「パナマ文書」報道の女性記者が爆弾で殺害 10月17日 14時29分 youtube動画
「パナマ文書」報道の女性記者 爆弾で殺害

10月17日 14時29分
6

地中海の島国マルタで16日、いわゆる「パナマ文書」の報道に加わった地元の女性記者の運転する車が爆発し、女性は殺害されました。調査報道を続けてきた記者が、爆弾で殺害されたことに衝撃が広がっています。
地中海の島国マルタの地元メディアによりますと、16日、マルタ本島北部で地元の記者、ダフネ・カルアナガリチアさん(53)の運転する車が自宅を出発した直後に爆発しました。

車は道路脇にある畑まで吹き飛ばされて大破し、カルアナガリチアさんは死亡しました。

カルアナガリチアさんは、マルタで政治家の腐敗を厳しく追及する記者として知られていて、世界各国の首脳などによる資産隠しや課税逃れを暴いた「パナマ文書」の調査報道にも加わり、マルタのムスカット首相の妻が中米パナマに会社を置いて資産を隠していたとする疑惑を報じていました。

ムスカット首相は、カルアナガリチアさんは殺害されたとして「彼女は私にとって最も厳しい批判者だったが、このような野蛮な行為は正当化できない。報道の自由に対する攻撃だ」と非難し、徹底的に捜査するよう関係機関に指示しました。

地元メディアは、カルアナガリチアさんが殺害の2週間前に脅迫を受けているとして、警察に相談をしていたと伝えるなど、調査報道を続けてきた記者が殺害されたことに、衝撃が広がっています。
市民3000人が集まり追悼
地中海の島国マルタで、いわゆる「パナマ文書」の報道に加わった地元の女性記者、ダフネ・カルアナガリチアさんが爆弾で殺害されたことを受けて、マルタの首都バレッタに近い街、セント・ジュリアンでは、16日夜、市民およそ3000人が集まりカルアナガリチアさんの死を悼みました。

集まった人たちは、火をともしたキャンドルを手に、港までのおよそ1キロ余りを歩いたあと、港のモニュメントにキャンドルなどを並べて、カルアナガリチアさんの死を悼んでいました。

参加したカルアナガリチアさんの家族の友人の男性は「きょうはマルタにとってとても悲しい日となりました。この凶悪な行為は人類に対する犯罪であるだけでなく、民主主義の根幹に対する犯罪です」と話していました。

このほか、EU=ヨーロッパ連合の議会にあたるヨーロッパ議会のタイヤーニ議長が、自身のツイッターで「真実を求めてみずからの命を犠牲にしたジャーナリストの悲劇的な実例となった」と述べるなど、カルアナガリチアさんを追悼する動きが広がっています。
パナマ文書とは
「パナマ文書」は中米パナマにある法律事務所「モサック・フォンセカ」からおととし流出した内部資料で、顧客が租税回避地=タックスヘイブンに設立したペーパー会社などおよそ21万社に関する膨大なデータが含まれ、「史上最大のリーク」と言われています。

アメリカに本部がある「ICIJ=国際調査報道ジャーナリスト連合」が世界およそ80か国、400人のジャーナリストと連携して分析を進め、各国の首脳や富裕層らがタックスヘイブンの実態のないペーパー会社を使って金融取引を行ったり、資産隠しをしたりしていた実態が次々と明らかになりました。

また、世界各地で抗議デモが相次ぎ、アイスランドの首相やスペインの閣僚が辞任に追い込まれました。

「パナマ文書」は、G20やG7などの国際会議でも主要なテーマの1つとしても取り上げられ、文書をきっかけに富裕層や多国籍企業による課税逃れを防ぐための、国際的な協調態勢を強化する議論も進んでいます。


 引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171017/k10011180411000.html
パナマ文書とは(Wikipedia)

3915c33d60c80e4f55e78e00f284a1cc

パナマ文書(パナマぶんしょ)またはパナマペーパー(英語: Panama Papers)とはパナマの法律事務所、モサック・フォンセカ(Mossack Fonseca)によって作成された一連の機密文書である。

文書は1970年代から作成されたもので、総数は1150万件に上る。文書にはオフショア金融センターを利用する21万4千社の企業の、株主や取締役などの情報を含む詳細な情報が書かれている。これらの企業の関係者には多くの著名な政治家や富裕層の人々がおり、公的組織も存在する。合計2.6テラバイト (TB) に及ぶ文書は匿名で2015年にドイツの新聞社『南ドイツ新聞』に漏らされ、その後、ワシントンD.C.にある国際調査報道ジャーナリスト連合 (ICIJ) にも送られた[2][3]。80か国の107社の報道機関に所属する約400名のジャーナリストが文書の分析に加わった。2016年4月3日、この文書についての報道は149件の文書とともに発表された[4][1]。関連企業・個人リストの完全版は同年5月初めに公開される予定である[5]。

背景
パナマ文書が流布する以前には、パウル・ファン・ゼーラントがパナマにオフショア会社をつくっていた事実が2013年に判明している。

モサック・フォンセカ法律事務所は1977年、ユルゲン・モサック (Jurgen Mossack) とラモン・フォンセカ・モーラ (Ramon Fonseca Mora) により、パナマの首都のパナマシティーで設立された法律事務所である[15]。同社のサービスはオフショア金融センターにおける企業の設立、オフショア企業の管理と資産管理サービスの提供を含む[16]。この会社は40以上の国に事務所を持ち、500人以上の従業員を雇用している[15]。
取引相手は30万社を超え、うち大部分はイギリスの海外領土のタックス・ヘイヴンで登録する会社である[16]。連携機関にはドイツ銀行、HSBC、ソシエテ・ジェネラル、クレディ・スイス、UBS、コメルツ銀行、ABNアムロ銀行などの大手金融機関がある。このうち、ドイツ銀行とHSBCとクレディ・スイスは、2016年6月30日に国際通貨基金から、他のメガバンクとの密接なつながりを理由に金融システムへの潜在的なリスクを指摘された[17]。 モサック・フォンセカ法律事務所はこれらメガバンクのクライアントのために、税務調査官に金融取引を追跡させることができない複雑な財務構造を作ることができる[15]。流出事件が発生するまで、モサック・フォンセカ法律事務所は『エコノミスト』に「世界で最も口が堅い」オフショア金融業界のリーダーと評価されていた[18]。『ガーディアン』によると、モサック・フォンセカ法律事務所は「世界で4番目に大きなオフショア法律事務所」である[19]。

流出
2015年8月、ドイツの地方紙『南ドイツ新聞』が、匿名の情報提供者から、2.6テラバイト(TB)のモサック・フォンセカ法律事務所関連文書を入手した[1]。その後、ワシントンD.C.にあるICIJにも送られた。80カ国の約400名のジャーナリストが分析に加わった後、2016年4月3日に分析の結果が発表された[8]。法律事務所の共同設立者は5日、文書を破棄したことはなく、国外サーバからのクラッキングによるものであり、モサックフォンセカは、法律を犯していないことを明らかにした[20][21]。
流出した文書のデータ量は2.6TBと、2010年のアメリカ外交公電ウィキリークス流出事件(1.7ギガバイト (GB))[22]、2013年のオフショア・リークス(英語版) (260GB)、2014年のルクセンブルク・リークス (4GB) や2015年のスイス・リークス (3.3GB) より遥かに大きい。文書には、1970年代から2016年の春までに作られた480万4618件の電子メール、215万4264件のPDFファイル、111万7026件の写真、304万7306件のモサック・フォンセカ法律事務所の内部データベースの概要ファイル、32万0166件のテキストファイル及び2242件のその他のファイルが含まれる[1]。流出したデータには、約21万4千社のオフショア会社の電子メール・契約書・スキャン文書などが入っている[1]。
一方ウィキリークスは、パナマ文書の流出には米国国際開発庁とアメリカの投資家のジョージ・ソロスが関わっているとTwitter上で発表した[23][24]。
2016年6月にスイス当局は、モサック・フォンセカ法律事務所ジュネーブ事業所のIT技術者を、機密文書の情報漏洩の疑いで拘束していることを発表した。
2017年2月にはマネーロンダリングなどの容疑でパナマ検察がモサック・フォンセカ法律事務所の経営者2人を逮捕した。ブラジル国営石油公社ペトロブラスの汚職事件で、賄賂をめぐる不透明な資金の扱い方を指南し、資金洗浄に関与したとされる[25]。

内容
漏洩したのはモサック・フォンセカ法律事務所が1970年代から2016年初までに作成した、合計2.6TBの1150万件の機密文書であり[19]、21万4488社のオフショア法人に関する情報が含まれる[26]。これらの文書は80か国のジャーナリストにより分析されている[19]。ICIJのジェラード・ライル理事長 (Gerard Ryle) がこの漏洩事件を「オフショア金融市場に対する今までで最も大きな打撃」と評した[27]。HSBCにロスチャイルド、そしてロイヤル・バンク・オブ・スコットランドの部門で由緒あるCoutts が親会社として注目された[28][29]。
報道によると、複数の政治家やその親族がオフショア会社と金銭的・権力的なつながりを持っている[30][19][31]。例えば、アルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領はバハマのある貿易会社の取締役であるが、この情報はブエノスアイレス市長時代に公開しなかった。ただし、当時非株式取締役に関する情報公開の必要があったかどうかは不明である[30]。また、『ガーディアン』の報道によると、FIFA倫理委員会の委員の1人とエウヘニオ・フィゲレド元副会長 (Eugenio Figueredo) との間には、利益相反の故に大規模な争いがあったことも明らかにした[32]。2016年5月12日、オーストラリアのマルコム・ターンブル首相が文書に名前を発見された。

パナマ文書には、以下の通り現職・元職の元首や首相の名が列挙されている[31]。
肩書は文書流出時
首脳肩書任期・在位備考
アルゼンチンの旗 アルゼンチンマウリシオ・マクリ大統領2015年12月10日 ? 在任中
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦ハリーファ・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン大統領2004年11月3日 - 在位中
ウクライナの旗 ウクライナペトロ・ポロシェンコ大統領2014年6月7日 ? 在任中後述
パーヴェル・ラザレンコ首相1996年5月28日 - 1997年7月2日
サウジアラビアの旗 サウジアラビアサルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王2015年1月23日 - 在位中
アイスランドの旗 アイスランドシグムンドゥル・ダヴィード・グンラウグソン首相2013年5月23日 - 2016年4月7日本件により辞任
後述
ジョージア (国)の旗 ジョージアビジナ・イヴァニシヴィリ首相2012年10月25日 - 2013年11月20日
モルドバの旗 モルドバイオン・ストゥルザ首相1999年3月12日 - 12月21日
パキスタンの旗 パキスタンベーナズィール・ブットー首相1988年12月2日 ? 1990年8月6日
1993年10月19日 ? 1996年11月5日
2007年暗殺
イラクの旗 イラクイヤード・アッラーウィー暫定首相2004年5月28日 - 2005年4月7日
ヨルダンの旗 ヨルダンアリ・アブ・アル=ラゲブ首相2000年7月19日 - 2003年10月22日
カタールの旗 カタールハマド・ビン・ハリーファ・アール=サーニー首長1995年6月27日 - 2013年6月25日
ハマド・ビン・ジャーシム・ビン・ジャブル・アール=サーニー首相2007年4月3日 - 2013年6月25日
スーダンの旗 スーダンアフマド・アル=ミルガニ大統領1986年5月6日 - 1989年7月30日2008年死去


パナマ文書に記載される個人・組織の出身国(赤)
概要合計2.6テラバイトの1150万件の文書流出[1]
作成時期1970年代 - 2016年[1]
漏洩時期2016年4月[1]
関連組織モサック・フォンセカ法律事務所、南ドイツ新聞調査ジャーナリスト国際連合


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%83%9E%E6%96%87%E6%9B%B8



■以下、Twitter民の反応(記事内に画像・動画等あり)■


パナマ文書について調査してると暗殺されるっていつかおかると板行きになりそうなネタやな

パナマ文書の記者 暗殺・・・・ つまりあそこに載っていた日本人は

おはよう世界♡
パナマ文書の記者爆破殺害やばくない。暗殺は存在してるわ。。。

自衛隊のヘリが消息を絶つ

機体の一部が見つかる

パナマ文書を追っていた女性記者、暗殺される

マルタ在住のジャーナリストでマルタの首相関連の問題を追っていた

パナマ文書に関わった記者が暗殺されるとかやべーな。

パナマ文書の記者暗殺事件が完全に映画のような内容だな

パナマ文書を調査していた記者が暗殺とか、もう悪い事隠してますし必要なら人殺しもしますってどんだけの巨悪かを自分から暴露してるようなもんじゃん。。。
暗殺指示した奴、頭足りな過ぎだろ。。。

パナマ文書に参加した記者が暗殺という剣呑としたニュースが流れてきましたが、今更パナマ文書をどうこうする事はできないので、何か別の情報を持っていたのでは?と思いますよね。テロ目的としても他の記者はむしろ余計にやる気になるでしょうし

「パナマ文書」の調査をする女性ジャーナリストが車に爆弾を仕掛けられて死亡、2週間前に脅迫されて警察に届けを出していた。白昼で隠そうともしない、他の報道記者への見せしめ、野蛮で非道な暗殺者の圧力ではないでしょうか。
報道の自由を奪う暴力的な組織の圧力に屈せず調査の続行が必要ですね。

パナマ文書の…おっかねぇなぁ…暗殺でしょ?

@amneris84 この見出しだとパナマ文書絡みで暗殺に見えるけどそうとも言えないですよね?果たしてどういう機関に報復されたのか?

パナマ文書関連を追ってたジャーなリストが暗殺されたっていうニュース、パンドラの箱を開けてしまったみたいで怖い

パナマ文書を報道した記者が暗殺か。合掌。

パナマ文書報道記者暗殺とかいう闇

パナマ文書追求の女性記者暗殺される!でも日本じゃ「パナマ?」「新しいスイーツ?」くらいの反応。政府「適切な対応に努める」で終わり。平和なメデタイ国?

パナマ文書を公表しピューリッツァー賞受賞した記者が爆弾で殺された、かー。。。

日本でも昔から色んな人が暗殺されているし、そのほとんどは国家の不正や重大事件、多大な不正なお金の流れを究明しようとした人たちなんだけどね。

意外と知られていないけど、本当のことなんだよ。

パナマ文書を取材した女性記者が暗殺によって死亡した。車に爆弾を仕掛けた手口からプロが噛んでいると見ていいが、パナマ文書をも凌駕する新たな文書の存在について何かつかんでいた可能性も否定できない。情報が出る前に暗殺を実行すれば矛先はパナマ文書の関係者に向けることができるのだから。

パナマ文書的な世界的なスキャンダルは追求するジャーナリストが多過ぎて殺しても無駄な感はある。今回は首相夫人か何かの金銭問題が切っ掛けだろうか。あるいは首相に暗殺疑惑の濡れ衣を着せたい敵対勢力とか。

パナマ文書報道記者暗殺って…
しかも爆殺… 闇しか感じないなこの案件
でも日本じゃ多少報道してちょろっとコメントして終わり
いつの間にか「パナマ文書」って言葉もメディアからは聞かなくなったし、スポンサーから圧力掛かっているのかな?(ニッコリ)

映画みてーだなぁ。車に爆弾しかけて暗殺とか…。やっぱパナマ文書関連はおそろしいねぇ…ペーパーカンパニー関連には触れてはいけなかったんや…

パナマ文書自体にそんな大きな問題があるとは思えない…パナマ文書解明を隠れ蓑にした、もっと違う理由での暗殺だろうなぁ…

パナマ文書を表に出した記者が暗殺されたらしい。

パナマ文書の記者爆破って完全に暗殺じゃないですか

マルタでパナマ文書を報道したジャーナリストが暗殺された事件怖すぎ。

マルタ政府が腐ってる事、マルタ人の先生が言ってたの思い出した。

今さっき報ステでもやってたけどパナマ文書を暴露したマルタ共和国の女性記者が暗殺された件、世界大レベルで現代の病巣が象徴的に集約されたものだと思う。本当に酷い世の中になった。

遂に出た
パナマ文書暴露記者の暗殺
車爆破ってマジでMIP-2の世界やん。。怖
「嘘やろ?!」って事がマジで起きてる
もはや陰謀論なんて言ってられん
マジ陰謀が世界中で。

パナマ文書告発した記者暗殺されたのか

パナマ文書のジャーナリスト、暗殺。人の粗突っついていると恨みを買う、それが正義だとしても。そもそも正義という言葉が危険だが。

パナマ文書の記者が暗殺された事件、同業者ならもっと熱くなれよバカたれ共。#報道ステーション

パナマ文書報じた記者の暗殺、車に爆弾仕掛けられて家を出た途端爆発して死亡って007かよ
ものすごいな(゚o゚;;

パナマ文書報道の記者さん、暗殺の疑い?…(;゚д゚)

パナマ文書を報道した記者が暗殺されたとか怖すぎるな

パナマ文書のジャーナリスト、今時暗殺か…

パナマ文書の陰謀で記者が暗殺されたってマジ?

パナマ文書のジャーナリスト暗殺てこわすぎやん!!!!!


パナマ文書で取材記者暗殺の記事抹消?

#パナマ文書 を暴いた女性記者が暗殺されたようです(´;ω;`)
陰謀めいたものを感じます。
2016年秋ゲムマで出展した、パナマ文書とトランプをテーマに製作したボドゲがあまり売れなかったのも陰謀ということにしよう( ;´Д`)

パナマ文書関連でとうとう暗殺されましたか(´・ω・`)

パナマ文書書いた記者の暗殺怖すぎ

パナマ文書の報道してた人が殺された(暗殺された)ってトレンドに入ってるけど
やっぱりあれはパンドラの箱なのかしら…

パナマ文書の報道に関わった記者が車に爆弾仕掛けられて暗殺されたって普通にエグない?

パナマ文書報道記者暗殺なんてそんなのどこの国のインテリジェンスが動いたのかわかったもんじゃないな

映画だとよくあるけど車で爆破して暗殺ってあるんだな。脅迫受けてたってことはパナマ文書じゃなくて今追ってることが原因かな

日本でもパナマ文書
とか調べたら暗殺
されそうだな

パナマ文書すっぱ抜いた記者が暗殺されてて草

うわぁ、パナマ文書報道の記者暗殺、これこの状況で暗殺なんて余計疑惑が深まるだけやから捜査されるのを防ぐとかこれ以上関わるなって警告よりかはただ単に感情的な部分でアイツ許せん消してしまえで実行した感…

パナマ文書を追求してた女性記者が暗殺された後に新聞協会賞でNHK記者が表彰されたニュースとかNHKエグすぎだよ(TдT)

パナマ文書を報道した女性記者が爆殺されたって話を聞いて陰謀論者でなくとも陰謀を疑うよなぁと。
にしても爆殺なんて暗殺の手法は……。

戦争がどうとかパナマ文書で暗殺とかいってる世界で千円なくなったと嘆いているもうすぐ40歳のオッサンの哀しさよ。

パナマ文書の記者、マルタで暗殺されたとかだ。続報が出ない不思議なスクープだよね、公平感はこれからの職が無くなる世界じゃ大事。ベーシックインカムまで続くだ、国単位も本来はあってはいかんが、最初に施行するのは何処かな? 産油国にリン鉱石ってとこだったが、今はね。自動化進み職は無くなる

⚡️ "「パナマ文書」報道の女性記者 車爆弾で殺害か"

地中海 マルタ島を舞台にした 暗殺事件って
なんか 007の映画みたいで、現実感をあまり感じられない…。
それにしても 女性記者の命を奪ったのは
どういう動機なんだろう?
犯人は誰なんだろう?
さっぱりわからない・・・