制御不能で地球落下へ 中国の宇宙実験室「天宮」 来年1~2月か、落下場所の予測困難

wor1710130069-p1

天宮1号のイメージ(中国有人宇宙プロジェクト弁公室提供)

地球の周りを回る中国の無人宇宙実験室「天宮1号」が制御不能となり、数カ月以内に地球に落下するとみられることが13日、分かった。来年1~2月の可能性が高いとの分析もある。英紙ガーディアンなど海外メディアが報じた。

 大部分は大気圏への突入時に燃え尽きるとみられるが、重さ100キロ程度の部品が地面に落下、有害物質が付着している恐れを指摘する報道もある。地球上は、海や、人が居住しない地域が広く、人を直撃する危険性は低いが、落下場所の予測は直前まで困難とみられる。

 日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は「落下の可能性が指摘されていることは承知しており、情報収集に努めている」としている。

 天宮1号は中国初の有人宇宙ステーションの建設を目指し、宇宙船とドッキング実験をするために2011年9月に打ち上げられた。全長10.4メートル、重さ約8.5トン。13日のガーディアン電子版などによると、天宮1号は16年3月に運用を終え、同年9月に制御できなくなった。中国は17年10月~18年4月に落下する恐れがあると国連に通知。最終的に大気圏に突入する際に報告するとしている。


 引用元:http://www.sankei.com/world/news/171013/wor1710130069-n1.html
天宮 (宇宙ステーション)とは(Wikipedia)

F2011082313232801090

天宮(てんきゅう、Tiangong)は、中華人民共和国が計画している宇宙ステーション。2011年9月に試験機である「天宮1号」(TG-1)の打ち上げに成功したが、本格的な宇宙ステーションとなる天宮の本体(コアモジュール)は2018年以降に打ち上げ予定で、周辺モジュールも含めた完成は2022年以降の予定である[1]。

概要
計画の背景
中国は2003年に神舟5号によって有人宇宙飛行を、2008年には神舟7号によって宇宙遊泳を成功させたが、かつてのアメリカのスカイラブ計画、ソ連のサリュート計画と同様に中国独自の宇宙ステーション保有を目指すようになった。これが天宮である。
しかし本格的な宇宙ステーションの実現には技術的な課題が多い。中国は2008年までに有人宇宙船および船外活動技術を実現しているが、加えて大型打ち上げロケットの開発、宇宙船同士のランデブー・ドッキング技術、物質の循環を伴う長期運用可能な生命維持システム、そして物資の補給船といった技術の習得が不可欠である。天宮では小規模の試験機を通じてこれらの技術を1つずつ蓄積していくものと見られている。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E5%AE%AE_(%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3)



■以下、Twitter民の反応(記事内に画像・動画等あり)■