【週刊新潮】“胸触っていい?”「財務省トップ」のセクハラ音声youtubeユーチューブ動画
財務次官のセクハラ発言? 新潮が音声データを公開

AS20180413001867_comm

財務省の福田淳一事務次官=財務省提供

財務省の福田淳一事務次官が女性記者にセクハラ発言を繰り返したと週刊新潮が報じた問題で、麻生太郎財務相は13日、「事実なら、それはセクハラという意味ではアウト」と述べる一方、処分については改めて否定した。週刊新潮はこの日、福田氏の発言とする音声データをネット上に公開。野党は早急に福田氏を更迭するよう求めた。

 麻生氏は午前の閣議後会見で「あの種の話は今の時代、明らかにセクハラと言われる対象」と認め、「慎重さを欠いており、厳重注意した」と強調した。しかし、「内容がどの程度、事実かどうかわからない」「本人の長い間の実績等々を踏まえれば、能力に欠けるとは判断していない」として、福田氏を処分しない考えを改めて示した。

 だが、週刊新潮は午後になって、福田氏が飲食店で30代の女性記者に「胸触っていい?」「予算が通ったら浮気するか」「抱きしめていい?」などと話したとする音声データを公開した。上野賢一郎・財務副大臣はこの日の衆院厚労委員会で「音源を確認し、しかるべき対応をさせていただきたい」と述べた。

 野党の女性国会議員はこの日、同省を訪れ、事実関係の調査と福田氏の更迭を申し入れた。申し入れには立憲民主、希望、民進、共産、自由、社民各党と無所属の計11人が参加。連名の申入書を上野副大臣に手渡したが、上野氏は「大臣に報告する」と述べるにとどまった。

 一方、この日の厚労委では、厚生労働省の福田祐典健康局長が女性職員にセクハラが疑われるメールを複数回送ったことについて「大変お騒がせし、まことに申しわけございませんでした」と謝罪。「深く反省するとともに、省内の調査には協力する」と話した。この問題をめぐり、福田健康局長は12日、蒲原基道事務次官から口頭注意を受けていた。


 引用元:https://www.asahi.com/articles/ASL4F5J6DL4FULFA028.html



財務省福田事務次官セクハラ疑惑 複数の音声を繋ぎ合わせた可能性あり 新潮「全て事実」

【簡単に説明すると】
・財務省、福田次官がセクハラ発言?
・音声データをTBSと日本テレビが解析
・3つのシチュエーションで録られた音声の可能性大
fafa

財務省の福田淳一事務次官が女性記者相手にセクハラ発言を繰り返したとして、週刊新潮が報じて騒動になっている。

音声データの中には「おっぱい触って良い?」「縛って良い」「しばってもらっていい?」という会話が確認でき、セクハラともとれる。

この音声を公開したところ福田事務次官本人の声に類似しているとしており、批判が相次いだ。しかし、福田事務次官は捏造されたものだと否定し、更に被害者女性に名乗り出るように要請。

4月17日に放送された『ビビット!(TBS系)』と『情報ライブ ミヤネ屋(日本テレビ系)』が日本音響研究所に音声解析を依頼。偶然にも局が違う2つの番組は同じ音響研究所に解析を依頼していた。

日本音響研究所の鈴木氏は「声は90%福田事務次官のもの」とした。しかしながら問題は録音された場所にある。週刊新潮によると音声は福田事務次官の自宅近くのバーで録音されたものと報じられているが、鈴木氏は「異なるシチュエーションで録られた音声を繋ぎ合わせている可能性がある」と説明した。

1分の音声データは冒頭部分が男性ボーカルがバックに流れており、違う男性の声も聞こえる。2箇所目では福田次官が「手を縛ってあげる 胸触って良い?」と言う箇所で“カンカンカン”と何かを砕く音が聞こえる。これはアイスピックで氷を砕く音だという。BGMもジャズ風になっており最初の音声の男性ボーカルとは雰囲気が異なっている。

最後の方では福田次官が「エロくないね、洋服服 その前エロいやつだったの?」と発言している箇所では先ほどの“カンカンカン”とは別の響きのある音が聞こえる。これはヘラで鉄板料理をしている音だと説明。

つまり、男性ボーカルが流れる箇所、アイスピックで氷を砕く箇所、鉄板料理をしている箇所の3つの音声を繋ぎあわせ、1分の音声にしたという。

福田次官が「おっぱい触って良い?」「縛って良い」と発言したのはほぼ間違い無いが、これがどういうシチュエーションで発言したのだろうか。単純に福田次官が全てのシチュエーションでセクハラ発言したともとれるし、仮にキャバクラのホステス相手に発言したものだとすれば、また違う展開になりそうだ。

週刊新潮は「全て事実に基づいたもの」と説明している。



 引用元:http://news.nicovideo.jp/watch/nw3441596
「女性記者と会食した覚えもない」 次官のコメント全文

AS20180416002388_comm

財務省の福田淳一事務次官

財務省は16日昼過ぎ、福田淳一事務次官の女性記者へのセクハラ発言を巡り、福田氏のコメントを公表した。同氏への聴取は、13日にデイリー新潮のHPで音声データが公表された後、麻生太郎財務相の指示で矢野康治官房長らが改めて行った。コメントの内容は以下の通り。



①週刊誌報道・音声データにある女性記者とのやりとりの真偽

 週刊誌報道では、真面目に質問をする「財務省担当の女性記者」に対して私(福田事務次官、以下同じ)が悪ふざけの回答をするやりとりが詳細に記載されているが、私は女性記者との間でこのようなやりとりをしたことはない。音声データによればかなり賑(にぎ)やかな店のようであるが、そのような店で女性記者と会食をした覚えもない。音声データからは、発言の相手がどのような人であるか、本当に女性記者なのかも全く分からない。また、冒頭からの会話の流れがどうだったか、相手の反応がどうだったのかも全く分からない。

②週刊誌報道・音声データにある女性記者の心当たり

 業務時間終了後、男性・女性を問わず記者と会食に行くことはあるが、そもそも私は、女性記者との間で、週刊誌報道で詳細に記載されているようなやりとり(また、音声データ及び女性記者の発言として画面に表示されたテロップで構成されるやりとり)をしたことはなく、心当たりを問われても答えようがない。

③普段から音声データのような話をしているのか

 お恥ずかしい話だが、業務時間終了後、時には女性が接客しているお店に行き、お店の女性と言葉遊びを楽しむようなことはある。また、仲間内の会話で、相手から話題を振られたりすれば、そのような反応をするかもしれない。

 しかしながら、女性記者に対して、その相手が不快に感じるようなセクシャルハラスメントに該当する発言をしたという認識はない。

④週刊誌報道の4月6日の会食に関する記載の真偽

 週刊誌報道は全体的に確認しようがない部分が多いが、4月6日の会食について「同席した民間企業の女性が赤面してしまうような卑猥(ひわい)な発言を連発」とされている点については、当該女性とともに同席していたその上司から、「そのような事実はなかったし、当該女性も同様の見解である」との連絡をいただいている。

⑤所感

 上記のとおり週刊誌報道は事実と異なるものであり、私への名誉毀損(きそん)にあたることから、現在、株式会社新潮社を提訴すべく準備を進めている。

 他方で、財務省が厳しい状況に陥っている中で、更に私のことでこのような報道が出てしまったこと自体が、不徳のいたすところである。国民の皆様から不信を招き、麻生財務大臣・政務二役・職員をはじめとする関係者の皆様にご迷惑をおかけしていることは、誠に申し訳なく感じている。反省の上で、麻生財務大臣からも注意いただいたように、緊張感を持って職務に取り組んでまいりたい。


 引用元:https://www.asahi.com/articles/ASL4J4G6VL4JULFA00Z.html
福田次官、報道も辞任も否定 セクハラ発言「覚えない」

AS20180416004660_comm

財務省を出る福田淳一事務次官(中央)=2018年4月16日午後6時20分、東京・霞が関、長島一浩撮影

 財務省の福田淳一事務次官が女性記者にセクハラ発言を繰り返したと週刊新潮が報じた問題で、財務省は16日、福田氏が事実関係を否定し、辞任しない意向を示したとする調査結果を発表した。政権内では福田氏の更迭による早期の事態収拾を求める声が高まっていただけに、問題の長期化によるダメージ拡大を懸念する声も出ている。

 「女性記者との間でこのようなやりとりをしたことはない」「会食をした覚えもない」

 財務省の調査結果には、福田氏が週刊新潮のセクハラ報道を全面的に否定する言葉が並んだ。福田氏はさらに「週刊誌報道は事実と異なるものであり、名誉毀損(きそん)にあたる」として、新潮社を提訴する準備を進めていることを表明。「反省の上で、緊張感を持って職務に取り組んでまいりたい」と辞任する考えがないことも強調した。

 一方、週刊新潮編集部は16日、朝日新聞の取材に対し、「記事は全て事実に基づいたものです。財務省が本日公表した文書に対する週刊新潮の見解は、19日発売の次号に掲載いたします」と回答した。

 12日発売の同誌は、福田氏が女性記者に飲食店で「胸触っていい?」などとセクハラ発言を繰り返したと報じ、13日には福田氏とされる音声データもネット上に公開した。

 調査はこれを受け、麻生太郎財…


 引用元:https://www.asahi.com/articles/ASL4J5DPDL4JULFA021.html
週刊新潮とは(Wikipedia)

20170521-00071184-roupeiro-000-5-view
『週刊新潮』(しゅうかんしんちょう)は、株式会社新潮社から発行されている週刊誌。1956年(昭和31年)2月6日(2月19日号)創刊。

発行部数53万部は週刊文春に次いで業界第2位[1]。発売日は毎週木曜日(地域によっては金曜日・土曜日)。定価は400円(8%消費税込み)。

創刊
昭和20年代の『週刊朝日』を始めとした新聞社系週刊誌が全盛の中、1954年に副社長の佐藤亮一らにより週刊誌が企画され、佐藤が編集長、編集者に斎藤十一が加わって、1956年に発刊。『週刊朝日』とは異なる路線を目指した。

創刊号(2月19日号)のラインナップは、

連載小説 : 谷崎潤一郎「鴨東綺譚」、大佛次郎「おかしな奴」、五味康祐「柳生武芸帳」
読切小説 : 石坂洋次郎「青い芽」
読切連載 : 中村武志「目白三平の逃亡」
創刊号は40万部を売るが、その後は20万部程度になる。谷崎の連載はモデル事件により6回で中断し、代わって石原慎太郎「月蝕」を連載。続いて柴田錬三郎「眠狂四郎無頼控」の連載も開始、11月12日号からは「吉田茂回顧録」も連載し、部数は50万部に達した。五味、柴田の人気は、剣豪小説ブームの引き金ともなった。

当時の編集方針を斎藤十一は後に「俗物主義」と呼び、新聞社が扱わないニュース、金と女に着目するものだった。創刊時から起用したライターには草柳大蔵がおり、アンカーマンとして特集記事をまとめるようになる。代表的な記事には、カメラマンとして土門拳が参加した「八月六日の遺産-初めてルポされたABCC(原爆傷害調査委員会)の実態」(1957年8月11日号)、「特別レポート 横綱審議会-大義名分を巡る攻防の五時間」(1958年2月10日号)などがある。その後に参加したライターには井上光晴、編集者として江國滋もいた。こうして次第に独自のスタイルを築き、部数は上向き、1959年新年号は100万部を発行するまでになった。

2010年11月時点での公称部数は50万部[2]。

特徴
1997年まで統括責任者を務めた斎藤十一が確立した路線は、政治的には保守系・右派であり、現在では日本で最も保守的な立場を採る週刊誌となっている。自民党や読売新聞などのスキャンダルも採り上げるが、基本ターゲットは左派の政党、議員、メディアである[3]。政治家や芸能人のスキャンダル、殺人事件などの社会事件も数多く採り上げている。

日本の新宗教団体・創価学会とは敵対関係にあり、斎藤も彼らを当初から嫌って批判を繰り返していた。最近の政府を批判する記事では創価学会が支持する政党・公明党絡みであることも少なくない。以前は創価学会と敵対関係にある公明党元書記長矢野絢也のコラムを掲載していた[4]。その攻撃的な記事から団体・個人から名誉毀損訴訟など数多くの訴訟を起こされている。
刊行頻度週刊
発売国日本の旗 日本
言語日本語
定価400円
出版社新潮社
発行人宮本太一
刊行期間1956年2月6日 - 現在
ウェブサイトhttp://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B1%E5%88%8A%E6%96%B0%E6%BD%AE
週刊新潮とは(Wikipedia)

20170521-00071184-roupeiro-000-5-view
『週刊新潮』(しゅうかんしんちょう)は、株式会社新潮社から発行されている週刊誌。1956年(昭和31年)2月6日(2月19日号)創刊。

発行部数53万部は週刊文春に次いで業界第2位[1]。発売日は毎週木曜日(地域によっては金曜日・土曜日)。定価は400円(8%消費税込み)。

創刊
昭和20年代の『週刊朝日』を始めとした新聞社系週刊誌が全盛の中、1954年に副社長の佐藤亮一らにより週刊誌が企画され、佐藤が編集長、編集者に斎藤十一が加わって、1956年に発刊。『週刊朝日』とは異なる路線を目指した。

創刊号(2月19日号)のラインナップは、

連載小説 : 谷崎潤一郎「鴨東綺譚」、大佛次郎「おかしな奴」、五味康祐「柳生武芸帳」
読切小説 : 石坂洋次郎「青い芽」
読切連載 : 中村武志「目白三平の逃亡」
創刊号は40万部を売るが、その後は20万部程度になる。谷崎の連載はモデル事件により6回で中断し、代わって石原慎太郎「月蝕」を連載。続いて柴田錬三郎「眠狂四郎無頼控」の連載も開始、11月12日号からは「吉田茂回顧録」も連載し、部数は50万部に達した。五味、柴田の人気は、剣豪小説ブームの引き金ともなった。

当時の編集方針を斎藤十一は後に「俗物主義」と呼び、新聞社が扱わないニュース、金と女に着目するものだった。創刊時から起用したライターには草柳大蔵がおり、アンカーマンとして特集記事をまとめるようになる。代表的な記事には、カメラマンとして土門拳が参加した「八月六日の遺産-初めてルポされたABCC(原爆傷害調査委員会)の実態」(1957年8月11日号)、「特別レポート 横綱審議会-大義名分を巡る攻防の五時間」(1958年2月10日号)などがある。その後に参加したライターには井上光晴、編集者として江國滋もいた。こうして次第に独自のスタイルを築き、部数は上向き、1959年新年号は100万部を発行するまでになった。

2010年11月時点での公称部数は50万部[2]。

特徴
1997年まで統括責任者を務めた斎藤十一が確立した路線は、政治的には保守系・右派であり、現在では日本で最も保守的な立場を採る週刊誌となっている。自民党や読売新聞などのスキャンダルも採り上げるが、基本ターゲットは左派の政党、議員、メディアである[3]。政治家や芸能人のスキャンダル、殺人事件などの社会事件も数多く採り上げている。

日本の新宗教団体・創価学会とは敵対関係にあり、斎藤も彼らを当初から嫌って批判を繰り返していた。最近の政府を批判する記事では創価学会が支持する政党・公明党絡みであることも少なくない。以前は創価学会と敵対関係にある公明党元書記長矢野絢也のコラムを掲載していた[4]。その攻撃的な記事から団体・個人から名誉毀損訴訟など数多くの訴訟を起こされている。
刊行頻度週刊
発売国日本の旗 日本
言語日本語
定価400円
出版社新潮社
発行人宮本太一
刊行期間1956年2月6日 - 現在
ウェブサイトhttp://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B1%E5%88%8A%E6%96%B0%E6%BD%AE



■以下、Twitter民の反応(記事内に画像・動画等あり)■


世界では人工映像で著名人の発言を捏造する技術が発展している。福田次官の「自分の声かわからない」という言葉は笑えない。

「音声が出たから有罪」とは言えない。福田次官を擁護しているわけではなく、一般論として。

逆だろ! 捏造した音声データで福田さんを脅してるだろ? #バイキング

福田次官のセクハラ疑惑

証拠となる音声データの信憑性が揺らいでいて、もし捏造だとしたら

セクハラで悩む人

冤罪で悩む人

これからその可能性がある人

#MeToo で勇気を出して告発した人

これらの人達への冒涜ってことでよろしいか

#とくダネ

音声が捏造だった場合どう落とし前つけるのかが見たい(;´Д`) 。

捏造の音声データでセクハラが認められるなら、もう男性に人権ないよなぁ

もう何でもいいからプロに音声編集依頼してこの人がセクハラしましたって言えば通るんでしょ…怖い世の中

ニュースバラエティ見てるとあれだわ

・加害者(と言われた人)完全否定
・音声が継ぎ接ぎ
・継ぎ接ぎ音声の場所が全て違う
・女の人のお店行ってる事実は認めてる
・音声のテロップが捏造
・政府が被害者(らしい)女性に操作協力依頼

などが出揃ったら一斉に黙る所が卑怯者だよなぁ

例の音声データーが捏造だった場合もっと燃やそうと思って燃料かけてたら手に付いた燃料に燃え移って自分が炎上みたいな感じか

この音声データが捏造されたものだった場合、この批判してる人達どうすんの?w
#バイキング

@CoilerMetal18 @mondaijiMiZuKi @YES777777777 どこかのテレビで音声が繋ぎ合わせだという分析もあったそうです。
事実とするなら確実に捏造で陥れる意図ですね。
名誉毀損に当たる可能性もでてきます。

@YahooNewsTopics 『音声に恣意的な編集の疑いがある以上、名乗り出てもらわないと経緯を認定できない』という当たり前の話です。
『捏造だろうがなんだろうが、男は黙って受け容れろ』では、男性側の人権が担保されない。

この記事の意図は、
次官のセクハラ発言音声は捏造データの可能性も指摘されており事実確認が進んでないという点を考えたとしても、財務省の対応はまずいという話だと思ったんだけど、「事実確認できてないのに被害者ぶればいいと思ってるのか」的な意見散見するの悲しいなぁ

#バイキング 未着手の音声データとその音声をどこでとったとか証言できるはずの被害者が出てこないんだから
新潮「捏造しちゃいました」(テヘペロ
って言ってるようなモン。一番損したのは何も考えずに福田は悪ニダ。と猪突猛進に突撃したマスゴミですね。元々少ない信用がまた減ったね。

自民党にも反安倍の政権が入り込んでいるね、更迭しなくてはね、事務次官の音声分析が3箇所の切れはぎをくっ付けた捏造だよ。財務省は既に女性記者なら分かっていると思うと報道?架空人物か実際かいまだ不明だが実際にあるように偏向報道だよ。

パソコンなどで演奏録音の編集をした経験のある方ならわかると思いますが、事務次官をとある男性がホステスがいる店に連れて行ってお酒を飲ませれば、あの録音のような音声を捏造するのは簡単です。正直あんなに編集が雑過ぎては証拠になり得ないレベルです。

せめて音声変えて女性の声も出すべき。これを出さずにセクハラ認定出来るならいくらでも捏造可能。それを一切言わないマスコミは一体なんなのか。#fujitv

とりあえず自称女性記者の音声聞かない限り判断出来なくない?音声変えてでも放送すべき!万が一捏造だったらマスゴミは大変な事になるぞ!

#バイキング #坂上忍 #偏向報道 #反日

セクハラ疑惑は音声捏造してるやんって誰もが気付くよね。確かにあの発言はキモいしセクハラだけど女性サイドがそれを誘う様な事言ってたら罠じゃん( 'ω')

週刊新潮に「全編の音声データを提出してくれ」と言っても出さないだろうな。捏造がバレる? #バイキング

自分は表ヅラに立つ必要が無く、音声を編集した捏造証拠だけで気に入らん奴を豚箱送り出来るなら、俺もやりたいわ

気に入らん奴なら、売国奴の政治屋なり近所の馬鹿なり腐るほど居るからな

好感度調査は疑う癖に
セクハラ問題の発端の音声データは疑わないんだなww
捏造かもしれないのにwwwwwwww

財務事務次官の音声問題、キャバクラで録音したものを継ぎ接ぎしたものではないか?って疑惑が出てる以上、信憑性を得るために女性の音声も出すべきだと思う。名乗り出なくていいからね。じゃないと捏造かも知れないもので人をやめさせられる世の中になっちゃう

#福田次官#セクハラ 音声データ。酒飲む場でのおっさんなら大体言うようなセリフだな。まともな記者なら「なんや、このおっさん 笑」ってたしなめられるぐらいの強い女性じゃないと。あとなんか #捏造 っぽいよな。

@toshio_tamogami 今回の音声データが捏造かどうか判断する証拠を私は持ってないのでそこは触れないでおきますが、今回のやり方がまかり通ったらこれから先「捏造した証拠で他者を陥れる」ことが可能になってしまいますよね

最初から警察を頼れば良かった
週刊誌はガセネタを平気で流すことも珍しくないのに

@shiraumeizumi これ、証拠たる音声も捏造だしwww セクハラ問題をバカにしてるレベルだよねwww

@hitsuji0328 ꉂ (๑¯ਊ¯)σ

麻生大臣が『音声の人達』ってわざわざ言ってるのが、継ぎ接ぎ捏造音声だって知ってっぞwwwって暗に煽ってるのがマジで最高(๑•̀ㅂ•́)و✧

@pinpinkiri @hidetoga まず、証拠となる音声データの完全版を探せばよろしい。「女性の言葉は捏造された物だ」という疑惑を晴らさなければ、被害者の存在自体が疑われ、冤罪の疑いが出てくることになるでしょう。

音声捏造が発覚しても

野党「ホステスならこんなこと言ってもいいのか!?
疑惑はさらに深まった!!」

ってなるんでしょw

@CDP2017 音声データ捏造なのに、なぜセクハラ認定しなきゃいけないの?日本転覆を狙った冤罪事件でしょ?

@tohohodan ハッ!財務省次官の「おっぱい吸わせろ」は音声合成だってツイッターで何度か見たが、それはネトウヨ側の捏造だったのか?ネトウヨもネトサヨもフェイクニュースだらけでわけわからん。

@dragon2318 やっぱり捏造ぽいの?音声聞く気にもならなくて…
真剣に悩んでる人に失礼だよね。

@anonymous201504 切り取り音声って声紋分析されてたけど…捏造と疑惑に思う人多いんじゃないの?そうなると誰が?とか、取材元は?とか重要だし国政を停滞させ重要事項の議論妨害工作を目論むテロ行為ならば警察、検察が介入し徹底的に捜査すべきと思うんだけど?

@shukan_shincho 今度はどこで録音したのをつぎはぎして合成した音声?
今度は会話になってる捏造テロップをつけないとw

そう言えば、機械で生前の声を再現出来るようになった~声優さん亡くなっても安心(いやそれもどう(´Д`))みたいな記事を前読んだな。今回の音声データそれとは思わないけど、将来的には捏造が可能、画像さえ捏造可能になるかも知れんて、恐ろしいなぁ………その時まで生きてるか知らんが。

@Tominagan996 セクハラや痴漢などの被害者が名乗り出ると、根拠ない誹謗中傷が行われる事もしばしば起きています。そのリスクを理解した上で出てくる勇気のある人は少ないし、配慮は確実に必要です。音声捏造が確実ならその限りではないですが、本人が名乗り出なくても捏造か否かの鑑定はできるのでは?

セクハラは悪だし、絶対許してはいけない。それは誰もの共通認識だと思う。

しかし今回の問題はセクハラ認定出来ない状況にある。

あの音声データが捏造であれば福田次官のセクハラ認定が及ぼす影響以上に悪質で最悪。
それこそ新潮は廃刊すべきほどの事。

この事はしっかり明らかにすべきです。

性被害者は名乗り出ることができないことを利用した捏造音声だったとしたら、本当にゲスな真似だなあと思う次第

@anonymous201504 デーブの朝のとくダネ!での発言はまさに正論。不自然に女性記者をかばって人権って。。次官はここまで捏造のつないだ音声テープ流されて全く人権無視だが。マスコミに人を裁く権利はない!!

@hatoyamayukio 音声は捏造ですけど?鳩には分からないか。ゴメンな。日本語分からないもんな。

財務次官のセクハラ音声って捏造なの?

明らかな音声捏造のセクハラ騒動に「人権を守れ!」と(おそらく意図的に)見当違いの主張をする弁護士、真っ黒すぎて吹いた

@atsushimen4649 結局,事実を明らかにすればいいこと.
鑑定出せば,音声の主も,つなぎ合わせた捏造かも判明するだろうし.
いつも,こういうことやってて,頭にきて録音したって線もあるっぽいしなぁ.
事務次官の態度や財務省の行動を見ると,事実っぽい気はしているんだが.

新潮のセクハラ疑惑音声について。
被害女性とされる人物が、本当にジャーナリストなら、自分の名誉より、真実を伝える信念が上回るはず。
どうせ捏造音声だとは思うが。

こぞって財務省の非難をしているが、語報だった場合 自らの見識のなさが露呈すると思われるが、その反省はしないだろう。

@go_go_go_disco @dave_spector 捏造は、犯罪事件で「音声データ」の証拠を、改ざん可能と証拠能力を著しく低下させてしまった大罪
福田さんも「クラブでホステスに軽口言った」不徳の罪は免れない

福田事務次官がセクハラしたっていう音声データ、3ヶ所を合成した可能性有るってもはや「タモリのオールナイトニッポン」の「NHKつぎはぎニュース」じゃん。こんな捏造かもしれないものを証拠だと言って辞任させられるなら、痴漢冤罪も含めて男はとてもじゃないけど危なくて生きていけない。

@lOOzNOTKKrHY0KX 捏造した音声データを、新潮社に持ち込んだの?
新潮社が捏造したの⁇

音声データなんてアテにならなくなったからなぁ……編集技術向上のお陰さんで。

プロレベルになれば全く無関係の素材の集まりから捏造出来る……と思っちゃうんだけれど、どうなんでしょ?

音声データを証拠にするんなら編集不能媒体で、かね?※ICは論外?

#バイキング

音声データが捏造されてるかどうかはわからんけど、普通こういうのって両方の音声を出すよね。女性の方は音声を変えてさ。そら、怪しまれても仕方ないよね、こんな出し方じゃ。

#志らく さんもひるおびでいってるし、 #デーブ・スペクター さんも #特ダネ でいっているように声は福田次官本人、ただ相手と音声が捏造ではないか確認をしっかりして、それから判断してほしい。感情だけでこいつが犯人だ、と決めつけるのはやめて、証拠を確認してから処分すべき! #バイキング

@cla1x22 麻生さんも気を遣ってあのように仰ってるように思います。

「いや、音声データも編集したものだし、こりゃただの捏造じゃねーかな?捏造なら名誉毀損で訴えるよ。真実なら編集した音声じゃなく、自分の言葉でしっかり訴えて」ということかなと。

被害者が編集した音声を出す意味が分かりません😭

@atsushimen4649 週刊誌側はいつもの手口なので,結局終わらすには事実を明らかにするのが早いんだよね.
今回の件は捏造かもしれないけど,結局音声自体は本物で明らかにばれるといけないことがあるって感じもするし.

もちろん音声が捏造だった場合はだけど。音声の出所があの店だ!なんて話をするより、いやいや今女性記者だって言ったよね?それは違うよね?って言う方を突いた方が良いんで、曖昧な態度取ってんじゃないかな