「糖質制限」論争に幕?一流医学誌に衝撃論文

img_dabb7264b1c87a46b85db5c1f28c6d75123763

「炭水化物の摂取増加で死亡リスク上昇」という論文が発表され、話題を呼んでいます(写真 : dorry / PIXTA)

『ランセット』といえば、医学界では知らない人のいない権威ある医学雑誌である。そのオンライン版に掲載された論文が話題を呼んでいる。
要点をいうと、「炭水化物の摂取量が多いほど死亡リスクが高まり、脂質の摂取が多いほど死亡率が低下する」という内容。「脂質をなるべく減らしましょう」という日本の従来の健康常識を真っ向から覆す研究報告であり、波紋を呼んでいるのだ。
この論文の内容と意義などについて、『江部康二の糖質制限革命』の著者・江部康二氏に解説してもらった。
糖質を取り過ぎると死亡リスクが高まる
ダウンロード

『江部康二の糖質制限革命』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「炭水化物の摂取増加で死亡リスク上昇」という論文が、『ランセット』のオンライン版(2017年8月29日)に掲載され、医学界で話題を呼んでいます。ちなみに『ランセット』というのは、世界で最も権威ある医学雑誌の一つです。ここに掲載されることは、医学界ではかなりインパクトが大きいことなのです。

なお、炭水化物は「糖質+食物繊維」ですから、「糖質の摂取増加で死亡リスク上昇」と言い換えてももいいでしょう。

このことは一般の人には衝撃的かもしれませんが、糖質制限食を推進してきた私からしますと、「日頃の主張がとうとう証明された」という印象です。

やはりわれわれの仲間で湿潤療法の創始者として有名な夏井睦医師が2013年に『炭水化物が人類を滅ぼす』(光文社新書)という本を出しベストセラーになりましたが、まさに正鵠を射ていたといえます。

この論文は、カナダ・マックマスター大学のMahshid Dehghan博士らが報告したもので、5大陸18カ国で全死亡および心血管疾患への食事の影響を検証した大規模疫学前向きコホート研究(Prospective Urban Rural Epidemiology:PURE)の結果です。

2003年1月1日時点で35~70歳の13万5335例を登録し、2013年3月31日まで中央値で7.4年間も追跡調査しています。

これまでの研究データのほとんどが、栄養過剰の傾向にある欧米のものであったのに比べ、低所得、中所得、高所得の18カ国を網羅しており、その点でも信頼性の高い研究だといえます。

論文の要旨は下記のとおりです。

①炭水化物摂取量の多さは全死亡リスク上昇と関連
②総脂質および脂質の種類別の摂取は全死亡リスクの低下と関連
③総脂質および脂質の種類は、心血管疾患(CVD)、心筋梗塞、CVD死と関連していない
④飽和脂肪酸は脳卒中と逆相関している
つまり、炭水化物をとるほど死亡リスクが高くなる一方で、脂質の摂取量が多いほど死亡リスクは低下するということです。特に飽和脂肪酸の摂取量が多いほど脳卒中のリスクは低くなるということです。

以上のことが確認されたことから、画期的な内容といえます。

「今回の結果を踏まえ、世界的な食事ガイドラインを再検討すべきである」と著者は提言しているのですが、当然と思います。

炭水化物6割以上は避けるべきである

この研究では、「炭水化物の摂取量が60.8%以上の群では、死亡率が上昇する」という結果が出ています。

しかし、日本の医療現場などで指導されるカロリー制限食では、6割くらいの糖質量になってしまいます。これでは、糖尿病に限らず、生死にかかわる健康リスクが増大してしまいます。

これまでの指導基準を改め、糖質量を控えた食事を指導するように変えていくべきでしょう。

また、和食はどうしても糖質量が増えてしまいがちです。従来の日本人の食事では、糖質(炭水化物)がやはり6割くらいの割合になります。

特に外食のランチで見られる「麺類+ご飯物」のような食べ方をしていれば、糖質量は6割をはるかに超えてしまいます。

正しい糖質制限食の考えを取り入れた食事に改められることをお奨めします。

また、「脂質の摂取量が多いほど全死亡リスクが低い」という結果には驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。「脂質を取るのをなるべく控えましょう」というのが従来の健康指導でした。今もこのように食事指導する栄養士が多いようです。

でも、前回(「栄養」について知らない「栄養士」が多すぎる)解説したように、「脂肪=悪玉」説は世界的には否定されています。「食事でコレステロールをたくさんとっても、血液のなかのコレステロールが増えるわけではない」ということが最近の研究で明らかにされているのです。

そこで、2015年2月にアメリカでは、栄養療法の指針が改訂され、食事のコレステロールについては気にしなくていいことになりました。

日本でも、厚生労働省が「日本人の食事摂取基準」2015年版で、コレステロールの摂取基準を撤廃しました。

にもかかわらず日本では、相変わらず「脂肪を減らしてその分、炭水化物を増やしましょう」という誤った指導が堂々と行われているのが現状です。早く認識を改めていただきたいものです。

繰り返される根拠なき糖質制限批判

また、今回の研究報告とは逆に、「糖質制限は危険」などと“警告”する医師・専門家が日本ではいまだ見受けられます。

でも、ほとんどの方が過去の常識にとらわれ、単に不勉強なだけです。現在では、日本糖尿病学会の理事長も糖質制限を取り入れるなど、学会の主流派の方々も変わりつつあります。最新の栄養学を勉強していただければ、糖質制限食の有効性と安全性がご理解いただけるはずです。

しかしながら、まだまだ一般の医師らには理解が十分進んでいないのが現状のようです。

先日も、ある週刊誌で「糖質制限ダイエットで総死亡率やがん死亡率が増える」という記事がありました。いつものように不勉強な医師による記事だろうと思って見たら、ある高名な医師のインタビューだったので驚きました。

でも、その内容はというと、根拠としている論文は2010年と古いものでした。しかも、その中で「糖質制限食」としているものは、到底「糖質制限食」とは呼べないくらい糖質が多い食事だったのです。

以前、「糖質制限ダイエットの恐ろしい『落とし穴』」でも解説したように、自己流の誤った糖質制限を行った場合の危険性はあります。でも、正しい糖質制限食はきわめて安全で理にかなった健康食です。

日本の医師・専門家も、世界的な潮流に目を向けて、「正しい糖質制限食」の啓蒙に力を入れていただきたいと願っております。


 引用元:http://toyokeizai.net/articles/-/190605
炭水化物とは(Wikipedia)

9d38db1dd90a9ee5c804e72759c0d67e

炭水化物(たんすいかぶつ、英: carbohydrates、独: Kohlenhydrate)または糖質(とうしつ、仏: glucides、英: saccharides)は、単糖を構成成分とする有機化合物の総称である。非常に多様な種類があり、天然に存在する有機化合物の中で量が最も多い[1]。有機栄養素のうち炭水化物、たんぱく質、脂肪は、多くの生物種で栄養素であり、「三大栄養素」とも呼ばれている。
栄養学上は炭水化物は糖質と食物繊維の総称として扱われており、消化酵素では分解できずエネルギー源にはなりにくい食物繊維を除いたものを糖質と呼んでいる[2]。三大栄養素のひとつとして炭水化物の語を用いるときは、主に糖質を指す。
炭水化物の多くは分子式が CmH2nOn で表され、Cm(H2O)n と表すと炭素に水が結合した物質のように見えるため炭水化物と呼ばれ、かつては含水炭素とも呼ばれた[1]。 後に定義は拡大し、炭水化物は糖およびその誘導体や縮合体の総称となり、分子式 CmH2nOn で表されない炭水化物もある。そのような例としてデオキシリボース C5H10O4 、ポリアルコール、ケトン、酸などが挙げられる[1]。また、分子式が CmH2nOn ではあっても、ホルムアルデヒド (CH2O, m = n = 1) は炭水化物とは呼ばれない。今日では総称として糖質ないしは糖とよばれる場面の方が多くなっている。
生物に必要不可欠な物質であり、骨格形成、貯蔵、代謝等に広く用いられる[1]。栄養学的あるいはエネルギー代謝以外の糖質の事項については(例えば、化学的、分子生物学的性質)記事 糖に詳しい。
炭水化物は主に植物の光合成でつくられる。

概要
1グラムにつき4キロカロリーのエネルギーがある。炭水化物は、単糖類、多糖類に分けられる。通常、炭水化物は、多糖類であるデンプンを多く含んでいる。炭水化物はもっとも多く必要とされる栄養素で、日本の食生活指針で炭水化物が多く含まれる食品が主食とされる[3]。 2003年のWHO/FAOの報告では、2型糖尿病や肥満のリスクを減らすとして、食物繊維の摂取源として野菜や果物と共に全粒穀物も挙げられている[4]。全粒穀物は血糖負荷が低く血糖値を急激に上げにくいという特徴がある。食物繊維の重要性を報告していたバーキットは、1975年にトロウェルと一緒に『精製炭水化物と病気-食物繊維の影響』[5]を出版し、精白していない全粒穀物の重要性を訴え、以降このことは科学的研究によって追認・支持されていく[6]。 砂糖は炭水化物以外の栄養素がほとんど含まれていないため、あまり多く摂取しないように言われている。また砂糖の主成分である蔗糖は糖類の中でもう蝕(虫歯)のリスクを最も高める。WHO/FAOでもう蝕との関連が指摘され、砂糖の多い食品は肥満との関連も指摘され、また砂糖の摂取量は全エネルギーの10%未満にすべきだと報告されている[4]。薬物依存症との関連から砂糖依存症に関する研究報告がされており、砂糖依存症と肥満との関連が示唆される。
果物に含まれる果糖は中性脂肪を増やす効果が高いので、生活習慣病において摂取制限が指導される場合がある[7]。オリゴ糖などの腸内で分解されやすい糖類は、プロバイオティクスとして知られ、有用な腸内細菌を増やす作用がある。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%AD%E6%B0%B4%E5%8C%96%E7%89%A9
脂質とは(Wikipedia)

sibou-1

脂質(ししつ、英: lipid, lipide[1][2][3])は、生物から単離される水に溶けない物質を総称したものである[4]。特定の化学的、構造的性質ではなく、溶解度によって定義される。
ただし、この定義では現在では数多くの例外が存在し、十分な条件とは言えない。現在の生化学的定義では「長鎖脂肪酸あるいは炭化水素鎖を持つ生物体内に存在あるいは生物由来の分子」となる。

定義
IUPACでもloosely defined termとしているとおり、脂質の定義は厳密なものではない。 従来の伝統的な定義ではその基準を満たしていない脂質が存在するとして、脂質の正確な定義は存在していないとする者もいる。[脚注 1]
IUPACによる定義[4]
非極性溶媒に可溶
生物由来の物質
伝統的な定義[脚注 2][脚注 3][脚注 4]
水に不溶
有機溶媒に可溶
脂肪酸あるいは炭化水素鎖を含む
生物由来の物質
LIPID MAPSの定義
チオエステルの縮合
イソプレンの縮合
により生合成が始まる疎水性あるいは両親媒性の分子[10]


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%82%E8%B3%AA



■以下、Twitter民の反応(記事内に画像・動画等あり)■


糖質制限したいけど米や麺を我慢するのは不可能…

糖質を制限するのは極端なこと。
脂質やカロリーを制限するのは普通のこと。

なんで?

#糖質制限

米を安定して食えるようになったから寿命が倍近く伸びたんだぞ。糖質制限なんてアホかよ。

@hbau43wha はたから見てる君は良いよぉ、こっちは知らない人からファボ来るし、糖質制限のアカウントからフォローされるしで、若干戸惑ってるんだからなぁ

糖質制限って米食べないくせにカップ麺食べてる人に「それじゃ意味ないじゃん」って言ったら「今まではこれに米食ってたんだから減らしてんだよ!」ってキレられたんですけど、、、

わたし白米を10日近く食べてないのでは?
いくら糖質制限中とはいえ日本人としていかがなものか?

食事の全体量をみたとき、炭水化物の割合が大部分を占めるとしたら是正のために炭水化物を意識して減らすことはよいことだけれども、本当に、やりすぎはよくないし、自分の体に合うかどうか。やってみた結果だけ言えば、いわゆる糖質制限ダイエットをして、体重は落ちたけれど私は歩行が困難になった。

糖質制限とサラダ食べるの始めて3週間ぐらいになるけど胃小さくなったかな……まだ早いかな……

@mrxjo_ka1122 糖質制限やろうと思ったけど炭水化物大好きすぎてむしろストレスになっちゃった😭たまに食べると苦しいものなんだねぇ…無理はしないでね!!

@cosmoca230 私もPCOSで自分で糖質過多なんじゃないかと思い、糖質制限始めました!
三週間になります。ご飯も麺類も食べてないです。パンが好きなのですがブランパンでも全然いけます。
すこぶる調子がいいですよ!血圧も低くな… twitter.com/i/web/status/9…

動き回って冷蔵庫にメロンソーダのジュースがあったから久しぶりに飲む。
ちょいと糖質制限して慣れてきたせいかジュースを飲んだり、少し大食いすると満腹感を得られる。
来年くらいまで食生活や生活習慣を慣らして痩せるか(´・ω・`)

@coffeeyoutube 糖質制限してる身からしたら食べたくても食べられないのがつらみ…

それでも糖質制限したいなら
夕食に炭水化物摂取しなければOK。夜は脳も体も使わないのでエネルギーよりもビタミンやミネラル重視の食事を

朝昼は、炭水化物。単糖類である炭水化物は非常に消化吸収率が良く昼間働く皆さんには即行エネルギー源としては最高だからです

@48AKIRA69 糖質制限、地味に難しくないです?
主食がご飯や麺類なので、私はどうしても摂りすぎちゃって……。今度、コツを教えてください。

@1437Sora 「まったく必要ない」という論調でしたね。人類が生物的にも炭水化物を取り出した歴史が浅いことも理由としてました。吸収については特に触れられてなかった気がしますが、反糖質制限系の論文はエビデンスレベルが低いものしか… twitter.com/i/web/status/9…

糖質制限っていうか、米や麺ばっかだった食生活を肉、卵、野菜を摂取して人間らしい食事に変えるという感じだけどまぁ金が無くなるので厳しいわな

糖質制限が話題になっているが、間違っても全く摂らないなんてことは無いようにしろよ?少量は摂れよ?あつまろさんとの約束だぞ。

糖質制限したら食べても眠くならない気がしてたけど、やっぱ眠いわ…。
あんま意味ない気がしてきた。(したって言ってもそんな真面目にやってるわけでもなんでもないけれども)

糖質制限が話題になってる日にこのEDぶち込んでくるプリパラ


今日だけ糖質制限解除!
ケーキ買ってきた✨

そもそも。
サプリメントや糖質制限って、「がん治療の代替医療」だっけ?

糖質制限とか流行ってるけど白米旨すぎて無理……ってなる。

家族は、薬も真面目に飲んでたしウォーキングも毎日欠かさなかったけど血糖値が全然下がらなくて、医者から薬サボってんじゃないかって言われて落ち込んでたさ。オヤツも我慢してごはんもお腹いっぱい食べれなくて頑張ったのに可哀想すぎてワシが色々調べて糖質制限をネットで知った。

あけちの糖質制限のリプがちょこちょこファボが来ていて、じわる←

糖質制限の話題が出てるときに炭水化物最高的なEDになったプリパラ好き

@mintsanda まあ、ゆるーい糖質制限なんだけどねw
男性の方が落ちやすいんだろうなぁ……すぴさんがんばれ!www


炭水化物摂ると滅茶苦茶お腹壊すので自動的に糖質制限みたいになってる。
昔体重が37kgまで落ちた。二の腕掴んで指が届くし階段一段ずつ座りながら降りてた。最もイカれてたのは頭で自身のヤバさに全く自覚がなかった。
家族も痩せてるなお前もうちょっと食えよって言う程度だったし。

だから、糖質制限にも限度があるし、やっていい人とやっちゃダメな人がいるってのはもっと言ってほしいよ…
子供が糖質制限してたって言うの聞いてゾッとしたのは割りと最近の話…

糖質制限は死亡のリスクを上昇させるっていうのもあるから最終的にバランスの取れた食事が一番・・・何だこの一番マトモな結果は(困惑)

おれが糖質制限はじめた矢先に糖質制限否定か!?!?!?やんのか?おっ???

昨日甘いものを食べすぎてしまったのもあって、一度身体をリセットするために今日ファスティングしてます💪🏻朝から何も口にしてない!何度か誘惑に負けそうになったけどなんとかこの時間まで...あとは寝てしまえばいけるな🙄明日からまた糖質制限して頑張ろう😫

糖質制限すると金になるんか?

妹には是非どんどん糖質制限してほしいところだな とか思ってしまった

糖質制限から腸内環境の話になってしまった。まぁいいやこの際。
ちなみに乳酸菌って便秘改善に役立つから、乳酸菌サプリや飲料を摂っている人多いよね。
便秘を改善するには、腸内細菌達に頑張ってもらう必要があるんだけど、乳酸菌が腸内環境を改善したっていうデータはないんだよね。

あとね、糖質制限 = 炭水化物を抜くって勘違いしている人も結構いるんだな。
糖質 = 炭水化物じゃないからね?糖質 + 食物繊維 = 炭水化物だからね。食物繊維は腸内環境を整えるうえでとっても大事だかんね。

糖質制限が話題になってましたけど、南果歩さんの自己流治療は全然いいと思いますが、あくまで自己流なら患者じゃない方が誤解するような言い方はやめて欲しい。
一人一人治療方法は違うし、ガン患者の方は分かってるだろうから真似はしないでしょうけど、メディアも考えた報道の仕方をお願いしたい。

糖質制限しないとやばいな!ちなみに糖質制限は、ダイエットではありません!ただ糖質をあまり取らないだけです!

糖質制限のブームのなか、エンディングにド炭水化物の歌、…イイ!(゚∀゚) #プリパラ


糖質制限が大評判だけど、肉や油脂っていろんな有害物質が濃縮されてる度合いが高くなるから、発ガン性とか比較にならないくらい高くなるんじゃないのかなあ?

糖質制限ブームの中炭水化物の歌を作ってしまうプリパラ



糖質制限がもてはやされてる昨今に一石を投じる名曲


今日のツイッターのトレンド糖質制限に殴りかかってくるプリパラの新ED

糖質制限が流行ってる中、炭水化物を食えという力強い曲

糖質制限に真っ向から喧嘩を売るwwwww

糖質制限とか言ってるやつはプリパラのED見ろ

糖質制限は、すっごく太っててあちこち影響が出て命に関わるから速攻目に見えて痩せなきゃならない場合を除いて基本ダイエットの為にやるもんじゃないと思ってる。うちは家族がすげー糖尿で入院勧められるレベルだったから藁にすがる思いで始めた。

日本人の糖質制限って極端やねん。7割から6割「程度」に減らすって話なのに「7割カット」とかするから大変なことになるんや。適度に摂って適度に減らせが出来ない奴がダイエットなんかできるわけないだろっていつも言ってる

でもそろそろ糖質制限とかは気にしとくべきかなあとなんとなく。老いる一方だし

糖質制限とか言ってたらヒスチジンが出てきた。
アミノ酸はバランス良く摂取しないと流れていくだけです!!アミノ酸スコア100になってからきてね!!


糖質制限大人はいいけど学生は絶対にやっちゃいけないと思う

糖質制限してまで長生きしたいなんて思わないもの。そもそも長生きなんかしたくないもの。