DLyYG7qVwAAn8JQ
DLyYIIvVAAAu0m_
DLyYJeAU8AAlIuC
DLyYKtyVYAEVGrB

DL2FawAVwAAEShx


DL2Mg9pU8AA7dj4
テレ東の「ヤバい」グルメ番組 小籔千豊も顔をしかめた壮絶な内容

3日のテレビ東京「ハイパーハードボイルドグルメリポート」を紹介している
出演した小籔千豊も顔をしかめる、食べている人が「ヤバい」グルメ番組
アフリカの元少年兵や、娼婦などの過酷な現実を「食事」から映し出している

生きることは食べること――あまりにもヤバい新食感グルメ番組が映し出す、世界の現実
24f74_105_cb100569_47be4fa9


 グルメ番組といえば、心穏やかに見るものと相場が決まっている。おいしそうな料理におなかを鳴らせながら、近場なら、その店の情報をメモしたりする。テレビにおいて重要な要素である「情報」の中でも、最も幸福な種類の情報番組のひとつだ。

 だが、VTRを見ている小籔一豊が思わず

「どういう気持ちで見たらいいんやろ?」
「(料理を食べて)新食感とか言うてた自分が恥ずかしい」

と顔をしかめる“グルメ番組”がある。

 それが、10月3日深夜に放送された『ハイパーハードボイルドグルメリポート』(テレビ東京)だ(なお、10日深夜にも第2回が放送される予定)。

 タイトルからして、不穏なムードが漂っている。

 この番組がリポートするグルメは、一言で言えば「ヤバい飯」。といっても、ゲテモノの類いではない。食べている人が「ヤバい」のだ。

 なるほど、サブタイトルが「ヤバい世界のヤバい奴らのヤバい飯」というのもうなずける。

 まず番組は、アフリカのリベリア共和国に。

 西アフリカに位置する小国で、アメリカから解放され、アフリカに戻った黒人奴隷が建国した国。そのため、共用語は英語だ。年間の日本人渡航者(民間)は限りなくゼロに近いことなどが、ナレーションを排し、テロップのみで伝えられる。

 ディレクターは、街の市場に向かう。

 そこで彼が目にしたのは、日の丸のマークが描かれた包み。「非売品」と記されている、とうもろこしの粉だ。それを売買している者に聞くと、やはり日本からの支援物資が横流しされ、転売されているのだという。番組では、それを手に入れて食べている人を「横流し飯」としてリポートしていくのだ。

 さらに、エボラ出血熱を発症しながら奇跡的に生き残った人の食事もリポート。家族は全員エボラで死に、今は親戚の家に身を寄せている。彼女にディレクターが「生活はどう?」と尋ねると、こんな答えが返ってきた。

「変わらない。不幸なままよ。生きていけるけど簡単じゃない。食べ物がないの。叔母さんが食べ物をくれるけど、毎日じゃないから」

 そして番組は、リベリアの過酷な現実を映し出す。

「元人食い少年兵の飯」というテロップ。

 1989年からリベリアでは激しい内戦が行われていた。25万人以上が戦死したといわれるこの内戦で、政府軍、革命軍は共に子どもたちを拉致し、訓練を施した上で銃を持たせ、前線に送り込んだ。少年たちは現実から逃れるため、コカインを常用し、仮装して戦ったという。極限状態に置かれた彼らは、殺した敵兵の肉を食ったと伝えられている。

 そんな元少年兵たちが今、どんな食事をしているかリポートしようというのだ。

 2003年、内戦が終結すると、少年兵たちは居場所を失い、彼らは広大な共同墓地に住むようになった。ガイドを務める現地ジャーナリストすら、墓地の前に着くと言う。

「相当危ないぞ、近づく時は本当に気をつけないと。元少年兵が襲ってくるかもしれない」

 実際、墓地の前でたむろしている男たちに声をかけると「クソ野郎、何撮ってんだ、お前!」などと罵声を浴びせられ、どんどんと人が集まってきて取り囲まれる。体をぶつけスリをしようとする者や、カメラを取り上げようとしてくる者もいる。

「とりあえず中は入れ」

と、自分たちのテリトリーに無理やり引き込もうとする元少年兵たちの迫力は、テレビでなかなか見ることのできない緊張感だった。

 なし崩し的に墓地の中に入ると、ひとりの女性が頭蓋骨を掲げてほほえんでいる。両親が殺され、その復讐のため11歳から少女兵として戦ったという。今は「生きるため」に娼婦をしている。

 そんな彼女に「食事を見せてくれ」と言うと、「今は食事を買う金がない」と答え、「3時間後に仕事に行くから、ついてくれば?」と言う。

「客が来て、セックスをして、客が金をくれたらご飯を買いに行くの」

 暗闇の中、いつものように客を取り、金をもらって戻ってきた彼女。その報酬は、わずか200リベリアドル(約200円)。その金で、150リベリアドルの食事を買う。スープと白米だけ。1回体を売って、ほぼ1食分だ。

 生きることは食べることだ。この番組は、それをあまりにも生々しく見せ、むき出しにさらしている。ほぼ白米だけのリベリアの娼婦の飯を伝えた直後に映し出されたのは、台湾マフィアの豪勢な食事。1万円以上するフカヒレまるごとスープを毎週食べている。その強烈なギャップにクラクラする。
けれど、それが現実だ。

 食事は、現実を如実に表す。食事から、世界の現実の確かな一部が見えてくる。

「これはグルメ番組です」

 確かにグルメ番組だ。けれど、あまりにも“新食感”なグルメ番組だった。
(文=てれびのスキマ http://d.hatena.ne.jp/LittleBoy/)


 引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/13729344/

ハイパーハードボイルドグルメリポート 171003 youtube動画
ハイパーハードボイルドグルメリポート
cf47be748ecfaad8e01b2a8362cb

番宣動画
食うことすなわち生きること。
食の現場に全てが凝縮されている。
これは、ヤバい人たちのヤバい飯を通して、
ヤバい世界のリアルを見る番組。
1dc768a59871809e7e3a04d854dd
d1d08b965bce234b981646231c08

番組内容
①リベリア共和国 元人食い少年兵の晩御飯
西アフリカ・リベリア共和国。アメリカから解放された黒人奴隷によって建国されたこの国は、その後の度重なる内戦で町は荒廃し、何度も蔓延したエボラ出血熱で多くの死者を出した。近代の地球上の不幸を一身に背負ったような国である。
その内戦によって生まれた町の廃墟には、元少年兵たちが住み着いているという。
強盗、売春、薬物売買・・・悪事の限りを尽くして暮らす、底辺の若者たち。
彼らは何をどうやって手に入れ、食べているのか。
両親を殺され、11歳で銃を手に取った元少女兵に密着。
彼女の驚きの職業とは。そして、手にしたわずかな金で食う飯の味とは。
飯の現場から、彼女らを取り巻いた壮絶な現実と、希望の意味とが見えてくる。

487a36a2837c37bd067cfc15422f
b5a153964509601d31fbc30a3f43

②台湾 マフィアの贅沢中華
日本から飛行機で3時間。すぐそこにあるグルメの国、台湾。
しかしその国の闇は、我々の想像をはるかに越えて、深い。
その闇の象徴、麻薬や風俗など裏の世界を牛耳るマフィア「黒社会」。
その組長は浮世離れした力を持っているという。彼は一体何を、どこで食べるのか。
彼らが悪事で稼いだ金で食う飯の味とはいかなるものか。
この地球上のほとんどの人間が、日々何かを食って生きている。
そこには、我々日本人との意外な共通点や、あるいは想像だにしない現実がある。
「飯」を通してヤバい世界に暮らす人々の心と、国の闇とが見えてくる。
極限とも言える世界の住人の言葉は、命、仕事、食べ物、家族…そういうものについて思考停止している我々に、どんなことを知らせてくれるのか。
d434d0e01fd7e6c0e2d42440f01a
d19ddf6bbf991d15e7ce4f44d071

③アメリカ 極悪ギャング飯
カリフォルニア州ロサンゼルス。ここに、一般人が決して足を踏み入れない、ギャングの巣窟となっているエリアがある。
ここでは、メキシコ系ギャングと対立する黒人ギャングが血で血を洗う抗争を繰り広げている。
彼らは一体なんのために殺しあうのか。そして何を食っているのか。
両グループのメンバーに密着、食事に同席する中で、彼らの心の声を聞く。
そこには、まるで遺伝のように、何代にもわたって途絶えることない報復の連鎖が。
その発端は、人種差別かはたまた金か。抗いがたい、説明不可能な人間の宿命が見えてくる。
そして、宿命に翻弄されながらも、彼らが感じる手触りのある幸せに触れる。
出演者
出演者:小籔千豊
63d153d98136e8b9885077cddaf3


 引用元:http://www.tv-tokyo.co.jp/hyperhard/



■以下、Twitter民の反応(記事内に画像・動画等あり)■



ハイパーハードボイルドグルメリポート。
メキシコマフィアはナチョス。
黒人マフィアかオーガニックバーガー食べてる。
おととい出所したばかりのマフィアが
『毎日が最後の晩餐』
とかパワーワード溢れている。

ハイパーハードボイルドグルメリポート 、再放送してくれないかなー  またはアーカイブでみせてくれねえか… みたかった…

ハイパーハードボイルドグルメリポート、観た📺
これが現実なのか

「ハイパーハードボイルドグルメリポート」どちゃくそオモロイ。


今録画してたハイパーハードボイルドグルメリポート見始めたんだけどなんか面白そうやし、お腹すいてきた

ハイパーハードボイルドグルメリポート見たかったのに静岡やらないとかクソ

ハイパーハードボイルドグルメリポートおもろすぎ

ハイパーハードボイルドグルメリポート面白い。

ハイパーハードボイルドグルメリポート〜やばい世界のやばいやつらのやばい飯〜っていう番組いろんな世界のやばい人たちの飯をリポートする番組やばい怖いwwwww
でもめちゃくちゃ面白い👀

『ハイパーハードボイルドグルメリポート』やばかった…。すごい、色々考えさせられる番組。

ハイパーハードボイルドグルメリポート見てみたんだけど濃厚すぎてお昼からお腹いっぱい

テレビ東京で放送していたハイパーハードボイルドグルメリポート ってレギュラーでは無かったのか 。

昨日Twitterで回ってきたハイパーハードボイルドグルメリポートちらっと見たんだけど、アフリカの元少年兵達がオルフェンズのその後のハードモードって感じ…しんどい

ハイパーハードボイルドグルメリポートがおもしろい😬

最近の番組で一番は意外とハイパーハードボイルドグルメリポートかもしれない

「ハイパーハードボイルドグルメリポート ~ヤバい世界のヤバい奴らのヤバい飯~」をチェックしました。[TVQ九州放送1 10/4(水) 0:11] #tvq #torne

ハイパーハードボイルドグルメリポートすっごく面白かった!最後の黒人ギャングのご飯の話で泣いてしまいました、また放送あるといいなー

ハイパーハードボイルドグルメリポートの余韻がすごい

テレ東のハイパーハードボイルドグルメリポートすごいな。ノンフィクション好きにはたまらない。

@djkatchi ハイパーハードボイルドグルメリポートみよう
クレイジージャーニーみたいで面白い

#女ウラミ飯#ハイパーハードボイルドグルメリポート と同じで短期お試しかぁ…両方とも面白かったけど方向性まるで違うwただ、レギュラー化しちゃダメだと思われるのは共通。確実なタマ込めてから撃って欲しいなぁ…

ハイパーハードボイルドグルメリポート、すごい番組だ

来週がどんなのかわかんないけど、初回で完全に撃ち抜かれた

飯の前に人間の上下はないわ

ハイパーハードボイルドグルメリポートと女ウラミ飯っていう料理番組実に面白い。

面白すぎません。テレ東の新番組「ハイパーハードボイルドグルメリポート」アメリカのギャングが食う飯見ようぜってクレイジー過ぎる。この企画を通したテレ東凄いな。

話題のハイパーハードボイルドグルメリポート観るだ

ハイパーハードボイルドグルメリポートって番組面白すぎる、、

テレ東のハイパーハードボイルドグルメリポート、作りはチープだけどシリアスで面白いな。

さっきのハイパーハードボイルドグルメリポート。
みごたえばっちりだ

テレ東のハイパーハードボイルドグルメリポート見た…おもしろすぎる

「ハイパーハードボイルドグルメリポート」観た。ヤベえなこれ。

ハイパーハードボイルドグルメリポート、とにかくネット配信してほしい番組だな

ハイパーハードボイルドグルメリポートの台湾マフィアの回観たかったぁ〜!!!

気になって録画しておいたテレ東の「ハイパーハードボイルドグルメリポート」が面白かった! メキシコ系&黒人ギャングの飯ドキュメント。唐辛子かけて飲むビールにオーガニックバーガーに、別居中の嫁の飯。前回見逃したのが悔やまれる。


ハイパーハードボイルドグルメリポート、ドキュメンタリーとしてとても面白いけど、ワイプがとても邪魔。小藪さんは好きでも嫌いでもないけど、彼がワイプでぼそぼそしゃべってることに何の意味があるのか分からない。

ハイパーハードボイルドグルメリポートで衝撃なのはその内容もだけど物価の再認識。メキシコ系ギャング御用達のナチョス屋で700円、対抗組織のハンバーガーセット900円、リベリアの暗闇レストランの緑の謎カレーですら200円もする。日本で380円の牛丼とか100円バーガーとか異常だわ。

ハイパーハードボイルドグルメリポートはほんとに面白かったぞ。

録画してたハイパーハードボイルドグルメリポートみてるけどこれめっちゃ面白いなうまく言えないけど

ハイパーハードボイルドグルメリポート、考えたの誰すか?天才?なぜ小藪さんなのか、っていうのは肉が出てくるたびに気になるけど。

録画してたハイパーハードボイルドグルメリポート観た
すげー番組だこれ…

ハイパーハードボイルドグルメリポート見たけど、内容がヤバすぎてw

ハイパーハードボイルドグルメリポートがやっぱりおもしろすぎる。

ハイパーハードボイルドグルメリポート観たけど想像以上にヤバい内容だった。単に僻地の飯をリポートするだけじゃなくて物資の横流しとかエボラの生存者とか出てきて色々ヤバい。地獄の釜の蓋が開くってこういうことかと。

『ハイパーハードボイルドグルメリポート』すごい。なんかくやしい。すごい。クレイジージャーニーのようだが、編集、ノーナレのおかげで全く違う世界観。
「彼女達の旦那もいま刑務所に入ってるの」の軽さ。
「グルメ」にフォーカスした切り口の変え方。

ハイパーハードボイルドグルメリポート。考えさせられる胸をえぐられる映像。エボラ生存者飯、体売って手に入れた200円で食うリベリア元少女兵の娼婦飯からの台湾マフィアの宴会飯。なんちゅう高低差。さらに「毎日が最後の晩餐」なんてキラーワードが出るギャング飯とお腹いっぱいにも程がある・・

ハイパーハードボイルドグルメリポート見た。ひたすら一線超えてた。撮影危なすぎる。リアルすぎる。食から見る環境と言う視点が素晴らしすぎる。好きな物を食べれる環境にただただありがたみが増す。


ハイパーハードボイルドグルメリポート おもしろかった

遅ればせながら、一部で話題の「ハイパーハードボイルドグルメリポート」見終わった。いろんな感情をごちゃ混ぜにされて、感想を言葉にすることすらできない。ここまでくると嫉妬すらできない。ヤバい世界のヤバい奴らのヤバい飯を撮ったヤバい奴が作ったヤバい番組。

1週間で定期的に楽しみなものが、「ハイパーハードボイルドグルメリポート」と「堀込泰行のラジオ」しかないな……

ハイパーハードボイルドグルメリポートとねほりんぱほりん おもろい