し合いが重ねられたのも納得だ。なぜなら、近年の関ジャニ∞はまさにノリにノッている状態だったからだ。2012年より『NHK紅白歌合戦』に連続出場。 夏フェスにも参加し、バンドとしてロックファンからも高い評価を得る存在になった。2015年にスタートした冠番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)では、様々なアーティストとセッションし、ミュージシャンとしての可能性を大きく広げていた。デビュー当初、不遇な時代を乗り越えてきた仲間と、まさにこれからさらなる高みへ、というタイミング。メンバーが「なんでや」と思うのも当然だ。

「自分だけの責任で、どこまでやれるか賭けてみたい」
 脱退してまでやりたいこととは何か、関ジャニ∞でありながらソロ活動という形ではできなかったのか、そんな思いを抱く私たちに向けて渋谷が放ったのは「自分だけの責任で」という重い言葉だった。36歳という人生の折り返し地点とも言えるタイミング。渋谷は海外を視野に入れて、新たな音楽活動をスタートさせたいという。これまでを振り返り、渋谷は「楽しいことしかなかったですね。一人じゃなかったですから」と話した。関ジャニ∞の活動が充実し、むしろ絶好調の今だからこそ旅立ちのときと見据えたのは、渋谷らしい決断かもしれない。今なら自分が抜けても関ジャニ∞が倒れない、という自信と誇り。関ジャニ∞の発言には、いつもメンバーを仕事仲間以上の絆を感じる。今回の決断は、7人兄弟の次男である渋谷が、関ジャニ∞という家からひとり暮らしをしてみたい、と思ったようなものなのかもしれない。頼りになる兄のひとりが家を出る、関ジャニ∞の家を見守ってきたファンからすれば巣立ちを見届ける切なさに包まれる。

「すばるに負けないように、全力で前を向いて」
 「下を向いちゃいけない」と涙を浮かべて語ったのは、グループ最年長の横山裕だ。下を向けば涙がこぼれてしまう自分を奮い立たせるような語り口調だった。「すばるくんの歌声が一生聴けなくなるわけではない」と未来を思い描く錦戸亮。「メンバーということに変わりはない」と消えない絆を強調した丸山隆平。「(ファンを指す)“エイター”は、すばるから出てきた言葉。我々は受け継いで向き合っていく」と、渋谷の存在が今後も関ジャニ∞とファンをつなぎ続けることを語った村上。そして、大倉忠義は「悲しい、寂しい気持ちはあると思いますが、僕らと同じような気持ちで背中を押してほしい」とファンと同じ気持ちであることを伝えた。

 きっと、このホームで暮らしていたら、 みんなで平穏な日々を過ごせただろう。それも大切な夢のひとつだった。だが、それ以上にやってみたいことがある。その挑戦をしなければ、いつか後悔してしまいそうな道が見つかってしまった。今はまだ寂しくて、悲しいけれど、いつか渋谷が「あの旅立ちを決断してよかった」と胸を張れる日がくるように、そして関ジャニ∞として歩み続ける6人が「やっぱりこの家が最高だ」と思い続けられるように。変わりゆく彼らを、変わらず応援し続けたい。



 引用元:http://realsound.jp/2018/04/post-182982.html
関ジャニ∞とは(Wikipedia)
関ジャニ∞
infinity-r
関ジャニ∞(かんジャニエイト)は、日本の音楽バンド、男性アイドルグループである。所属芸能事務所はジャニーズ事務所。
2014年8月25日に自主レーベル「INFINITY RECORDS(インフィニティ・レコ―ズ)」を設立[1]。

メンバー
生年月日順。ジャニーズ事務所公式サイトのプロフィール[2]をもとに記述。
横山裕(よこやま ゆう、1981年5月9日(34歳) - 、大阪府出身、A型)
渋谷すばる(しぶたに すばる、1981年9月22日(34歳) - 、大阪府出身、O型)
村上信五(むらかみ しんご、1982年1月26日(33歳) - 、大阪府出身、AB型)
丸山隆平(まるやま りゅうへい、1983年11月26日(32歳) - 、京都府出身、A型)
安田章大(やすだ しょうた、1984年9月11日(31歳) - 、兵庫県出身、A型)
錦戸亮(にしきど りょう、1984年11月3日(31歳) - 、大阪府出身、O型)
大倉忠義(おおくら ただよし、1985年5月16日(30歳) - 、大阪府出身、O型)
元メンバー
内博貴(うち ひろき、1986年9月10日(29歳) - 、大阪府出身、AB型)

翌2003年のNEWS結成の際、関ジャニ∞から内と錦戸の2人がメンバーに選ばれ、内は脱退まで、錦戸は2011年10月まで兼任した。
2004年8月25日、シングル「浪花いろは節」で関西限定CDデビュー。これに合わせ、「無限大の可能性」の意味を込めて「8」を横に倒し「関ジャニ∞エイト」と表記を変更した[4]。同年9月22日、同曲で全国デビューを果たした。
公式ファンネームは「eighter」(エイター)。これはメンバーの渋谷すばるが名付けた。
2013年から続けている5年連続5大ドームツアーの開催は嵐の6年連続に次ぐ史上2位の記録である。

2018年
1月1日~2日、NHKワールドTVにて村上が『NHK WORLD presents SONGS OF TOKYO』の司会に抜擢され、関ジャニ∞としても2日の放送に出演[19]。地上波では、NHK総合テレビジョンにて1月8日に放送[20]。なお、自身が海外向けの番組に出演するのは初である。
4月3日、公益財団法人大阪観光局の「大阪観光シンボルキャラクター」に就任することが発表された。[21]
4月15日、11時にファンクラブ会員限定ページにてメンバーの渋谷すばるが7月15日から開催予定のライブツアーから関ジャニ∞を脱退、及び年内でジャニーズ事務所を退所する事を公表[22]。同ライブツアーは6人で行うこととなる。
5月30日、約5年半振り2枚目となるベスト・アルバム『GR8EST』を発売予定[23]。シングル表題曲21曲に加え、東京スカパラダイスオーケストラや葉加瀬太郎やDJ和とのコラボ曲を収録[24]。
7月15日から、ライブツアー『関ジャニ'sエイターテインメント GR8EST』を開催予定[25]。自身の2年連続2度目の夏の五大ドームツアーとなる。


引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%8B%E2%88%9E
渋谷すばるとは(Wikipedia)

『関ジャニ∞のジャニ勉』でも有名な渋谷すばるさんが愛用する腕時計

渋谷 すばる(しぶたに すばる[1]、1981年9月22日[1] - )は、日本の歌手、俳優であり、関ジャニ∞のボーカリストである。ジャニーズ事務所所属。大阪府[1]茨木市[2]出身。

関ジャニ∞では主にメインボーカル、リズムギター、ブルースハープを担当している。

2018年4月15日、同年12月31日をもってジャニーズ事務所を退所することを発表した[5]。関ジャニ∞としての活動は同年7月15日のツアー開幕前までとなる[6][7]。

2015年2月14日公開の映画『味園ユニバース』で初の単独主演を務めると共に、ソロデビューをすることを発表し、1月からソロでライブハウス全国ツアーを実施[15]。同作が第44回ロッテルダム映画祭に出品され正式招待を受け、初日上映後に『関ジャニ∞』と書かれたTシャツを着用しビリー・ジョエルの『ピアノ・マン』と主題歌2曲を含む3曲を披露し会場を沸かせた。またその様子は海外メディアにも取り上げられた[16]。しかしこの番宣で出演した生放送番組での不愛想な態度が批判され、直筆で謝罪した[17]。
2018年4月15日、東京都内のホテルで他のメンバー[注 2]とともに記者会見を開き、2018年中での関ジャニ∞からの脱退と、同年12月31日付でのジャニーズ事務所退社を発表した[5][6][7]。2018年2月15日に渋谷からジャニーズ事務所に「音楽を追求するために海外を拠点に生活していきたいので、事務所を辞めたい」と申し入れがあり、同年4月10日を期限にメンバー間などで話し合いが行われた結果、事務所側が意向を受け入れる形となった[5]。
2018年5月30日に発売が予定されているアルバムが関ジャニ∞のメンバーとして最後のリリースとなり、同年7月から行われる5大ドームツアーからは渋谷を除く6人での活動となる[5]。既に撮影されたCMは2018年末まで放映される[5]。
しぶたにすばる
渋谷 すばる
生年月日1981年9月22日(36歳)
出身地日本の旗 日本大阪府[1]茨木市[2]
身長170 cm[注 1]
血液型O型[1]
職業歌手
俳優
ギタリスト
ジャンル音楽番組
テレビドラマ
バラエティ番組
活動期間1996年 -
活動内容歌手俳優
事務所ジャニーズ事務所
公式サイト関ジャニ∞ - INFINITY RECORDS公式サイト
渋谷すばる - INFINITY RECORDS公式サイト
主な作品
あぶない放課後
味園ユニバース
備考
関ジャニ∞のメンバー


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%8B%E8%B0%B7%E3%81%99%E3%81%B0%E3%82%8B



■以下、Twitter民の反応(記事内に画像・動画等あり)■


受け入れたくない現実(脱退と退所)を何度も何度も見て、(WSの記者会見)何度も何度も見ても、涙が溢れでる。すばるくん。会いたいよ

関ジャニ∞・渋谷すばるさん脱退の記者会見をニュースで見て「人生を残り半分と考えた時」という言葉があったが…これを聞いて色々と思うことがあった。恐くなったというのが本音かもしれない…。そんな、久々のツイート。

個人的に、これからのすばるくん中心にエイトについて騒がれているこの状況が嫌っていうか、しんどいんだと思う。決まった事を変えられる力も権利もないし、あの記者会見以上の話が膨らんだり、違う人まで悪い話題のネタにされてるのはクソ!と思うし、いまみんなが悲しいってなってるのを見るのも辛い

記者会見を見るたびに、「すばるくん」「すばる」「横」といつも通りに呼び合う彼らは本当に報道陣じゃなくて私たちeighterのために記者会見を開いてくれたんだなあ、と実感する……。ほんとeighterは愛されてるなあ……😭

@oooka0719 しかもすばるくんの声がいい声すぎるから余計に
記者会見の日からちょいちょい歌聞いて泣くの繰り返し

11日▷綾子
12日▷VS夜会2時間
13日▷すばる退所報道
14日▷すばる会見報道
15日▷すばる記者会見
16日▷1日放心状態で過ごした後とりあえず受け入れられる
17日▷安田の日で元々重めの痛みがさらに重くなるからの道明寺
18日▷誕生日

省略してもこれよwww気持ちの起伏激しすぎかwww

なんかもう渋谷すばるの夢に私達が置いて行かれた事が悔しすぎて悲しいしめちゃくちゃ拗ねてるけど大好きだから。まだ記者会見は見る勇気ないしバラエティも見れないし曲も聞いたら全部すばるくんの事に聞こえて来るから聴けないけど!!!でも!大好きだからまたいつか笑って見れるように!

まじか(´;ω;`)
内くん、エイトとすばるくんへ歌ったんかな(´;ω;`)
記者会見みても泣かなかったのに現在泣いております…なんだかんだ、内担健在です←
あー、しんどい…
もう色々としんどいから寝よう←

すばるのことは笑顔で送り出さなきゃって最初は思えてたんだけど、記者会見の映像とかライブDVDとかその他バラエティとかいろいろ観てたら、やっぱりいなくならないで欲しいって今更考えるようになってしまっている

またもやすばるくんの話に戻るけど、自分の口で説明責任果たして記者会見したのは良かったなと思ってる。
週刊誌や文面だけの発表だとみんな変な憶測しちゃって余計に混乱招くし。

すごいと思うけど。記者会見開いたことも、本人の前で言いたいこと言えることもファンの前であることを忘れてないことも。
そんなことされたら納得するしか。ファンに唯一の憤りがあるとしたらそこかな?
でもきっとすばるくんはちゃんと背負うんじゃないかな?
だからそうさせるみんなもすごい。

週刊誌が出てから数日経って、記者会見が放送されてもうすぐ3日経とうとしてて。
でも自分の気持ちが落ち着くのは大分かかりそう。
記者会見の映像を何回見たって内容は変わらないし、映る姿もその時のものなのに、一番最新のすばるくんの姿を目に焼き付けたいが為に見て、またショックを受けてしまう

今日会社のおいちゃんが「渋谷すばるっていう子を全然知らないままニュースで流れた会見見てたけどしっかりしとるんやね~。あんなにはっきり考えて受け答えしてすごい!それにしても記者連中の質問がゲスかった」って感心しつつ記者ディスってた(笑)

てゆうか、やっぱり納得いかない。
すばるくん結局eighterのこと考えてない。記者会見?Webで?そんなふうにかしこまって文章にされても伝わってこない。すばるくんはさ、そんなタイプじゃないやん。ちゃんと言いたいこと、直接伝えてくれないと、、納得できないよ、、

受け入れようって思えるのは

散々止めて、嫌だって言って、記者会見の場に及んでも、まだ不満そうな顔してるメンバーがいて

真っ直ぐ前を見つめるすばるくんがいて

幼馴染として、背中を押すことを決めた6人がいてくれたからだと思ってる

youtube
「渋谷すばる」って調べたら昔のわけわからん情報やガセネタ
記者会見のこと2ちゃんみたいなのばっかり溢れてて嫌になった

お母さんにすばるくんの事聞かれた…
「記者会見の内容が全てだよ」って言ってるのに理解してくれない。こっちだってまだ気持ちの整理ついてないのに…質問ばっかしてこないでよ。

すばる君の記者会見、何度も何度も何度も見てしまう。

なんか、違う人みたいだ。
全く知らない人みたいだ。

この人こんな目をしてたっけ?
こんな表情だっけ?
こんな話し方できたっけ?

本当にもう関ジャニ∞の渋谷すばるじゃなくなっちゃった気がした

元関ジャニ∞の渋谷すばるさんへ

男らしい記者会見を拝見し
よくぞ言ってくれました。
『ジャニーズの先輩達には
"一人も感化されていません"
そうだよな、、俺が見ていても
尊敬できるジャニーズの諸先輩なんざ一人もいないよな、
皆さん、、悪い意味で
『長い物には巻かれろ』だもんな
松本さんよ

あれは夢だったんじゃないか?って未だに受け入れきれないんだけど、
Twitterとかで流れてくる記者会見の動画とか見つけてしまうと、現実なんだな。ってすごい感じる。

でもだいぶ泣かなくなったよ、すばるくん

今日はお風呂でふと思い出してちょっと泣いちゃったけどね。

正直エイトの歌当分聞けないと思ってたけど…普通に聞けた。すばるが居なくなるって実感がない。記者会見とか…見てたら寂しくなるけど…歌とか聞いたら普通にすばるの声が聞こえるだもん。侯くんの生放送が不安…#関ジャニ

関ジャニ∞を脱退する急な発表で辛くて悲しくて寂しいけど、記者会見を開いてすばるがこれからの人生と音楽を追求したい気持ちを他のメンバーと同席して話してくれてすばる自身でやりたいことを見つけ、夢だった音楽の勉強をしたいというすばるの意志を尊重しなくちゃだし、応援したい!って思った😢🎌

今日もそうだったけど会見以降夢がすばる君が記者会見が終わった後1人で会場に戻って来て「ドッキリでしたー!全国のeighterびっくりした?そりゃビックリしないやつはいないよな笑笑僕は辞めませんよー!安心して下さい。これからもずっと関ジャニ∞にいます」って言う夢を見てるの。悲しいよ。

ツイートする前にeighterさんたちがいろんな動画といろんないい事書いてるから
ツイートすることがない😊
それくらいすばるくんは愛されてる。
記者会見の15分前まで説得するeightを想うだけで涙がでてくる。
それくらいすばるくんの意志は固かったんだよね。

すばるがおらんようになるなんてまだ考えられないんだけど、尊敬する人はすばるくんって言ってた小ちゃかった亮ちゃんが記者会見に同席した理由を門出だって言ったり、すばるくんにどうや!って言えるようにしたいって言ってて本当に凄いと思う どうやすばるくん!てセンターに立ってる錦戸亮が見たい

年中にすばるに課したいミッションは、関ジャニ∞だけの関ジャニクロニクルでドッヂボール、成立させろ記者会見、おるおるを実行すること。最後はタズラーを仕掛けられてほしい。それ以外に、サタプラにも夜ふかしにもヒルナンにも出て、ずっとメンバーの横にいてほしい。

ちょっと言いにくいんだけど...
まだ、すばるくんのことから立ち上がれません。
もちろん、応援してます。
でも、状況が理解出来てないというか😢
すいません。
twitter見てると記者会見のすばるくんを見てしまいさらに悲しくなります。
もしかしたら、急にtwitter辞めるかも知れません
ごめんなさい

@san10_01 ドームコンにはすばる出演しないって日曜日の記者会見で言ってたよー

関ジャニのすばる君の脱退騒動ってマスコミが書いてるけど、グループで納得して送り出すって決めて記者会見までしたやん!いい加減変な記事出すの辞めたらどうですか(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

夢でも記者会見してたのだいぶ辛い(笑)会見のかたちは違ったけど、なぜか自分もその会見見に行ってて終わった後すぐ近く通って、すばるくん!ありがとう!って言ったら「おうっ」って涙目で言ってくれた。現実より夢の自分の方が受け入れてるじゃん。

記者会見とか、ウェブの報告とか、すばる君からの言葉を聞いても泣かなかったのに、まさかの 青春のすべて に泣かされるとは思わんかった 笑笑。

あえて言うけど、あの記者会見を開かせてもらえて良かったね。すばる今まで会社の中でよく頑張ったね。送り出せてもらえたね。
今後多少金の匂いがしようとも、腐らずお互いの道をいけるね。

メンバーは記者会見の15分前まですばるくんを説得してた!

今更だけどすばるくんの脱退びっくらこいたわ。
みんなで記者会見とか関ジャニって良い関係性だったのね。
そんな私は会見におらんかった安田推し…笑

記者会見フル映像と関ジャニ∞全員での話し合い2回分フル映像を次のDVD特典に入れてくれないだろうか。すばるに初めて告げられた時と決意を固めた時の彼らを目の当たりにしたらいつまでもグダグタ言ってられないって踏ん切りつくんじゃないかなんてね。ま、一生見れないかもしれないけど

渋谷すばるさんと、
メンバーの記者会見って
きっと大泣きして、でも前向いて、
メンバー間にある絶対的な最高の愛と感謝とリスペクトを持って。
きちんとしてるんだけど、人間の部分が漏れてしまってて。

生き様が、カッコ良かった。

いや、なぜすばるくんはジャニーズ事務所をやめちゃうの?
関ジャニ∞から抜けてしまうの?
あの記者会見に全てが詰まっているのかもしれないけどやっぱり分からないよ

自分も渋谷すばると同じく目と鼻と口が揃っているという共通点があるので就活をやめる記者会見を開きたい

ごめん記者会見の渋谷すばるがものすごく老けて見えた

すばるくん脱退記者会見
俺は闘っていくんや!!!別に関ジャニが嫌いとかやない!!!理解しろ!!!っていう圧力があって秒でしょうがないな、応援するっきゃないって思えた

去年すばるくんの誕生日にiPhone8が発売されて翌年iPhone8の赤色の発売日数日後に記者会見開かれるの物語性あって怖い

寒い、本当に寒い、すばるくんの記者会見からずっと寒い、ずっと震えてる何がって、すばるくんの言葉を借りると心が風邪を引いたから体も寒いんかな

Yahoo!のすばくらの記事よんで
また涙…
関ジャニ∞全員だいすきなんやけど
すばるくんとたっちょんの
絡みがいちばんすきやった。
FCのすばるくんへのメッセージとか
記者会見のコメントも1番たっちょんの言葉に共感したし。 クロニクルのファボられとか最高やったなーってそれだけで涙。

answerって曲は聴いた時は、泣かず飛ばずになったJr時代からエイトになって進んでいくまでの次のステージを歌っているんだけど記者会見の後歌詞を思い出すとすばるがエイトから脱退を考えて答えを出すまでの過程を歌っているみたいなのよね

記者会見から3日経って思うこと。

すばるのいない関ジャニ∞がいまだに想像できない。
でもね、6人の関ジャニ∞には期待するし応援するよ。
どんなグループになるか楽しみもある。
博貴が脱退した頃を思い出したかも。

毎日朝起きてTwitter見て「ああ夢じゃなかった、現実だった」って思う
それくらいすばるくんの脱退は現実味がない
最後のユニットが三馬鹿と年下組だったのとか、あの記者会見とか、出来すぎてて現実と思えない

@k8s2SZs2jw 記者会見、現実突きつけられそうで私も避けてたんですけど結果見てよかったです、、、
すばるくん、芸能界を去るわけじゃなさそうなのがせめてもの救いですね( ´:ω:` )

記者会見を開いてくれて、ファンのためにありがとうって思うけど、よく考えるとそこは事務所がすばるにデレ甘だからこそじゃないかなーという気もする。

記者会見の全文読んだ。やっぱりさ、最年少ですばるくんの言葉があったからドラムがんばって、一番最後にグループに入った大倉くんだから勝手な判断をしたって言えるしそんなすばるくんを嫌いになれなかったって言えるんだと思う。その言葉もすばるくんに聞いたこともファンの気持ちそのままで・・・。

一生懸命にお掃除中。心の浄化。関ジャニ∞もエイターも頑張ってる。私も頑張る。夏ツアーで全力全身のエイトコールして関ジャニ∞に恩返し。いつも元気くれてるから。しかし…。記者会見のすばるん。憎たらしくてミヤネヤ分しか見れてない。見れない…。もう見ないかも?