希望の党公認、早くも脱落者 長野1区・篠原孝氏が無所属出馬へ

plt1710040069-p1

街頭演説する民進党前職の篠原孝氏=1日、長野市の長野駅前(太田浩信撮影)

 衆院選で長野1区から出馬予定の民進党前職、篠原孝・元農林水産副大臣(69)は4日、新党「希望の党」(代表・小池百合子東京都知事)からの公認を辞退し、無所属で出馬する意向を固めたと明らかにした。民進党長野県連に報告し、正式に表明する。

 篠原氏は希望の党が3日に発表した第1次公認候補に含まれていたが、安全保障法制の適切な運用、憲法改正支持などを盛り込んだ政策協定書に署名していなかったという。

 長野1区は篠原氏と自民前職の小松裕氏(55)が3回目の対決。これに共産新人の長瀬由希子氏(49)と維新新人の橋本将之氏(37)が挑む。


 引用元:http://www.sankei.com/politics/news/171004/plt1710040069-n1.html
篠原孝とは(Wikipedia)

篠原 孝(しのはら たかし、1948年7月17日 - )は、日本の政治家。民進党所属の衆議院議員(5期)、民進党選挙対策委員長代理。
農林水産副大臣(菅内閣・菅第1次改造内閣・菅第2次改造内閣)、民主党国会対策副委員長、民主党副幹事長等を務めた。

来歴
長野県中野市生まれ。長野県長野高等学校、京都大学法学部卒業。京大卒業後、農林水産省に入省。本省勤務の他、経済協力開発機構(OECD)日本政府代表部参事官、農水省農林水産政策研究所所長を経て、退官。農水官僚時代は日本で初めてフードマイレージの概念を提唱し[2]、日本の食に関する問題に携わった。

2016年の民進党代表選挙では、前原誠司を支持[17]。代表選の選挙戦中、二重国籍問題が発覚した蓮舫代表代行(当時)に対し、自身のブログで代表選からの撤退を求め[18]、9月15日の常任幹事会で党執行部に代表選のやり直しを要求したが[19]、枝野幸男幹事長は応じず、蓮舫は前原、玉木雄一郎を破り、民進党代表に選出された[20]。
2017年9月末に希望の党の公認になることを希望した[21]。

政策・主張
永住外国人への地方選挙権付与にどちらかと言えば賛成[22]。
集団的自衛権の行使を禁じた内閣法制局の憲法解釈の見直しに反対[23]。
女性宮家の創設に賛成[23]。
日本のTPP参加に反対[23]。
選択的夫婦別姓制度の導入に賛成[24]。
2008年6月12日、小沢一郎らの主導により第21回参議院議員通常選挙のマニフェストに記載された農家への戸別所得補償について否定的な見解を示した副代表(当時)の前原誠司に対し、「前原誠司副代表の妄言を糾弾し、その『退場』を勧告する」と題したメールをネクスト農林水産大臣経験者である筒井信隆、山田正彦、篠原の連名で民主党所属議員に配信した[25]。
2014年4月21日、元行政刷新担当大臣の蓮舫や社会民主党党首の吉田忠智ら19人の連名[26]で、第2次安倍内閣が目指す憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認を支持しないようアメリカ大統領のバラク・オバマに求める文書を在日米大使館に提出した[27][28]。集団的自衛権の行使容認に前向きな認識を示していた元防衛副大臣の長島昭久は、訪門していた先のアメリカ合衆国にて「属国でもあるまいし、嘆かわしい」と批判をした[29]。
生年月日1948年7月17日(69歳)
出生地日本の旗 長野県中野市
出身校京都大学法学部
前職国家公務員農林水産省
現職選挙対策委員長代理
長野県総支部連合会副代表
所属政党民主党→)
民進党大畠グループ
称号法学士
農学博士
公式サイトしのはら孝blog

選挙区比例北陸信越ブロック→)
長野1区
当選回数5回
在任期間2003年 - 現職[1]


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%A0%E5%8E%9F%E5%AD%9D
民進分裂、立憲民主を生んだ前原氏の誤算 野党細分化へ

AS20171002005241_comm

枝野新党、小池新党、無所属に分かれる民進幹部らの動向

 民進党が分裂した。小池百合子・東京都知事率いる新党「希望の党」に合流することで一致して安倍政権を倒す、と訴えた前原誠司・民進代表の思惑が外れた。民進側に「宗旨替え」を迫る小池氏への反発が野党を合流ではなく、細分化の方向に向かわせている。

枝野新党を誕生させたのは、枝野氏と先月の民進代表選を争ったばかりの前原氏だ。

 党内で「保守対リベラルの対決」と受け止められた代表選は、保守勢力との再編に前向きな前原氏と、再編論に反対姿勢を取る枝野氏という構図だった。とはいえ、すぐに再編を進める意図はなかった。

 目算が狂ったのは、代表就任後の幹事長人事。若手で次世代のリーダー候補と目された山尾志桜里前衆院議員を登用することで党勢回復につなげるねらいが、山尾氏の男性との交際問題を週刊誌に報じられ、断念。その後も離党ドミノが止まらない現状を許した。

 行き詰まり感が漂うなかで安倍晋三首相の衆院解散方針が伝わり、持論の再編を小池氏に託した。衆院解散が迫り、政策のすりあわせや公認問題を詰めないまま小池氏と「合意」。受け入れる側の小池氏に主導権を渡す形となり、「排除の論理」を許す事態を招いた。党内では「前原氏はだまされた」との受け止めが大勢だ。

 ログイン前の続き小池氏サイドにも不安が広がる。「代表の思いとは違うイメージが広まってしまっている」。小池氏周辺は2日、失速感が強まる現状を嘆いた。

 小池氏は元々、希望の党の前職や新顔らに多数の民進前職らを加え、一気に単独過半数を狙える人数の候補を全選挙区に立てる戦略を描いていたという。一方で、「(民進離党組の)蜘蛛(くも)の糸にしてはならない」との考えから、新党の軸に「寛容な改革保守」をすえ、憲法や安全保障といった国家の根幹をなす政策について、公認予定者の考えを一致させようとした。

 そうしたなかで飛び出した9月29日の「排除」発言は、民進前職らの強い反発に遭っただけでなく、希望の前衆院議員らからも「ここまでやるとは思わなかった。ムチャクチャだ」「この騒ぎで(小池人気に)水を差した。明らかにマイナスだ」と不満の声が漏れる事態を招いた。

 小池氏は1日、「排除」発言について、記者団に「政策による(選別)と言った。言葉の問題だ」と弁明。火消しに動いたが、事態は好転していない。

 一方、小池新党から公認を得られる見通しがなく、枝野新党への参加にも抵抗感がある前衆院議員らは無所属での立候補を余儀なくされる。衆院選後までは民進に残る参院議員も浮足立つ。

 岡田克也・民進元代表は2日の記者会見で「小池さんの発言を聞いていて政策面でかなり違う。(枝野新党も)政策的にぴたっとこない」と述べ、無所属出馬を表明。民進分裂に至った点については「悔いの残る結論」と述べた。

 安住淳・前代表代行も2日に無所属宣言。「本当に政権を取る気なら、我を張らずに調整するのがいい」と述べ、「(前原氏が)枝野氏と折り合えなかったのは残念だ。1議席を争う政権選択選挙はリベラルの力がいる。のみ込む寛容さが必要だ」と苦言を呈した。


 引用元:http://www.asahi.com/articles/ASKB24STYKB2UTFK00F.html
希望の党・若狭勝氏ら第1次公認/候補者一覧

201710020000783-nsogp_0

若狭勝氏

 希望の党は3日、衆院選の第1次公認として小選挙区候補191人と、比例代表候補1人の計192人を発表した。小選挙区では前職56人、元職は45人、新人は90人だった。比例代表の1人は前職。

 1次公認は次の通り。(「新」は新人、「元」は元職、表記なしは前職。新人の一部は発表名簿の表記通り。敬称略)

 (小選挙区)

 【北海道】2区 松木謙公▽4区 高橋美穂(元)▽9区 山岡達丸(元)

 【青森】1区 升田世喜男▽2区 工藤たけし(新)▽3区 山内たかし(新)

 【岩手】1区 階猛▽2区 畑浩治(元)

 【宮城】1区 伊藤優太(新)▽3区 いちじょう芳弘(新)▽4区 坂東たけひこ(新)

 【秋田】1区 松浦大悟(新)▽2区 緑川たかし(新)▽3区 村岡敏英

 【山形】1区 あらい寛(新)▽2区 近藤洋介▽3区 阿部寿一(元)

 【福島】2区 岡部みつのり(新)▽4区 小熊慎司▽5区 吉田泉

 【茨城】1区 福島伸享▽2区 石津政雄(元)▽3区 ひぐちまい(新)▽4区 大熊利昭(元)▽5区 浅野さとし(新)▽6区 青山やまと(新)

 【栃木】1区 柏倉祐司(元)▽3区 渡辺みゆき(新)▽4区 藤岡隆雄(新)▽5区 大豆生田みのる(新)

 【群馬】1区 宮崎岳志▽2区 石関貴史▽4区 不破弘樹(新)▽5区 いのくち幸子(新)

 【埼玉】1区 武正公一▽2区 すがかつみ(新)▽3区 みわあさみ(新)▽4区 吉田よしのり(新)▽5区 高木ひでふみ(新)▽7区 小宮山泰子▽8区 小野塚勝俊(元)▽9区 すぎむら慎治(新)▽10区 坂本祐之輔▽11区 三角そうた(新)▽12区 森田としかず(新)▽14区 鈴木義弘▽15区 高山智司(元)

 【千葉】1区 田嶋要▽2区 竹ケ原裕美子(新)▽3区 櫛渕万里(元)▽5区 岡野じゅんこ(新)▽6区 遠藤宣彦(元)▽8区 太田和美▽9区 奥野総一郎▽10区 谷田川元(元)▽11区 たがや亮(新)▽12区 樋高剛(元)▽13区 水野智彦(元)

 【神奈川】1区 長島一由(元)▽2区 はしもと久美(新)▽3区 勝又恒一郎(元)▽4区 風間法子(新)▽5区 吉岡けんじ(新)▽7区 川野あん(新)▽9区 笠浩史▽10区 市川よしこ(新)▽12区 原てるお(新)▽13区 太ひでし(新)▽14区 本村賢太郎▽15区 乃木涼介(新)▽16区 後藤祐一▽17区 神山洋介▽18区 三村和也(元)

 【山梨】2区 いげたまこと(新)

 【東京】1区 松沢香(新)▽2区 はとやま太郎(新)▽3区 松原仁▽4区 難波美智代(新)▽5区 福田峰之▽6区 植松恵美子(新)▽7区 荒木あきひろ(新)▽8区 木内孝胤▽9区 高松さとし(新)▽10区 若狭勝▽11区 ししどちえ(新)▽14区 やはぎ麻子(新)▽15区 柿沢未途▽16区 田村謙治(元)▽17区 西田ちから(新)▽18区 ときた敦(新)▽19区 ささきりか(新)▽20区 かのあきら(新)▽21区 長島昭久▽22区 金ケ崎絵美(新)▽23区 伊藤しゅんすけ(新)▽24区 吉羽美華(新)▽25区 小沢鋭仁

 【富山】3区 柴田巧(新)

 【石川】1区 田中美絵子(元)▽2区 しばた未来(新)▽3区 近藤和也(元)

 【福井】2区 斉木武志(元)

 【長野】1区 篠原孝▽2区 下条みつ(元)▽3区 井出庸生▽4区 寺島義幸(元)▽5区 なかじま康介(新)

 【岐阜】3区 阪口直人(元)▽4区 今井雅人▽5区 阿知波吉信(元)

 【静岡】1区 小池政就(元)▽2区 松尾つとむ(新)▽3区 鈴木望(元)▽4区 田中健(新)▽5区 細野豪志▽6区 渡辺周▽8区 げんまけんたろう(新)

 【愛知】1区 佐藤夕子(元)▽2区 古川元久▽3区 余語さやか(新)▽4区 牧義夫▽5区 野々部尚昭(新)▽6区 森本和義(元)▽9区 岡本充功▽10区 安井美沙子(新)▽11区 古本伸一郎▽13区 大西健介▽14区 田中克典(新)▽15区 せき健一郎(新)

 【三重】4区 藤田大助(元)

 【滋賀】2区 田島一成▽3区 小川やすえ(新)▽4区 徳永久志(新)

 【京都】1区 しまむら聖子(新)▽3区 泉健太▽4区 北神圭朗▽5区 井上かずのり(新)▽6区 山井和則

 【兵庫】1区 井坂信彦▽3区 よこはた和幸(新)▽4区 野口たけみつ(新)▽5区 梶原康弘(元)▽6区 いくむら奈応子(新)▽7区 畠中光成(元)▽10区 つげあつひと(新)▽11区 長安豊(元)▽12区 池畑こうたろう(新)

 【奈良】1区 馬淵澄夫▽2区 松本まさゆき(新)▽3区 前川清成(新)

 【和歌山】1区 岸本周平▽2区 坂田たかのり(新)

 【鳥取】2区 湯原俊二(元)

 【岡山】1区 蜂谷弘美(新)▽2区 津村啓介▽4区 柚木道義▽5区 樽井良和(元)

 【広島】2区 松本大輔(元)▽4区 上野かんじ(新)▽5区 橋本琴絵(新)▽6区 佐藤公治(元)▽7区 さとう広典(新)

 【山口】1区 大内一也(新)▽4区 藤田ときお(新)

 【徳島】1区 仁木博文(元)

 【香川】1区 小川淳也▽2区 玉木雄一郎

 【愛媛】1区 富永きよ(新)▽2区 横山博幸▽3区 白石洋一(元)▽4区 桜内文城(元)

 【高知】1区 大石宗(新)

 【福岡】1区 石井英俊(新)▽2区 稲富修二(元)▽5区 楠田大蔵(元)▽7区 はら圭介(新)▽9区 緒方林太郎▽10区 城井崇(元)▽11区 村上とものぶ(新)

 【佐賀】1区 原口一博▽2区 大串博志

 【長崎】1区 西岡秀子(新)▽2区 山口はつみ(新)▽3区 末次精一(新)▽4区 宮島大典(元)

 【熊本】1区 松野頼久

 【大分】1区 吉良州司▽3区 浦野ひでき(新)

 【宮崎】1区 道休誠一郎(元)

 【鹿児島】2区 さいとうカヨ(新)▽3区 野間健

 (比例代表)

 【東北】寺田学

(共同)


 引用元:https://www.nikkansports.com/general/news/201710020000783.html
小池知事「国政転身」に黄信号?支持率急落、転身反対72%=JX通信社 衆院選第2回情勢調査

20171002-00076439-roupeiro-000-14-view

日本記者クラブで会見した小池知事。「衆院選シフト」は都政運営にも影響しそうだ(写真:ロイター/アフロ)
20171002-00076439-roupeiro-002-14-view

この1週間で、都内での小池百合子知事の支持率が急落している。筆者が代表を務めるJX通信社が先週に引き続き9月30日(土)・10月1日(日)の両日に実施した東京都内での衆院選情勢調査で、小池百合子知事を「強く支持する」「どちらかと言えば支持する」と答えた有権者は先週から10ポイント減って48%となった。
20171002-00076439-roupeiro-003-14-view

前回から今回までの1週間で、小池知事の支持率は大きく変化した
知事の国政転身は「ハイリスクなギャンブル」か
また、取りざたされている小池知事の辞職と国政転身については、72%が「どちらかと言えば反対する」または「大いに反対する」と答えた。「大いに賛成する」「どちらかと言えば賛成する」と答えた有権者は21%にとどまっている。
20171002-00076439-roupeiro-004-14-view

小池氏の国政転身が取りざたされていることを受けた「知事を辞職して、衆院選に出馬する決断をした場合、賛成しますか?」という質問への回答

中でも「大いに反対する」と答えた有権者は全体の46%に上っており、半数近い有権者が知事の国政転身に強く反対している実態が明らかになった。元々小池知事を支持しない層が反対するのはともかく、知事を支持する層の内訳で見ても、最多は「どちらかと言えば(転身に)反対する」とした回答になっていることがポイントだ。

現在開かれている都議会9月定例会は10月5日(木)に閉会し、衆院選は10月10日(火)に公示されるため、小池知事が衆院選に出馬する場合にはこの5日から10日の間に辞職するとの見方が多い。しかし、今回の調査結果は、もし小池知事が実際に国政に転身する道を選べば、都内での高い支持を危うくしかねない大きなリスクを負っていることを示している。知事の支持層の多くは「どちらかと言えば支持する」と回答しており、かつて大阪市の橋下前市長が述べたところの「ふわっとした民意」によって支えられている。つまり、知事の支持基盤は東京都内でも盤石ではないのだ。ちなみに、同じ期間に安倍政権の都内での支持率も前回の46%から今回の40%へと6ポイントの下落となっている。複数の報道機関から全国世論調査の結果が発表されているが、この下落傾向はそれらとも整合する。

一方で、衆院選の比例東京ブロックでどの政党に投票したいかを問うた質問では、小池知事率いる希望の党を選んだ有権者が29%に上り、第1党に躍り出ている。自民党が28%と僅差ながら2位となり、共産党(10%)、公明党(5%)と続いている。なお、本項目については一連の政治状況や選挙構図の変化を考慮し、今回から設問とその回答方式を変更した。具体的には、前回調査で行っていた未定・不明回答者への重ね聞き方式を今回から外す変更を行ったことに加えて、投票意向を比例区に絞って聞いている。従って、前回と今回とで投票意向先の数値に関しての連続性は無いことに留意されたい。
20171002-00076439-roupeiro-001-14-view

上記の通り、前回調査とは設問形式を大きく変更したため連続性は無いことに留意されたい
都政運営に影響?公明支持層が「野党化」
国政で支持する政党を聞いた設問では「支持する政党はない」とした無党派が39%で最多となり、自民党が27%、そして希望の党が16%と続いている。投票意向先や安倍政権の支持層別の数字と照らし合わせると、希望の党に投票するとした層が主に無党派や安倍政権不支持の層に支えられて「受け皿」になりつつあることが分かる。一方、知事が「反政権」「保守」の色を前面に出し始めたことや、公明党が希望の党との対決姿勢を明確にしたことにより、自民・共産・公明3党の支持層では小池知事を支持しないとする回答が大きく上回るようになった。知事の支持率下落はこうした変化の積み重ねが表出した結果であり、言い換えれば知事の「衆院選シフト」の結果だ。
20171002-00076439-roupeiro-005-14-view

前回は8割以上あった公明支持層の中での小池知事支持率が、今回は3割台に急落
特に公明党支持層はその傾向が強い。先週の調査では8割以上が知事を支持していたにも関わらず、今回の調査では3割台に急落している。7月の都議選では「知事与党」を前面に打ち出して都民ファーストの会と連携した公明党だけに、支持層の「野党化」とも言える態度変化が目立つ格好だ。小池知事がそのまま続投したとしても、この変化が今後の都政や都議会の運営に影響を及ぼす可能性は大きそうだ。

こうした「激動」ともいえる一連の動きを受けてか、今回の衆院選に大いに関心があるとした有権者は、前週の55%から12ポイント上昇して67%となった。投票率の上昇にもつながりそうだ。

JX通信社では、昨年の東京都知事選や今年の東京都議選を通じて、都内の有権者を対象に十数回に渡る情勢調査を実施し、情勢分析や選挙結果の予測を発信してきた。今回の総選挙でも東京都内を中心に継続的に情勢調査を実施し、本稿を通じてその結果を発表していく予定だ。


 引用元:https://news.yahoo.co.jp/byline/yoneshigekatsuhiro/20171002-00076439/

小池新党は「希望の党」 / なんと日ころ中山代表も合流へ youtube動画
希望の党・小池代表 入党条件は憲法・安保

20170927-00000086-asahi-000-view
野党第一党の「民進党」と小池都知事が立ち上げた「希望の党」が、事実上の合流に向けて最終調整を行うなか、27日午後10時すぎ、希望の党の小池代表が“入党の条件”について次のように述べた。

 希望の党代表・小池都知事「極めてリアルな安全保障政策についてこれるかどうかということだと思います」

 Q:民進党でも旧社会党系とかは一緒にできない? 希望するかどうかもわからないが。

 希望の党代表・小池都知事「そういう方はそもそも来られないのではないでしょうか」


 引用元:https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170928/k00/00e/010/251000c

「民進党」が「希望の党」に合流で最終調整 youtube動画
「民進党」が「希望の党」に合流で最終調整

d89b71635c4804c808bdc1af0d114a6a_489

衆議院選挙に向けて大きな動き。民進党と希望の党が事実上の合流に向けて最終調整に入っていることが分かった。

 総選挙で与党に対抗して政権交代を目指すため、民進党と希望の党が合流する方向となった。民進党の前原代表と希望の党の小池代表は26日夜、極秘に会談し両党が合流する可能性について協議した。その結果、両党は事実上、合流する方向で最終調整に入った。関係者によると、小池代表が党のトップに就任する方向だという。またその場合、小池代表が都知事を辞任して自ら衆議院選挙に出馬するとの見方が出ている。

 一方、小池代表は党と党の合併には否定的で合流に向けて具体的にどのような方法をとるのか、また、どういう政策を掲げるのかなど詰めの調整が続いている。

 政策面では消費税率の引き上げの是非や憲法改正の考え方などについて両党の主張には溝がある。また民進党内に小池代表の政治手法を懸念する声もある。しかし、ある民進党議員は「安倍政権を倒すためという一点で合流にさほど異論は出ないだろう」と話している。


 引用元:http://www.news24.jp/articles/2017/09/27/04373671.html
小池知事「日本をリセットする」 衆院選の立候補は否定

AS20170927001170_comm

会見する「希望の党」代表の小池百合子氏=27日午前9時41分、東京都新宿区、柴田悠貴撮影

東京都の小池百合子知事が代表を務める新党「希望の党」の設立会見が27日午前、都内のホテルであった。小池氏は冒頭、「しがらみのない政治、大胆な改革を築く新しい政治。日本をリセットするために希望の党を立ち上げます」と宣言した。

小池氏は「日本にはありとあらゆるものがあるが、希望が足りない。みんなが不安を抱くからこそ、しがらみのない政治をつくりあげることで、希望を届けていく」と語った。新党の立場について、「改革するベースにあるのは保守の精神。寛容な、改革の精神に燃えた保守だ」とも述べた。

 その後の質疑で、自身が衆院選へ立候補する可能性を問われた小池氏は「しっかりと都知事としての役割を果たし、これからも2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた準備を都知事としてしたい。あくまでも都知事として、希望の党の代表としてこの戦いに臨んでいく」と述べた。

 会見には、自民党や民進党を離党するなどした現職の国会議員14人が新党初期メンバーとして参加した。6項目からなる綱領を発表し、「寛容な改革保守政党を目指す」「情報公開を徹底」「税金の有効活用(ワイズ・スペンディング)の徹底」などとした。

■「希望の党」の結党会見に出席した国会議員

(敬称略、丸数字は当選回数、政党は7月の東京都議選時点)

【衆院】

細野豪志(静岡5区⑥)=民進

笠浩史(神奈川9区⑤)=民進

後藤祐一(神奈川16区③)=民進

若狭勝(東京10区②)=無所属

野間健(鹿児島3区②)=無所属

松原仁(比例東京⑥)=民進

長島昭久(比例東京⑤)=無所属

福田峰之(比例南関東③)=自民

鈴木義弘(比例北関東②)=民進

木内孝胤(比例東京②)=民進

横山博幸(比例四国①)=民進

【参院】

行田邦子(埼玉②)=無所属

松沢成文(神奈川①)=無所属

中山恭子(比例②)=日本のこころ


 引用元:http://www.asahi.com/articles/ASK9W363VK9WUTFK002.html
【追記あり】12年前に総務省が制作した短編映像「希望の党」が発掘され、その予見性が話題に

top
これはとんでもない未来予知かもしれません。詳細は以下から。

本日爆誕した小池百合子都知事が代表を務める新党「希望の党」。なんと12年前の2005年に総務省と明るい選挙推進協会が制作した「希望の党」を紹介する動画が発掘されて大きな話題となっています。

監督は「ガメラ」シリーズや「就職戦線異状なし」、「デスノート」などで知られる金子修介さん。主演には渋谷飛鳥さんと木下ほうかさんというキャストで、20分間の短編作品です。

あらすじとしては2005年当時らしく「誰に投票しても変わらない」と考えて選挙に行かない夫婦と、熱心に翌日の選挙に行くように勧める娘といういかにも「選挙に行こうキャンペーン作品」らしい出だし。

しかしその選挙が終わると政権を取るのが耳慣れない「希望の党」という政党で、徐々にこれまでの終わりなき日常が変わっていき、ついに…というディストピア展開。そして万を持して楳図かずおが登場し、想像を超える超展開へとなだれ込みます。

作品は金子監督が自らのYouTubeチャンネルにアップしており、前後編で閲覧が可能。

「希望の党」前編 ? YouTube

「希望の党」後編 ? YouTube

選挙に無関心なダメな大人と国の未来を考える真面目な子供、そしてそうした真面目さを易々と汲み上げて権力を奪取するポピュリズムとファシズム。その止められない暴走の末路など、まさしく2017年現在の日本の社会状況の危険性を浮き彫りにしてます。

この政党に「希望の党」という明るく分かりやすい名前を付けた金子監督。小池都知事の「希望の党」の行く末をどこまで予見しているのでしょうか?

【9月27日13:40追記】
小池新党「希望の党」の公式PR動画が公開されたので追記します。上記作品と呼応するかのような内容、緑のイメージカラーなど、コラボレーションが疑われるレベルで共通点を感じられるものになっています。

【公式】希望の党 ? YouTube

なお、「希望の党」の設立を公表した翌日という早すぎるタイミングで公開されたことから、「希望の党」の旗揚げが十分に時間を持って計画されていたことは間違いありません。実際に「希望の党」という名称は2017年2月の段階で商標登録の出願を小池都知事本人が行っています。


 引用元:http://buzzap.jp/news/20170925-kibou-no-tou/
新党結成の小池知事、国民の希望のために「アウフヘーベン」→「意味は辞書で調べて」

聞き慣れない単語に、ネット上はざわついた。

東京都の小池百合子知事は9月25日午後、新党「希望の党」を立ち上げ、自ら代表に就任すると明らかにした。

知事には引き続きとどまる方針で、情報公開や女性活躍、「しがらみのない政治」などを政策として訴えていく。国政への関与は「都政にとってもプラス」という。
sub-buzz-20604-1506322437-1

時事通信
小池知事は25日の会見で、安倍晋三首相の判断による衆議院解散をこう批判した。

「今回は大義なき解散総選挙。世論調査を見ても多くの国民の方が疑問に思っている。ましてや北朝鮮情勢が緊迫している中での総選挙がふさわしいのか、ということはかなりのクエスチョンマーク。国家の危機管理上、疑問に思います」

そのうえで、「いままでの議論をアウフヘーベンし、国民が希望の持てる政策を投げるべき」という持論を展開した。

「これからは、考えられないことを考えられることが必要です。禅の高僧道元やハーマン・カーン(*米国の未来学者)も言っている。これまで新しい党をつくるにおいて議論して積み重ねてきた論議だけではなく、もっと国民は違うことを求めている」

「ここでアウフヘーベンを使うと何かを思い出すかもしれないが、国民のニーズというのは、メディアが引いたレールの延長線上にはない。もっと大きな夢をみんな描きたいと思っていて、それが憲法9条3項の議論などではない。もっと明るく、そして希望を持てるような政策のボールを投げるということが必要だ」

会見終盤でも…

この「アウフヘーベン」は9月25日の会見終盤にも、再び飛び出した。

そもそも新党結成は自民党を離党した若狭勝氏や、民進党を離党した細野豪志氏が準備していたものだが、小池知事はこれを「リセットして、私自身が絡んで立ち上げていく。まったく新しい政党として結党宣言したい」と述べていた。

これについて、記者は「若狭さんや細野さんらの準備を進めていることが、まったくプッツンと切れてしまうのか、小池さんがこれから国会議員と連携を取って行くのか」と、これまでの準備との継続性や連携があるのか、と問うた。

小池知事の答えはこうだ。

「これはプッツンするものではございません。アウフヘーベンするものでありまして、内容は辞書で調べてください」

「これまでの積み重ねがございまして、ここでもう一回ジャンプということになります。非常に細かい部分も詰めていただいているが、むしろ一回大きく広げていく必要があるなと感じた次第です」

アウフヘーベン…?

小池知事の口から飛び出した聞き慣れない単語に、Twitter上では「わからないよ」「また出た」「便利な言葉だ」「何回聞いても意味分からない単語」などの指摘や疑問が相次いで投稿された。混乱した人は少なくなかったようだ。

広辞苑を引いてみると「止揚。揚棄。ヘーゲル哲学(弁証法の用語)」と記されているのみのこの単語、アウフヘーベン(Aufheben)。

矛盾・対立する2つの概念を、その状態を保ちながら、より高い次元段階で統合、発展させることを指す、弁証法の哲学用語(ドイツ語)だ。

小池知事はこれまでも会見でこの用語をよく使っている。たとえば2017年6月、築地市場の豊洲移転問題に関する会見。二つの市場に関する議論を「アウフヘーベン」する必要がある、という持論だった。

「アウフヘーベン」というのは、一旦立ち止まって、そして、より上の次元にという、日本語で「止揚」という言葉で表現されますが、これまで安全、安心、法的、科学的、さまざまなチェックが行われてきました。
そういったことを全部含めて、どう判断するかという、そのための「アウフヘーベン」が必要だということを申し上げた。
横文字を多用する意味
sub-buzz-13658-1506322256-1

Jun Tsuboike / BuzzFeed
これまでも「ワイズ・スペンディング」「サスティナブル」「ガバナンス」などの横文字を多用してきた小池知事。

7月の都議選でBuzzFeed Newsの取材に応じた際には、その理由について「横文字になるのは日本にそのコンセプトがないからだと思いますね」と語っている。

また、記者が「横文字を多用すると有権者にその意味が伝わらないのでは」と指摘すると、「そこは一つ一つ伝えていく」と答えた。

「まあワイドショーが解説してくれていますから。それに、この意味は何かと調べることに、効果があるじゃないですか。知らない人がその言葉を知るようになる」

ちなみにこの取材時、小池知事はアウフヘーベンについてこう解説している。

「アウフヘーベンはアウフヘーベンでしょう」

小池知事が講演を聴き、政治家として感銘を受けたマーガレット・サッチャー元英首相は、かつてこう語ったという。

「平易な言葉で語ることは、政府にとって不可欠な道具だと言っても過言ではない」


 引用元:https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/aufheben-means-aufheben2?utm_term=.beWlojlmq#.eworEgrk6
止揚とは(Wikipedia)

aufheben3

止揚(しよう、独: aufheben、アウフヘーベン)は、ドイツの哲学者であるヘーゲルが弁証法の中で提唱した概念。揚棄(ようき)ともいう。

解説
ドイツ語の aufheben には、廃棄する・否定するという意味と保存する・高めるという二様の意味があり、ヘーゲルはこの言葉を用いて弁証法的発展を説明した。つまり、古いものが否定されて新しいものが現れる際、古いものが全面的に捨て去られるのでなく、古いものが持っている内容のうち積極的な要素が新しく高い段階として保持される。
このように、弁証法では、否定を発展の契機としてとらえており、のちに弁証法的唯物論が登場すると、「否定の否定の法則」あるいは「らせん的発展」として自然や社会・思考の発展の過程で広く作用していると唱えられるようになった。
国語辞典などでは、違った考え方を持ち寄って議論を行い、そこからそれまでの考え方とは異なる新しい考え方を統合させてゆくこと、という説明がなされることがある。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A2%E6%8F%9A

【速報】小池百合子都知事が「希望の党」結党宣言!国政に関与へ youtube動画
小池知事 国政新党「希望の党」代表に

AS20170925002641_commL

新党の名前を発表する東京都の小池百合子知事=都庁で2017年9月25日午後2時31分、西本勝撮影

東京都の小池百合子知事は25日、臨時記者会見を開き、知事職にとどまったまま、自らが中心となって国政新党「希望の党」を設立すると発表し、新党の代表に就任する考えを示した。

 小池氏は「(新党は)私自身が立ち上げる。国政に直接、絡んでいきたい。都政はしっかりと行う。都政に磨きを掛ける上で、(国政に関与することは)都政にとってもプラス」と述べた。【円谷美晶】


 引用元:https://mainichi.jp/articles/20170925/k00/00e/010/248000c
日本のこころ・中山恭子代表が「小池新党」参加へ 夫の中山成彬元文科相も

plt17092414190007-p1

 日本のこころの中山恭子代表(77)=参院比例代表=が、小池百合子東京都知事の側近らが結成する国政新党に参加する意向を周辺に伝えていたことが24日、分かった。中山氏は同日午後、東京都内で小池氏と会談する。

 関係者によると、中山氏の夫の中山成彬元文部科学相も新党に加わり、10月の衆院選に出馬する意思を示している。


 引用元:http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/170924/plt17092414190007-n1.html
小池百合子とは(Wikipedia)

小池 百合子(こいけ ゆりこ、1952年〈昭和27年〉7月15日 ‐ )は、日本の政治家。東京都知事(第20代)。地域政党「都民ファーストの会」特別顧問。
アラビア語通訳者[4]、ニュースキャスター[4][5]を経て、1992年に政界へ転身した。
テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』キャスター(初代)[4]、参議院議員(1期)、衆議院議員(8期)、総務政務次官(細川内閣)、経済企画総括政務次官(小渕第2次改造内閣・第1次森内閣・第2次森内閣)、環境大臣(第5・6・7代)、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)、防衛大臣(第2代)、自由民主党広報本部長、自由民主党総務会長(第49代)、自由民主党国際人材議員連盟会長、都民ファーストの会代表などを歴任した。

来歴
生い立ち
兵庫県芦屋市生まれ。芦屋市立岩園小学校、甲南女子中学校を経て、甲南女子高等学校卒業。在学中は、テニス部・ソフトボール部、E.S.Sに所属。高校在学中、神戸市で貿易商を営んでいた実父が石原慎太郎による将来的な新党結成を見据えた「日本の新しい世代の会」の推薦を受けて、1969年12月に実施された第32回衆議院議員総選挙に旧兵庫2区から無所属で立候補したが落選している[6]。実母は赤穂(赤穂市)の塩田地主であった小川家の出身。
生年月日1952年7月15日(65歳)
出生地日本の旗 日本 兵庫県芦屋市
出身校関西学院大学社会学部中退
カイロ大学文学部社会学科卒業[1][2]
前職ニュースキャスター
アラビア語通訳
所属政党日本新党→)
新進党→)
自由党→)
保守党→)
(保守クラブ→)
自由民主党細田派→無派閥)→)
都民ファーストの会
称号社会学士(カイロ大学・1976年
公式サイト小池百合子オフィシャルサイト

東京都の旗 第20代 東京都知事
当選回数1回
在任期間2016年8月2日[3] - 現職

日本の旗 第2代 防衛大臣
内閣第1次安倍内閣
在任期間2007年7月4日 - 2007年8月27日

内閣第2次小泉改造内閣
第3次小泉内閣
第3次小泉改造内閣
在任期間2004年9月27日 - 2006年9月26日

日本の旗 第5-7代 環境大臣
内閣第1次小泉第2次改造内閣
第2次小泉内閣
第2次小泉改造内閣
第3次小泉内閣
第3次小泉改造内閣
在任期間2003年9月22日 - 2006年9月26日

選挙区旧兵庫2区→)
兵庫6区→)
比例近畿ブロック→)
東京10区→)
比例東京ブロック→)
東京10区
当選回数8回
在任期間1993年7月19日 - 2016年7月14日

その他の職歴
日本の旗 参議院議員
1992年7月26日 - 1993年7月4日)


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B1%A0%E7%99%BE%E5%90%88%E5%AD%90
希望の党とは(Wikipedia)

6
希望の党(きぼうのとう)は、日本の政党。

概説
東京都知事・小池百合子が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」が国政進出する形で、小池の側近である衆議院議員・若狭勝が中心となって発足。

党史
前史
2016年7月31日の東京都知事選挙で、自由民主党衆議院議員であった小池百合子は自民党の推薦を得ずに立候補し当選。その後2016年9月20日には、地域政党「都民ファーストの会」を結成する[1]。10月30日には、小池主宰の政治塾「希望の塾」が開塾した[2]。
2017年7月2日の東京都議会議員選挙で、都民ファーストの会は都議会第1党の座を自民党から奪取した[3]。若狭勝は自民党衆議院議員でありながら、都知事選挙では小池を、都議会議員選挙(離党届提出後、未受理)においては都民ファーストの会を支援していた。
翌7月3日、自民党党紀委員会において、小池(6月1日提出)、若狭(5月31日提出)、保坂三蔵の離党届が受理された[4]。
若狭が、自身が代表の政治団体「日本ファーストの会(にっぽんファーストのかい)」を7月13日に設立したことを発表。日本ファーストの会は、9月16日開講の新たな政治塾「輝照塾(きしょうじゅく)」の運営を行うが、日本ファーストの会を足掛かりとして、若狭が旗振り役となり国政政党結成を目指した[5]。

結党
若狭は国政政党を作るにあたり、民進党を離党した長島昭久衆議院議員、細野豪志衆議院議員をはじめ、日本維新の会を除名された渡辺喜美参議院議員など複数の他党出身国会議員に参加を打診[6]。
9月25日に小池が記者会見を開催し、国政新党の結成ならびに党名「希望の党」を発表[7]、自身が党首に就任する。党名は「希望の塾」から引用した[8]。
参加議員は、若狭、細野が会長だった民進党の派閥「自誓会(細野派)」に所属していた後藤祐一、笠浩史議員[9]、同前民進党所属の鈴木義弘、木内孝胤の他、自民党所属で現職の副大臣だった福田峰之[10]、民進党を離党した松原仁[11]、日本のこころの中山恭子代表とその夫・中山成彬、無所属議員の行田邦子も参加の意思を示している。[12]
第48回衆議院議員総選挙には、輝照塾の塾生などの新人候補も擁立予定。

政策
憲法改正を行っての一院制、情報公開によるしがらみ政治からの脱却、ワイズスペンディング(賢い支出)、現実的な外交・安全保障政策を予定。
希望の政治
1しがらみのない政治
2議員定数・議員報酬の縮減
3行政改革・徹底した情報公開
4真の地方分権の確立
希望の社会
1女性政策など、ダイバーシティ政策の確立
2多様な教育(奨学金、高度研究、生涯教育)
希望の経済
1消費税対応、実感できる景気回復の実現
2ポストアベノミクスのかわる成長戦略 不動産の有効活用 AI 金融
希望を守る環境・エネルギー
1原発ゼロとゼロエミッション社会への行程作成
2フードロス対策など
憲法改正
希望溢れる日本の礎
日本の旗 日本の政党
希望の党
代表小池百合子
成立年月日2017年
本部所在地東京都
衆議院議席数
参議院議席数



 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E3%81%AE%E5%85%9A
民進党とは(Wikipedia)

img_cd94f22a2767e8e89ffbe19ed0c3c823300995

民進党(みんしんとう、英: The Democratic Party)は、日本の政党。略称は民進、DP。
衆議院と参議院で自由民主党に次ぐ第2会派を形成し、所属国会議員数では野党第1党である。

民主党と維新の党が合流し、改革結集の会の一部議員や無所属議員なども参加して、2016年3月27日に結成された[5]。

党名
維新の党の松野頼久代表はかねてから「民主党という名前の政党に合流することはない」と述べており[6]、民主党への合流も党名変更が条件とされたため[7]、新党名決定が課題となっていた。この点、当初は「立憲民主党」や「日本民主進歩党」、「民主党立憲同盟」、「国民党」、「憲政党」などが候補に浮上していると報道された[8][9]。また、維新の党の江田憲司前代表は「『みんなの党』や『結いの党』のようなキラキラネームではなく、政治理念や政治信条を化体した本格的な名前にしていかなければならない」と述べた[10][注 1]。
代表岡田克也
代表代行江田憲司
長妻昭
蓮舫
幹事長枝野幸男
参院議員会長郡司彰
成立年月日2016年3月27日
前身政党民主党
維新の党
改革結集の会(一部)
本部所在地〒100-0014
東京都千代田区永田町
一丁目11番1号三宅坂ビル
北緯35度40分44.2秒東経139度44分34.7秒
衆議院議席数
95 / 475   (20%)
(2016年4月12日現在)
参議院議席数
60 / 242   (25%)
(2016年3月27日現在)
都道府県議数
386 / 2,733   (14%)
(2014年12月31日現在[1]
政治的思想・立場中道派[2]
近代立憲主義[3]
社会自由主義[3]
共生主義[3]
平和主義[3]
政党交付金
97億4388万 円
(2016年4月1日決定[4]


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E9%80%B2%E5%85%9A
民進党認証済みアカウント@MinshintoNews

nc1secF0_400x400

民進党の公式アカウントです。民進党の活動、政策や主張、最新ニュースなどをお知らせします。

東京都千代田区永田町
minshin.or.jp
2016年3月に登録


 引用元:https://twitter.com/minshintonews
安保法案とは、そもそも何? わかりやすく解説【今さら聞けない】

o-TANKS-570

陸上自衛隊の演習で行進する74式戦車

安全保障関連法案(安保法案)が7月16日、衆院本会議で可決された。安保法案とはそもそもどんな法案で、どんな指摘が出ているのか、まとめた。

■どんな法律なのか?

法案は、新しくつくられる「国際平和支援法案」と、自衛隊法改正案など10の法律の改正案を一つにまとめた「平和安全法制整備法案」からなる。

集団的自衛権を認める
自衛隊の活動範囲や、使用できる武器を拡大する
有事の際に自衛隊を派遣するまでの国会議論の時間を短縮する
在外邦人救出や米艦防護を可能になる
武器使用基準を緩和
上官に反抗した場合の処罰規定を追加
などが盛り込まれた。歴代内閣が否定してきた集団的自衛権の行使容認には「合憲性を基礎づけようとする論理が破綻している」(長谷部恭男・早稲田大学教授)など、法学者らから疑問の声も強い。
original

内閣府資料をもとにHuffPost Japan作成

■そもそもなぜ必要とされたのか?

「日本を取り巻く安全保障環境が変化し、一層厳しさを増したため」と安倍首相は説明する。国内外から、「中国の脅威に備えないと、とんでもないことになる」という指摘も出ていた。

また、1991年の湾岸戦争で、日本はアメリカなどに約130億ドルの財政支援をしながらも、自衛隊を派遣しなかったことが評価されなかったことも契機となった。以後、日本はアメリカなどの求めに応じる形で、国連の平和維持活動(PKO、1992年~)を皮切りに、イラクへの人道支援(2003年~)など、自衛隊の海外派遣を徐々に拡大してきた。外務省の中には「外交のツールとして自衛隊を使いたい」という悲願もあるとされ、2014年に歴代内閣の憲法解釈を変更する形で、これまで禁じてきた集団的自衛権の行使を容認。2015年にアメリカを訪問した安倍晋三首相は、オバマ大統領に、関連法案の夏までの成立を約束した。

一方で、アメリカの圧力を指摘する見方もある。アメリカ在住のジャーナリスト・冷泉彰彦は、アメリカ情勢について次のように分析している。

アメリカにとっては、東アジアの戦力バランスあるいは世界における反テロ戦争に関して、日本がより「負担」をしてくれる分だけ、アメリカとしては負担が軽減されるからです。
 
負担が軽減されて助かるとか、カネが浮くと言うよりも、政治情勢や経済情勢の変化の中で「日本は負担が少な過ぎるからタダ乗りだ」とか「日本はカネだけ出して、血を流すのは我々なのか」といった「日本切り捨て論」を防止する効果があるのと、何よりも「日本に要求を受け入れさせることができた」という「成果」をオバマ政権が議会や世論にアピールすることができる、そうしたアメリカの内政上の問題が背景にあると思います。
 
(ニューズウィーク日本版:「新安保法制」の問題点とは何かより 2015/03/26 12:14)
■複雑すぎる「事態」

法案では、自衛隊の派遣が可能となる6つの事態を想定。事態の内容によって自衛隊が活動できる内容や、国会承認手続きの必要性などが盛り込まれた。

original (1)

内閣府資料をもとにHuffPost Japan作成

例えば、「存立危機事態」では集団的自衛権の行使が可能となり、自衛隊の武力行使も認められる。原則として事前の国会承認が原則だが、事後の承認も例外的に認められるとされた。

一方で、国際社会の平和と安全を脅かすような「国際平和共同対処事態」では武力の行使は認められず、国会の事前承認も例外なく必要となる。

■「存立危機事態」の定義が曖昧

自衛隊が集団的自衛権で武力を行使できる「存立危機事態」は次のように定義されている。

「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険があること」

(内閣府「平和安全法制等の整備について資料」より 2015/05/14)
安倍首相らは「政府が総合的に判断して認定する」としているが、民主党などは定義や認定方法が「極めて曖昧」と主張する。岡田克也・民主党代表は、「存立危機事態は、非常に抽象的。時の政府が勝手に存立危機事態を認定して、自衛隊を送り出し、武力行使するということになりかねない」と指摘。「当然、反撃も来るわけですし、国民の暮らし、命がかかっている大きな政治の決断。それが(国民が政府に)白紙委任しているような形になり、民主国家としては許されない」と批判した。

一方で維新の党は、この存立危機事態を「武力攻撃危機事態」に変えた修正案を提出した。「条約に基づきわが国周辺の地域においてわが国の防衛のために活動している外国の軍隊に対する武力攻撃が発生し、これによりわが国に対する外部からの武力攻撃が発生する明白な危険があると認められるに至った事態」と定義。個別自衛権によって対応するとした内容だっが、自公両党は維新の修正案に賛同しなかった。

■「後方支援」は「人道支援」とどう違う?

武力行使が認められない「国際平和共同対処事態」や「重要影響事態」などで、自衛隊の活動をどこまで認めるのかも焦点だ。

後方支援には「武器の提供は含まない」とされているが、弾薬の提供や武器・他国の兵士の輸送は認めており、防衛庁長官や自民党副総裁などを歴任した山崎拓・元衆院議員は、後方支援中の部隊が襲われる可能性が高いとして、自衛隊の後方支援自体に反対している。

正面と後方は一体、つまり後方とは兵站ですから。今まで自衛隊は、例えばサマワなら近くのアメリカ軍に守ってもらう約束もあった。今度は兵站基地の部隊は自分たちで守らなければならない。そのための装備も持っていきますよね。かなり重装備になりますよ。PKOとはわけが違う。正面と後方は一体だから、敵軍は必ず、兵站基地である後方を襲います。すると自衛隊は防戦します。武器を使用すれば反撃がある。反撃があればまた撃ち返す。そうなれば武力行使になる。武力行使になれば戦闘行為になる。戦闘行為になれば、それは戦争に巻き込まれるということになる。そこで死傷者が出ないなんてまず考えにくいですね。だから、リスクが高まることは間違いない。イラクの経験はいくつか他にもあるんですけれども、自衛隊を後方支援活動に出すこと自体に私は反対です。
 
(安保法制で「リスクは間違いなく高まる」 背景にある真の狙いとは? 山崎拓vs.岡田克也対談より 2015/06/15 21:58)
■今後の予定は?

法案は、110時間以上の国会審議が行われた。しかし、NHK・朝日・読売・産経・毎日・日経などの大手メディアが行った世論調査で「賛成」が「反対」を上回ったものはなかった。

法案は参院に送られ、審議される予定。会期末は9月27日だが、仮に参院本会議で議決されなくても60日たてば衆院で再議決できる「60日ルール」の適用も視野に入れていると見られる。しかし、適用すれば「参院不要論」につながりかねないため、与党側はルールを適用せずに成立を目指す考えだ。民主党など野党は徹底抗戦を主張しており、採決までの道のりは予断を許さない。

》関連記事:【安保法案】集団的自衛権、憲法制定時からこんなに変わった
o-JAPANSECURITYBILLS-570


 引用元:http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/15/security-law-wakariyasuku_n_7806570.html



■以下、Twitter民の反応(記事内に画像・動画等あり)■



【志位和夫】希望の党が公認の「踏み絵」とした「政策協定書」。いろいろ驚くことが多いけれど、特に驚いたのは「希望の党の公約を遵守すること」とある。
まだ総選挙の公約を発表していないのに、その「遵守」を迫るとは一体どういうことか。文字通りの白紙委任状に署名をせよというものではないか。

②希望の党が候補者に署名を求めた政策協定書では「憲法改正論議を幅広く進める」などの政策項目のほか「党に資金提供をする」との一文も目を引く。

@anonymous201504 早くもガバガバ状態ですね希望の党の事務局は。署名と公認は関係ないってこれじゃ何のための署名なのかわかりませんね。

@anonymous201504 >希望の党公認候補・秋田1区の松浦大悟、
>昨年の参院選では共産・社民の統一候補で「戦争法廃止」政策協定に署名。
>SEALDsとも共闘

なんで日本の政治家が韓国人(SEALDs)と共闘してんだよ!

@anonymous201504 署名してねー奴が公認されてたって、希望の党の事務局はどうなってんだよ。こんなのだからどうしようもねー民進のガラクタが希望の党に入るんだよ。
こりゃ希望の党は選挙後に確実に乗っ取られるな、第2民進党の出来上がりだ。

いかに安倍自民を倒すためとはいえ、今までの主義・主張を捨てさせ、とんでもない白紙委任状である政策協定書に署名させた希望の党と共闘する自由党を、今回は応援できない。

希望の党公認、早くも脱落者 長野1区・篠原孝氏が無所属出馬へ
篠原氏は希望の党が3日に発表した第1次公認候補に含まれていたが、安全保障法制の適切な運用、憲法改正支持などを盛り込んだ政策協定書に署名していなかったという。

@miyake_yukiko35 白紙委任状に署名を迫る希望の党はもちろんひどいが、それに署名する候補者はもっとひどいと思う。立候補に当たってどんな公約でもそれに同意するということは「議員になるためなら何でも良い」という意思表示だろう。

希望の党は政策協定書に署名していないのに公認してるんだな。早くも公認候補が離反。

「希望の党」が公認の「踏み絵」とした「政策協定書」。いろいろ驚くことが多いけれど、とくに驚いたのは「希望の党の公約を遵守すること」とある。まだ総選挙の公約を発表していないのに、その「遵守」を迫るとは一体どういうことか。文字通りの白紙委任状に署名をせよというものではないか。

「希望の党の誓約書に署名しなかったのに公認候補に選ばれた」これだけでも???だが、「だから公認を拒否して無所属で出馬する」最低限、候補者の意思ぐらい確認してほしいな。

希望の党の小池百合子代表は「寛容な保守」「ダイバーシティー(多様性)社会」を掲げている。その一方、民進党からの入党希望者には、外国人への地方参政権の付与に反対する「政策協定書」への署名を義務づけた(毎日) しかも排除の理論(笑) #kokkai #国会 コイケに矜持ナシ。

希望の党公認、早くも脱落者 長野1区・篠原孝氏が無所属出馬へ。 篠原氏は第1次公認候補に含まれていたが、安全保障法制、憲法改正支持などを盛り込んだ政策協定書に署名していなかった。

希望の党は衆院選の公認に当たり、十項目の「政策協定書」への署名を条件とした。合流する民進党出身者に「踏み絵」を迫り、党への資金提供も約束させている。これは、党内不一致を避けるためというより、小池百合子氏への服従を誓わせ、小池氏がただ自分の思い通りにしたがっているだけという感じだ。

#政策協定書 になんか署名しても、守る気なんか更々ないでしょ
公認得て当選さえすれば、フリーハンドだと思っている
希望の党の党議拘束に違反したって、ペナルティなんかない
#立憲民主党 に帰るだけ

希望の党が民進からの入党希望者に、
外国人への参政権付与に反対する「政策協定書」への署名を義務づけ。
素晴らしい事だ!
日本は日本人が治めるべき。
外国人にも配慮した、地方政治を行うことで解決すれば良い。

>希望の党の小池百合子代表は、民進党からの入党希望者には、外国人への地方参政権の付与に反対する「政策協定書」への署名を義務づけた

ぶははははwww

政策協定書の存在は既に報道されており、「署名していない」という発言は分かるが、「見ていない」で公認が下りるということになると、後々希望の党、立候補予定者双方にとって問題になるのではないか。希望の党の公認名簿はいろいろと問題が含まれているような気がする。それぞれ大変であろうが。

大賛成!!希望の党・・・外国人参政権反対・・・民進党からの入党希望者に、「政策協定書」署名を義務つけた。
  民進党から変な思想(反日思想)の人が入るのはお断り!!

希望の党の例の「制作協定書」、署名して振り込んで候補者として党から公認されてないとか、それ詐欺じゃないの?

@kimuratomo 希望の党は衆院選の公認に当たり、10項目の「政策協定書」への署名を条件にした。小池氏が強調する「2030年までの原発ゼロ」は協定書にはない。
〇僕の考えでは「原発ゼロ」で無党派層を取り込めると見たからだろう… twitter.com/i/web/status/9…

数が欲しくて受け入れたい方と、当選したくて受け入れて欲しい方が、きちんと皆考え方が同じですってアピールするだけの紙切れだわね。署名して提出したら本心なんてどーでもいい。希望の党が欲しいのは人数とお金、民進党議員は当選の赤いバラ。……誓約書のあるなしで、いつもと同じ。

希望の党公認リスト。発足時の後藤に階・宮崎・福島・玉木・大西等々ポンコツが勢揃い!!憲法が・・・安保法制が・・・とプラカード持って叫んでいた連中がどの面下げて署名したのか小池氏得意の情報公開してほしい!!!

希望の党1次公認者の中には、公認申請も政策協定書への署名もしていない人がいるらしい。いきなり公認リストに挙げられて、委託金300万円と党への寄付金100万円の計400万円を振り込むようなFAXが来たと憤慨しているとのこと。振り込め詐欺だ。

選挙の構図「憲法9条を変え、安保法制容認勢力」対「9条守り、安保法制廃止の共闘勢力」の対決。希望の党公認を得るための協定書「現行安全保障法制は適切に運用。憲法改正を支持します」に小選挙区109人もの民進党出身者が署名したのか、と驚き。参院選政策との大違いをどう説明するのでしょう。

#虎8
去年の参院選とかで戦争法廃止協定に署名したよーなのが希望の党に公認される予定の名簿に入ってるし。

金子氏は当初、希望の党へ公認申請をする意向を示していた。しかし、希望の党が民進党側の合流希望者に署名を求めている政策協定書を読み、「歩み寄ることもできない」と判断を変えた。

@kanametajima どんな政党の名前のもと選挙されようと、応援しています。ただ、希望の党の政策協定書に署名したかについては、署名はされていないと信じています。ご本人からのお話しを待っています。

鼻をつまんで署名したってどうよwこんな踏み絵をさせる希望の党に希望あるの??

#すまたん

@kakitama それは、ずいぶん、楽観的・好意的な解釈にすぎるとおもいます。

日本人って署名した書類に縛られますし。

希望の党に希望をたくすとか

毒をもって毒を制するどこか、

毒の倍量投与になりかねませんよ。

公認、最低503万円〜‼️誓約書に署名… 主義主張を封じ込めらて選挙に立候補出来たとして 希望の党、どう報いてくれるの⁉️都政で多忙な 小池サマ 地方を巡って応援演説してくれるのか⁉️応援になる演説できる人は、誰⁉️選対部署あるの⁉️結局、孤軍奮闘⁉️詐欺だよね⁉️

@kondokazuya 「希望の党」の政策協定書に署名されたのでしょうか。10項目は今までの政治理念とかけ離れていると思います。有権者に説明を求めます。

希望の党公認リスト
あの協定書に署名したんだ・・って人がちらほら・・
京都6区の山井和則とか香川2区の玉木雄一郎
佐賀1区の原口一博もステルス作戦か
うちの選挙区にはとりあえず希望はいないみたいやね
追加公認でどうなることか・・
まぁ安倍さんに頑張っていただきたい派なのでw

偏向メディアは、希望の党が出している入党希望者に対する「政策協定書」の署名義務づけをあまり批判していない。偏向メディアが持ち上げるような党はダメであり、自民党のように批判されている党の方がましだと思っている。また民進党出身が多数を占めるとなれば、希望の党に期待しない方が良い。

@iwakamiyasumi @TkdQb3t ありがとうございます。お待ちしています。あの政策協定書に署名し、希望の党に資金を持ち込んで、公認された候補者を早めに確認しておきたい。

報道ステーションで希望の党の政策協定書なるものを見ましたが、あれって政策協定書なんですかね???代表の小池さんと立候補予定者の署名捺印がない政策協定書???政策協定書でググれば色々と出てきますけど、あんな政策協定書(まがい?w)は初めて見ました。これでは離党者も出ますわ。

おお近藤洋介くん、希望の党から出るのか。つまりあの政策協定書に署名したわけだね。なるほどなるほど

@anonymous201504 前回の参院選で共産党・社民党の統一候補として出馬し、「戦争法廃止」政策協定に署名してSEALDsとも共闘した松浦大悟を希望の党の公認にしたのですか?これ選別してないじゃないですか!これは秋田1区は… twitter.com/i/web/status/9…

稲田さんや小池さんが首相になるのも怖い、前原氏も怖いね。したたかだね。自分の野望を叶えたんだよ。騙されてない。だから無所属で立候補と決めていたんだもの。だったら、前原氏に「私は絶対に希望の党に入党しません。希望の党で首班指名を生涯受けません。」と署名捺印を~騙されていたら書けるわ

@KazuhiroSoda @peace_yoshi これに署名して、希望の党で選挙後に内部崩壊がはじまったら、民進党のDNAも引き継いだことになる。見物だ。都議会でも始まった。落選した議員は持っていく場所がない、まさに自己責任。

希望の党が署名を迫っているらしい『政策協定書』なるブラック契約書。あれ何???一般人の感覚からすれば、あんなもの絶対サインしちゃいけないやつじゃん。
希望の党からの立候補者はあれにサインした人ってことで、より濃厚に胡散臭いわ。
#希望の党 #衆院選 #小池百合子

@datsugenp 「希望の党」公認は、「政策協定書」に署名した証。
安保法制容認。
憲法改悪支持。

暇がおありでしたら、大馬鹿者の演説に行って、質問してやって下さい。

出家て。 QT @otakulawyer: 希望の党のコアメンバーの若狭勝氏は、元特捜部検事で被疑者を説得して供述調書に署名押印させることをお仕事にしていたから、「出家承諾書」にサインさせることくらいは、きっとお手の物だろう。

私の住む長野県からも民進党から希望の党に移る候補者が5人出てきた。あんなめちゃくちゃな政策協定書に署名したのか。呆れるよ。

希望の党のコアメンバーの若狭勝氏は、元特捜部検事で被疑者を説得して供述調書に署名押印させることをお仕事にしていたから、「出家承諾書」にサインさせることくらいは、きっとお手の物だろう。

@office50824963 一選挙区民として質問です。希望の党公認にあたって、報道されているような「誓約書」に署名しなければならないというのは事実でしょうか。

@RyuichiYoneyama 希望の党の方々には悪いが、こんな書類に署名しないと、党員になれないのなら、「こんな政党、無くなれば良い!」
比例区では、希望の党の支持率が高いそうだが、近くの人で、希望の党を支持する人がいたら、こ… twitter.com/i/web/status/9…

@syouizumi @yoyuu_y 民進党の中で、「希望の党」の「政策協定書」に署名する者達です。或いは、事前に小池百合子氏らの「選別」を通過した者達です。
「政策協定書」では、安保法制容認、憲法改正支持、となっており、これら… twitter.com/i/web/status/9…

希望の党公認立候補者の三種の“仁義”
① 公認申請に伴う政策協定書に署名
② 上納金を調達
③ 口をつぐむ。
中には三万円を払ってツーショット写真を撮った人までいる。
実際に選挙ポスターを目にしたら、噴き出してしまいそうだ😅

魂を売るために大金を払う時代になってしまったらしい。

「希望の党」政策協定書、得体の知れない不気味な誓約書に署名をさせられる。
〇安全保障法制を容認せよ。〇憲法改正を支持せよ。〇党の指示する金額を党に提供せよ。等々。ツーショットに3万円。立候補に必要な供託金など600万円以上の個人負担。公約の遵守、何だ、これが寛容な改革保守政党か。

希望の党が政策協定書に署名させようとしてるけど、それにサインするような人材を欲しがってる政党ってかなりヤバくないっすか。

@codarkness10 @tamakiyuichiro 希望の党のあの政策協定書に署名したのですね。有料と云われている小池代表とのツーショット写真はお撮りになったんですかね。
これが玉木先生のお考えと近い"寛容"な保守のすることなんですね。

希望に行った人はあの紙に署名するんだよね?
議員って国民の代弁者じゃないの?言いたい事も言えないこんな恐ろしい党に入る人支援する人いんの?