ラッカ陥落 最高指導者の所在不明 IS戦闘員は移動

6 (2)

シリア・ラッカの位置

【カイロ篠田航一】過激派組織「イスラム国」(IS)の自称「国家」は17日、シリア北部の「首都」ラッカ制圧で事実上崩壊したが、他地域に拠点を移した戦闘員もおり、最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者も所在不明だ。外国人戦闘員が母国でテロを拡散させる懸念もあり各国は警戒を強めている。「IS後」をにらんだ諸勢力間の勢力争い抑止や、住民の生活再建も大きな課題だ。

IS戦闘員は中東ではリビアやエジプト・シナイ半島への流入が指摘される。アジアでは5月に大規模な自爆テロが起きたアフガニスタンや、ISに忠誠を誓う過激派が伸長するフィリピンの当局が警戒。欧州各地でもISの影響を受けたとされる過激派が次々にテロを行っている。

 バグダディ容疑者は死亡説も度々流れるが、9月に「勝利には忍耐が必要」と戦闘継続を呼びかける「肉声」が公開された。「イスラムの敵」殺害を正当化する過激派への影響力が懸念される。

 米軍主導の有志国連合の支援を受けラッカ奪還を主導した武装民兵組織「シリア民主軍」(SDF)などクルド人勢力の伸長で、諸勢力間の争いの激化も懸念される。クルド人がトルコとの国境地帯に勢力圏を拡大すれば、トルコ国内の非合法組織・クルド労働者党(PKK)の動きを刺激する可能性がある。トルコ政府はSDFとPKKの連携を警戒しており、国境地帯の緊張激化が懸念される。

 さらにIS撤退後の政治的空白を利用し、ロシアやイラン、米国などが影響力拡大に動けば、内戦が続くシリアの混乱がさらに長引く可能性もある。

 IS支配が終わっても住民の生活再建はこれからだ。ラッカから避難中の男性は毎日新聞の取材に「市内は9割が破壊され、知人も戦闘で命を落とした。医薬品などの物資がなく、けが人が自力で治療しなくてはならない。戦闘終結でも全く喜びはない」と話した。



 引用元:https://mainichi.jp/articles/20171018/k00/00m/030/142000c
ISILとは(Wikipedia)

webw170419-isis-thumb-720xauto
ISIL(アイシル、英語: Islamic State in Iraq and the Levant:イラク・レバントのイスラム国[5])とは、IS(英語: Islamic State:イスラム国)と名乗り[6]、イラク・シリア間にまたがって活動するイスラム過激派組織である。IS やイスラム国 、ISIS (英語: Islamic State in Iraq and Syria)、ダーイシュとも呼称される

ISILはアブ・バクル・アル・バグダディ指揮の下イスラム国家樹立運動を行うアルカイダ系(現在は絶縁状態)イスラム過激派組織である。イラクとシリア両国の国境付近を中心とし両国の相当部分を武力制圧し、国家樹立を宣言し、ラッカを首都と宣言している。後述するように、外交関係の相手として国家の承認を行った国家は無い。
報道により伝えられる知見によれば、活動家たちは、ISILが大規模で組織的に活動していることに感嘆していると言い、さらに、ISILに批判的な活動家までが、ISILがわずか1年足らずで近代国家のような構造を作り上げて来たことに言及する[9]。ISILは「カリフ国家」(カリフの指導下で運営される国家)が中東から東は中国、西は欧州まで広がることを望んでいるとされるが、彼らが言うカリフ国家がどのようなものなのか、ラッカなどで実証しようとしているようだという[9](→#政治、#理念・目標・政治的主張、#経済、財政を参照)。現地の住民らは、ISILの勢力拡大の大きな要因は、効率的で極めて現実的な統治能力にこそあると語ったとも報じられる

名称・表記
名称の翻訳と略語
2013年4月、「イラクのイスラム国」(ISI)はシリアの過激派組織アル=ヌスラ戦線と合併し、組織名をアラビア語で ?????? ????????? ?? ?????? ??????[17]とした。 ??? (シャーム)の指す範囲や訳語には様々あり[注釈 3]、以下のように訳し方によって異る表記がメディアによって用いられた[8]。
活動期間2006年10月15日 - 2017年7月11日
氏族 / 部族スンナ派アラブ人
指導者アブー・アイユーブ・アル=マスリー 
アブー・ウマル・アル=バグダーディー 
アブー・バクル・アル=バグダーディー
活動地域 イラク
シリアの旗 シリア
 リビア
レバノンの旗 レバノン
前身ムジャーヒディーン諮問評議会
関連勢力アンサール・アル・スンナ軍
アル=ヌスラ戦線
ボコ・ハラム
カフカース首長国
東トルキスタンイスラム運動
敵対勢力イラク駐留軍
イラク治安部隊
覚醒評議会
イスラム革命防衛隊
ヒズボラ
シリア軍
インドネシア国軍
自由シリア軍
アメリカ軍
トルコ軍
ロシア連邦軍
ペシュメルガ
シリア民主軍
アルカーイダ[1]
ターリバーン[1]
ハマース
フーシ


引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/ISIL
【いまさら聞けない!】ISIS(イスラム国)とは?そして今中東のイスラム教徒の間で起こっていることとは

ここ数か月、ニュースや新聞などでよく目にする「ISIS(イスラム国)」。シリアで日本人が捕えられたことも、ますます拍車をかけていることでしょう。中東地域で何か大変な紛争が起こっていることはわかる、だけど実のところ具体的に何がどうなっているのかはわからないという方が多いのではないでしょうか。この記事では、ISISについて、そしてこれを語るに避けては通れないイスラム教の宗派について、簡潔にわかりやすくまとめました。

ISISとは?

ISISとは、「イラク・シリア・イスラム国」の略で、イスラム教の中でも多数派であるスンニ派(後に詳述)の武装勢力です。イラク北部およびシリアを中心とする地域で、イスラム国家の樹立を目的として活動しており、ヨルダン生まれの活動家ザルカウィ氏がイスラム教過激組織アルカイダ(後に詳述)の傘下組織として2006年にISISを結成してから2014年現在に至るまで、多数の自爆テロ、誘拐、暗殺などの事件を起こしています。

当初はアルカイダに忠誠を誓っていたISISですが、やがて考え方の違いから対立を始め、徐々に関係が悪化していきました。そして今年2014年に入り、とうとうISISはアルカイダから離反し、離反後数か月でイラク北部やシリアの都市を掌握したほか、スンニ派の兵士たちを解する一方、シーア派の人々2000人余りを処刑しています。

イスラム教とはどのような宗教?

スンニ派とシーア派、それぞれがどのような宗派かを説明する前に、イスラム教がどのような宗教なのかからお話しましょう。イスラム教は、ムハンマドを最高の預言者とし、そのムハンマドを通じて唯一の神Allahが伝えた言葉を信じ従う宗教です。ムハンマドは570年ごろメッカ(イスラム教最大の聖地)で生まれ、40歳前後に神の声を授かってからは各地で布教を行い、時には対立勢力と戦うこともありました。そのムハンマドの言葉を後継者たちがまとめたものが、聖典である「コーラン」です。アラビア語で「朗読されるもの」という意味を持つコーランは、アラビア語以外の言語で朗読することが禁じられており、そこに書かれている『六信五行』はイスラム教徒にとって最も大事な信仰箇条と行動規範になっています。

また、コーランが今のような内容で確立したのはムハンマドよりも後の時代ですが、イスラム教の起源は『出エジプト記』で知られる指導者モーセの時代(紀元前13世紀ごろ)にさかのぼります。諸説ありますが、キリスト教もイスラム教もユダヤ教も起源は同じで、それぞれ旧約聖書にそれぞれの教典(新約聖書、コーラン、タルムード)が合わさり、それぞれ違った教義を取るようになりました。私たち日本人にはなかなか理解しにくいですが、大まかにでも背景を知ることで、少しでも理解できると今ある問題もわかりやすくなるかもしれませんね。
66823d6d65208f98afb68e14f1796591-540x170

イスラム教の宗派、スンニ派とシーア派

それでは、私たちがよく耳にするスンニ派やシーア派という宗派はどういった宗派なのでしょうか。イスラム教にはこの2つ以外にも様々な宗派がありますが、スンニ派とシーア派はそれぞれ、第1・第2の信仰者を有する勢力です。シーア派は、ムハンマドの娘婿であるアリーの血統者のみが正当なイスラム教徒であると主張する宗派で、「シーア」とはアラビア語で「党派」を意味します。もともと「アリー派(Sh?‘ah ‘Al?)」と呼称されていたところ、後にSh?‘ahだけが残り宗派の名前として定着しました(ですから、日本語でシーア派というのは、意味が被ることになります)。一方のスンニ派は、「慣行」を意味する「スンナ(Sunna)」、そしてそれらに従う人を意味する「スンニー(Sunn?)」に由来しており、ムハンマドに由来する慣行に従う共同体こそが、イスラム共同体であるべきだという認識を持っています。

アリーの子孫のみが指導者になれると考えているシーア派に対して、スンニ派は過酷な弾圧を加えてきたという歴史を持ち、その過程でそれぞれの宗派は異なる教義を発展させてきました。この対立は現代でも続き、それによって今もなおたくさんの命が失われています。

アルカイダとは

かつてISIS(イスラム国)の上部組織となっていたアルカイダとは、どういった組織なのでしょうか。

アルカイダは、アラビア語で「基地(al=定冠詞、q??idah=座るという動詞の派生語)」を意味し、英語では「The Base」と訳されます。イスラム原理主義組織、すなわちイスラム法を規範として統治される政府と社会の構築を目指す政治的組織で、ISISと同じくスンニ派を主体とした国際的なネットワークです。アルカイダの指導者であったウサマ=ビン=ラディンは、1991年の湾岸戦争時にムスリムにとっての聖地であるメッカとメディナがあるサウジアラビアに米軍が駐屯したことから反米感情を募らせ、2001年のアメリカ同時多発テロの他、様々な対米テロを実行したとされています。アルカイダは、上に書いたようにイスラム法による共同体の構築を目指しているので、スンニ派以外の宗派に対し兵士だけでなく民間人をも巻き込んで残虐な行為を行うISIS(イスラム国)とは一切の関係がないと宣言しています。

それぞれの組織が各々の大義を掲げて泥沼化している模様ですが、あなたはどう考えますか。
950f762df646c77fde1216bb34862734-540x380

Army.mil

そして今、イラク・シリアでは

6月上旬にイラク第2の都市モスルをわずか1日で陥落させたISISは、6月29日にイラク・シリア両国のISIS(イスラム国)制圧地域にカリフ(指導者)の統治領としてイスラム国家を樹立すると宣言しました。

現在イラクでは、シーア派のマリキ政権がスンニ派を冷遇したとして、ISIS(イスラム国)は政権と敵対関係にあります。マリキ政権は挙国一致の体制で臨戦態勢にありますが、国内での呼びかけは成功していません。現在では、マリキ政権から支援の要請を受けた米国と、圧倒的なシーア派国である隣国イランがマリキ政権を守ろうと援助を強めています。もともと敵国であった米国とイランが同サイドにいるのは奇妙な構図ですが、これが実際に起こっていることなのです。

また、中東全域にイスラム国家を樹立することを掲げているISIS(イスラム国)は、手始めにアサド政権の政府軍と反政府軍の内戦により混乱しているシリアへと軍を進め、両勢力に対し攻撃を強めています。

ニュースで見るように、多くの人が尊い命を日々失っています。宗教・思想・政治などが複雑に絡み合い、その全貌を知ることは非常に難しいですが、この記事によって今何が起こっているか少しでも理解していただけたなら幸いです。


 引用元:http://gipj.net/news/n140821/



■以下、Twitter民の反応(記事内に画像・動画等あり)■



シリアの都市ラッカ(イスラム国が首都と指定した都市)が崩壊したというニュースがいつの間にか入ってた。3年9ヶ月に及ぶイスラム国はようやく滅んだか!

イスラム国事実上崩壊とか長かったな
高1の時にクソコラ流行ってたの思い出す笑

すげーな。イスラム国の事実上の崩壊(首都ラッカ陥落)。結局、一方的な『建国宣言』から三年で終わったかー。日本人殺害から性奴隷の売買まで。派手に暴れ回ったなー。

多分ラッカの件はわざとイスラム国って言葉をチョイスしてるんだろうな 国と崩壊ってワードが合わさることでメッセージ性が強くなる

福田康夫の口調で言いますから心して聞いて下さい。

イスラム国は崩壊してませんよ。アジアにどんどん来てます。あなたとは違うんです!

過激派組織「イスラム国」(IS)の首都ラッカがシリア民主軍によって解放された。2014年にISの実効支配から3年経過の「イスラム国」は事実上崩壊したが最高指導者バクダディ容疑者の行方は判っていない。各国でテロを起こし震撼させた元戦闘員は欧州や北アフリカに戻ると言うが監視は重要だ。

イスラム国が崩壊って見出しだから買ったしまぁた

負け犬マケインの病状や中東でのネオコン一派の作ったイスラム国はプーチンとアサドのおかげで事実上崩壊に追い込まれ、黒川敦彦氏や番頭ワタナベこと渡辺事務局長の加計問題追求、枝野幸男氏の堅実な街頭演説等見てると自公堅調とはとても言えないぞ。
今日には伊藤詩織さんの手記も発売だし。

ネオコンが後退する原因になったのは去年のヒラリーや猿孤児の失脚や今年のデイヴィッド・ロックフェラーとズビグニュー・ブレジンスキーの死、負け犬ことジョン・マケインの脳腫瘍が大きいだろうな…
そのおかげで清和会スキャンダルまみれやイスラム国ことダーイシュ事実上崩壊になったし。

そういえばISことイスラム国が首都陥落につき国家としては崩壊したわけですが、今年度基礎セ夏休み課題である書評で「アメリカはイスラム国に勝てない」と言う本を書いた著者は息をしているでしょうか?

イスラム国が崩壊したのはいいけど

イスラム国の戦闘員すべてを殲滅したわけじゃあないとも思うから

逃げた戦闘員がまた別の場所でテロを起こすんじゃないか?という恐怖がある

「イスラム国の首都が奪還され、イスラム国が崩壊しました」

毛沢東「せやろか?」




あんま報道されなくなったから知らない人まだまだ多そうだけどイスラム国は事実上の崩壊か。

イスラム国事実上崩壊って見たけど本当かなぁ、残党のテロとかありそうで怖い。再集結とかもありそう


イスラム国事実上崩壊したんか。

後藤と湯川の出来事が懐かしい?な。
あれが自分が初めてISISを知った出来事やったわ。

そこからISISの虜やわ(これだけ見るとやべぇな)。

まぁ、ここ近年と言うか数ヶ月と言うか、ISISよりもブラジルのギャングが勢いあるけどな。

イスラム国ほぼ崩壊ですって。次は北ですか?

どうすんだよトヨタ、イスラム国崩壊だってよ(なんの事だよ)

北朝鮮に関してはロシア、中国、アメリカも含めた世界中の国で話し合って崩壊させる方向に仕向けていけばいいと思うけどね。いわゆる村八分政策。こんなならず者国家はイスラム国のように崩壊させるべき。

イスラム国が事実上崩壊したって件で思い出したけど、各国の報道機関にISILと表記せよっていう国連かどっかからのお達しはどうなん?(´・_・`)

……イスラム国が本当に崩壊したってマジか!?
北朝鮮もそうなればいいのにな。

おはようございます。イスラム国が崩壊とは、結局のところ何を意味するのだろうか?勝ったのは アサド政権 クルド イラク ロシア…どこなのだろうか?

こんにちは、戦場カメラマンの渡部陽一です。中東シリア情勢。過激派組織イスラム国が首都と掲げていたラッカがクルド人組織とアメリカ軍有志連合による掃討作戦で陥落。約3年続いたイスラム国が崩壊。最高指導者バグダディーは依然行方不明。イラクでもシリアでもイスラム国壊滅後の国内情勢に懸念。

イスラム国が崩壊したとしてもテロは起き続けるやろ
残党勢力に気をつけな

イスラム国が事実上崩壊したとしても、戦闘員はまだいる訳だから、まだ安心は出来んな

ラッカ陥落により、イスラム国は事実上崩壊したというニュース。僕が真っ先に思い浮かべたのは、ISの戦士になった手話を使う「啞者」の存在である。YouTubeにも手話を使う啞者が出ていたからである。戦闘の中で亡くなったのか、どこかに逃れているのかが気になる。

イスラム国崩壊したけど
FOみたいに残党から新しい国が作られそう〜

イスラム国事実上崩壊か、でも戦闘員はまだ沢山いるからテロとかむしろこれから増えるだろうなぁ

おおおおお!イスラム国崩壊?やっとヨーロッパ旅行出来る!


イスラム国事実上崩壊というニュースに「なんのまだまだ健在じゃーい!」と欧州辺りでテロ事件発生、みたいな流れを予測していたが、どうもそんな余力もないらしい

イスラム国が事実上崩壊したらしい。
シリア民主軍とかいつの間にできていつの間に行動していたのか…
北ばかり注目していたなぁ。


知らぬ間にイスラム国が事実上の崩壊をしてた

“イスラム国”事実上崩壊?
そこだけ潰しても世界中に散らばって潜伏してりゃほとんど意味なし。
手放しでは喜べないだろ #ZIP

イスラム国崩壊したんか 北朝鮮も無くなればいいのになぁ

は?
イスラム国入りたかったのに崩壊したの?
かな子可愛いからしょうがないね。

イスラム国崩壊言うけど残党勢力は残るんだろ?

★イスラム国が事実上崩壊?
恐怖が過ぎ去ったとは言えない。
暴力でしか自己を表現できない不幸であわれな「男たち」は、どこにでもいる。イスラム国は、鬱屈した心を狂気に導くきっかけのひとつにすぎない。そんな男たちに積極的に追随しようとする女もいる。権力への憧れはそんなにも強い?

毎日新聞を読んでいます。
神戸製鋼所の品質検査データ改ざん問題は、40年前から続いていたようです。即ち、私が生まれる前からの不正であったもようです。
イスラム国(IS)は、シリア民主軍のラッカ制圧により、事実上崩壊した、とのことです。

イスラム国崩壊ってマジっすか。
ISさんにはぜひ北朝鮮に進入して平壌を落とし偽物の核ミサイルを掴まされた所をB1爆撃機で絨毯爆撃される壮絶な最期を迎えて欲しかったのに残念だなあ!


イスラム国事実上崩壊って魔剤!?

イスラム国、崩壊だって解放宣言も出されるらしいホントに長かった

イスラム国が事実上崩壊と。一昨年辺りに親しくなったムスリムの方と意見交換した時の話を思い出す。

Twitterトレンド:イスラム国の首都ラッカ解放へ「事実上崩壊」?・・・タイムラインに出現する情弱、勘違いメディアスレーブの多いこと多いこと・・

イスラム国「とりあえず3年は頑張れと言われたので頑張った結果wwwwww」

「カリフ制国家が崩壊してしまったンゴ…」

ISISの崩壊が早いか、ISをいつまで経っても「イスラム国」と報じるマスコミが殺されるのが早いか、ワクワクしながら見てたんですけどなんてこたぁないマスコミはしぶとかったですね