小池百合子女史の「希望の党」と前原誠司さんの「民進党」合流は頓挫へ

20171001-00076418-roupeiro-000-2-view

(写真:つのだよしお/アフロ)
 いろいろ話題になる割に、いまひとつ分かりにくい小池百合子女史の「希望の党」周りの話ですが、ご取材などもいただくなかで政治に詳しいはずの方でもあまり補助線を引けずにおられる方が多いようでびっくりしました。

 なので、いくつか「希望の党」と「民進党」の合流話には論点があるのですが、現状での問題を理解する上での補助線をひくためにもまず旧社会党失速、消滅危機の経緯について説明します。非常に込み入った経緯があり、簡単に書きすぎると語弊もあると思いますが、話の整理として社会党の経緯について記すことは今回の小池百合子女史の「希望の党」が同変遷するかの予測をする際に必要なことだと考えますので、まあ聞いてくださいよ。

 もともと社会党は戦前の社会大衆党とその支持者が中心となり、労働組合や地方公務員など非共産党系の社会主義者が結成した政党でした。結成の後、しばらく党内の民党系、衆党系、農党系などの派閥争いが繰り広げられた結果、あまり党勢が伸びずにいたのですが、1950年、日本労働組合総評議会(総評系)が結成されます。そもそもこの「総評系」を組成したのはアメリカ進駐軍SCAP(GHQ)で、日本の労働組合から共産党の影響を排除する目的で作られた組織であり、のちに民進党最大の支持母体となる「連合」に合流した「総評系」の影響もあって「民進党と共産党は本来不倶戴天の敵」というのは組織の起源によるのも大きな理由です(もちろん、労働組合同士のシェア争いもありますし、ほかに様々な「事件」や「人物」の関与もあるので、これだけが理由ではありません)。ちなみにマルクス・レーニン主義を掲げる社会主義協会が結成され、社会主義活動の思想・理論的裏付けがなされるようになりました(津田大介さんの父上がこちらの団体の要職におられました)。

 その後、55年体制の成立以降、社会党は労働組合の利益代表としての側面を強く維持しながら1958年の第28回総選挙では社会166議席を獲得し、日本の戦後政治において大きな存在感を示す政治組織へと成長していきます。一方、総評系の組織選挙や集票力に依存する政治風土が強まり、1960年社会党委員長の浅沼稲次郎暗殺事件などの象徴的な事件を経て社会党は徐々に衰退していきます。

 60年代安保後、1989年には社会党最大の支持母体である「総評」が「同盟」、「中立労連」、「新産別」の労働4団体と合一し「労働戦線統一」としていまの「連合」を結成します。さらに土井たか子委員長の手によるマドンナ旋風による議席増(1990年)、北朝鮮拉致問題、小選挙区制導入などを経て社会党からの議員の離脱が進み、1993年の総選挙では、改選前の137議席から70議席へと大失速、自民党も大幅に議席を減らした新党ブームに埋没してしまいます。1994年に非自民・非共産連立政権による羽田内閣が少数与党に転落して総辞職したことに伴い、自民党が社会党、新党さきがけと合流して社会党委員長・村山富市さんが首班指名されて自社さ連立政権による村山内閣が成立します。

 しかしこれが社会党を支える労働組合組織の内部対立を生み、1996年に旧・民主党(現・民進党)が結成されると、総評系労働組合は連合を通じてだいたいみんな民主党の支援団体に鞍替えしてしまいます。社会党は支援団体をほぼすべて失い、自前の選挙組織も地方議員も政治資金の源もなくなって、戦後政治で野党第一党であった社会党から改名した社民党は、いま党消滅の危機にあります。

 それゆえに、支援団体の有無というのは政党にとって死活問題です。共産党も公明党も、きちんとした組織に支えられているからこそ、利益代表として政治家を国政に送り込めるのです。前原誠司さんが希望の党へ民進党所属議員「全員」の受け入れと公認を求めるのも、希望の党に移ったところで連合の支援が得られなければ小池百合子女史のイメージ一本で無党派層だけを相手に選挙することになり、苦戦して落選する議員が大量に出ることを恐れているからなのです。日本新党もそうでしたが、一回は勝てても二回目はなかなか大変なのがイメージ選挙の欠点です。

 例えば、連合の中でも大所帯の「電機連合」は、地方政治に大きなネットワークを有し、これらが各種選挙を実質的に行う際の重要な機能を果たします。もしも小池百合子女史が全国に候補者を立て、政権交代も狙っていくぞとなれば、これらの組織選挙ができる連合との連携は不可欠で、単に理解を求めるにとどまらず、政策面でも資金面でも選挙面でもバックアップしてもらわなければ首相になるための首班指名など取れないということになります。

電機連合 議員一覧(組織内議員 協力議員)

 また、これらの連合地方組織を文字通り支える人たちは、民進党か無所属での議員活動を地方議会でしています。民進党の、例えば枝野幸男さんだけを見て、「彼は反原発で憲法改正反対の立場だから希望の党には入れない」と小池百合子女史が言えば、連合など支援団体が抱える埼玉全体の支部長以下全組織が希望の党に入らないということになります。単に「民進党から出馬費用をもらって希望の党から公認されれば選挙は戦える」というものではないのです。ましてや、政権交代をという話になれば、全国で、2回3回と選挙に勝ち続けなければ意味のある政治はできないわけです。

 そして、連合が全議員を受け入れるにあたって当面容認できないのは維新の会との連携です。そもそも、連合の組織内議員として、平野博文さん(大阪11区、比例大阪ブロックで復活当選)がいます。なぜか自民党から佐藤ゆかり女史が大阪11区に転がり込んできてましたが、ここに維新の会が候補を立てると連合の組織内議員で重鎮の平野さんが思い切りバッティングします。そういうところも含めて、本来は候補者調整をするのが筋なのですが、どうやら前原誠司さんと小池百合子女史との話し合いではそのあたりの実務面での調整が全く進められておらず、激しく混乱しています。支援団体抜きの民進党を希望の党が受け入れてお互い何のメリットがあるのか分からなくなってしまうのです。選挙互助会ですらありません、東京と南関東以外では希望の党は苦戦しますから。

 本来であれば、このあたりの調整は幹事長職が専権で行うべき分野なのですが、辞めた代表の蓮舫女史のときの幹事長は「あの」「希望の党に合流しない」「元首相の」「大物」野田佳彦さんです。そして、いまの前原誠司さんの幹事長が前原さんの腹心というかお友達の大島敦さんで、まあ、実務面ではお察しの御仁ですので、さっそく見切り発車的な発言をNHKにしてしまって党内や連合から突き上げを喰らって黙るという伝統芸能を披露しておられました。

民進 大島幹事長「希望と合流は一定の理解深められる」(NHKニュース 17/9/28)

 結局、いまの民進党に支持母体から地方組織まで全方向で見渡して制御できる要職が幹事長代行に就いている辻元清美女史以外いなくなってしまったので、前原誠司さんも小池百合子女史との対談で「辻元清美は大事」と言ってしまい、すぐ報じられてしまいました。リップサービスではなく、民進党本部は辻元女史がいなければ本当に実務が回らないのです。筋論で言うならば舌鋒鋭く安保法制反対を叫んでいた辻元女史が希望の党に合流できるなら全員入れるじゃねーか問題に発展し、デッドロックに陥ってしまった、ということになります。辻元清美女史は幹事長代行のため、自分から正式に小池百合子女史の希望の党への合流拒否を言うと前原誠司さんの代表として進めている党の事案に自分から異を唱える形になってしまうことを恐れて発表が遅れたわけですが、このリベラル新党構想側もどう見ても今回の10月10日公示、10月22日投開票には間に合わず、全員無所属扱いでの出馬になるか、ギリギリの調整で民進党の候補者リストを提出する形で乗り切ることになるでしょう。

 希望の党は民進党の支援団体である連合からの理解、協力を前提として議員を受け入れるべき話が連合からの拒否で流れそうで、さらに民進党解党による民進党内にある80億円以上の現金を希望の党がせしめる構想も早い段階で前原誠司さんのリコールが起きて代表失職となるとその目論見も簡単に崩れます。この手の話を囁いていたのは小沢一郎さんだったのですが、早い段階からこの目論見自体は漏れていて、話としては面白そうだったもののどうも画餅に帰する可能性が高くなってきました。このままでは社会党がたどった道筋に近い経緯で民進党は崩壊してしまうことになるため、早急に民進党は「希望の党に合流できなかったときの党内融和や支援団体との再調整を含む別シナリオ」を組む必要が出てきた、と言えましょう。

 蛇足ながら、事前に民進党・前原誠司さんと都民ファースト・小池百合子女史の野合については事前に情報が漏れていたので、それらしい話を文春に書いておいたのですが、少なくとも周辺で見る限りでは早い段階から前原さんは小沢一郎さんに都合の良いシナリオだけ吹き込まれて、党内や支援団体などとの調整で乗り越えなければならないハードルについてきちんと教えてもらっていなかった、上層部が上層部とだけ握れば済む話だと思い込んでいた、というのが重要なポイントになるのではないかと思います。「だから上山信一や竹中平蔵は切っておけばおかったのに。どうせ実務や調整なんか分からない人たちなんだから」といま後悔しても始まらないでしょう。

“豪運”安倍首相「ミサイル解散」のゆくえ(文春オンライン 17/9/21)

 あくまで都民ファースト、希望の党との連携については候補者の一本化や、首都圏での協調にとどめておくべきだったのですが、男として、前原さんの博打に打って出る姿勢は心情的に理解できるので、あとは早めに正気に戻って事態の収拾に頑張っていただければと願うのみです。

 さすがに自民党も呆れ顔みたいですが、なぜか「小池百合子女史が都知事を辞めた後の都知事選では誰を立候補させたら勝てるか」という大喜利まで各政党内で始まっているようで、どうも都民としては再び50億円ガチャが開催される可能性が残されているようです。個人的には各種調査で「小池百合子女史は都政に専念すべき」が過半数超えているところで小池女史が衆議院選挙に飛び込み可能性の薄い首班指名を取りに行く(日本初の女性首相になる)とは思えないのですが、風を読み違えた風見鶏が地に墜ちた後で都民はどうすればいいのでしょうか。

山本一郎
個人投資家・作家
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一報、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。介護を手掛けながら、夫婦で子供三人と猫二匹、金魚二匹を育てる。


 引用元:https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20171001-00076418/
民進党の前原誠司代表…絶体絶命 希望の党・小池百合子代表が民進党左派に「刺客」、辻元清美氏らは次々と決別宣言

plt1710020002-p1

党本部を後にする民進党・前原誠司代表=1日夜、東京都千代田区(春名中撮影)

 民進党の前原誠司代表が絶体絶命のピンチに陥っている。「誰かを排除しない」と宣言して新党「希望の党」との合流交渉に入った直後、希望の党代表の小池百合子東京都知事にリベラル派を「選別」するどころか「刺客」を差し向けられ、民進党内の不満が噴出。枝野幸男代表代行らはリベラル派新党の結成に向けて動き出した。与党幹部は「選挙に勝つためだけの醜い抗争」とほくそ笑んでいる。

 「あれだけ『みんなで新しい器で民進党の理念を実現しよう』と言ったのに、前提が違うじゃないか。時間切れで対応できなくなる前に会って話が聞きたい」

 枝野氏は1日朝、前原氏に電話をかけ、衆院選での対応を決めるため、希望の党との候補者調整の状況を説明するよう迫った。しかし、前原氏は「とにかく交渉を頑張っている。夕方まで待ってくれ」と言葉を濁すだけで終わった。

□  □  □
 

 民進党の玄葉光一郎総合選挙対策本部長代行がこの日、希望の党の若狭勝前衆院議員と断続的に候補者調整を行った。玄葉氏は選挙区で100人の民進党出身者の公認を要請した。公認を拒否する場合、野党候補の乱立を防ぐため、希望の党の公認候補をぶつけないよう求めた。
しかし、玄葉氏の要請を若狭氏が受け入れる気配はなかった。前原氏が9月30日夜に小池氏と会談し、民進党の希望者全員を受け入れるよう求めても、小池氏は安全保障政策などの一致が必要だと譲らなかったのだから当然だった。

 業を煮やした枝野氏が1日夕に党本部を訪れた際も前原氏は具体的な展望を示せなかった。枝野氏はその後、疲れ切ったような表情で周囲にこうつぶやいた。

 「1人カラオケに行きたいよ。(欅坂46の)『不協和音』を歌うんだ」

 そうした中で、民進党内のリベラル派は次々と希望の党との決別宣言をしている。辻元清美幹事長代行は大阪府高槻市の街頭演説で「希望に『踏み絵』があるらしいが、辻元は踏めません」と宣言した。

 希望の党は混乱する民進党を尻目に、枝野氏に近い民進党前職を中心に30人以上の民進党出身者を公認しない方向で、準備を着々と進めている。

□  □  □
 

 小池氏は1日、都内で開かれた公認候補予定者約50人を集めた説明会で「負けられない戦いだ。頑張ってほしい。一人一人の有権者を大切にしてほしい」と訴えた。小池氏は各立候補予定者とポスター用の写真を撮影し、会場は高揚感に包まれた。その後、記者団に「前原氏との交渉冒頭から『政策の一致が前提だ』と申し上げている」と語った。

 小池氏はこの日、東京都八王子市で行われたイベントにも足を運んだ。自民党内で小池氏批判を強める萩生田光一幹事長代行と同席し、静かな火花も散った。

 政策そっちのけで政争に明け暮れる「小池劇場」には、与野党が集中砲火をあびせている。

 「国民に何を提示するのかが明確ではない。選挙目当ての看板の掛け替えといわれかねない」。自民党の塩谷立選対委員長は1日のNHK番組で、希望の党をこう糾弾した。若狭氏は「批判のための批判だ」と反論し、選挙公約を近く示す考えを示した。

 ただ、急ごしらえの公約になりそうで、公明党の高木陽介幹事長代理は、財源の裏付けが明確でなかった旧民主党の選挙公約を引き合いに「財源部分は大変重要だ。きっちりと詰めてほしい」とクギを刺した。共産党の穀田恵二選対委員長は「自民党の補完勢力にほかならない」と指弾した。


 引用元:http://www.sankei.com/politics/news/171002/plt1710020002-n1.html
民進党 枝野氏ら新党結成へ 党名「民主党」を検討

6

記者の質問に答える民進党の枝野幸男代表代行=衆院第一議員会館で2017年10月1日午前11時13分、西本勝撮影

 民進党の枝野幸男代表代行は1日、希望の党に合流しない民進党前衆院議員らを集めて、新党を結成する方針を固めた。希望の党が民進党の全員合流を認めないことに反発した。希望に参加できない前衆院議員を救済するための受け皿を目指す。党名は「民主党」を検討している。

新党には赤松広隆元衆院副議長(愛知5区)、佐々木隆博氏(北海道6区)、辻元清美氏(大阪10区)、阿部知子氏(比例南関東)らが参加する見通し。民進党参院議員からは相原久美子、有田芳生、江崎孝、神本美恵子(いずれも比例)の4氏らが参加を検討している。

 無所属で出馬することを表明した野田佳彦前首相は、自らのグループから希望の党に参加するメンバーもいるため、新党への参加には慎重とみられる。岡田克也元代表も参加しない見通しだ。

 枝野氏は1日朝、前原誠司代表に電話で「民進党の理念や政策を実現する前提が違うなら納得できない」と伝えて会談を求め、同日夕、前原氏と党本部で会談した。会談には希望の党の若狭勝前衆院議員と候補者調整の協議を進めている玄葉光一郎総合選対本部長代行も同席して協議したが物別れに終わった。

 会談で玄葉氏は枝野氏に対し、「民進党から150人、希望の党から50人」を擁立する調整を進めていると説明した。民進党は全国で210人超の候補擁立を内定していた。玄葉氏の主張通り150人が受け入れられたとしても、約60人が希望に合流できない。

 枝野氏側は両院議員総会などで方針撤回を求めることも検討したが、希望の党への合流に賛成する議員も多いとして断念した。排除された前衆院議員らはこのままでは、無所属で立候補せざるを得なくなるため、新党を結成する。無所属で出馬した場合、比例代表との重複立候補ができず、政見放送に出られないなど運動も制限される。

 新党は共産、社民両党との選挙協力を行う方針だ。枝野氏側は前原氏に2日昼までに民進党から希望の党に参加できるメンバーのリストを明示するよう要求。前原氏が明確にできなければ新党に踏み切る考えだ。【影山哲也】


 引用元:https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171002/k00/00m/010/137000c
安倍首相、衆院解散を正式表明「国難突破解散だ」

aa

記者会見で臨時国会冒頭の衆院解散を表明する安倍首相(共同)

安倍晋三首相は25日、官邸で会見し、臨時国会冒頭の28日に衆院を解散すると正式に表明した。

 首相は自ら、「国難突破解散だ」と命名した上で、衆院選について「大変、厳しい戦いになる」との見通しを示した。

 その上で「私自身への信任を問うことになる」とも述べ、有権者による信任か、不信任が問われる選挙になるとの認識も示した。

 解散の理由がはっきりせず、「大義なき解散」といわれる。これについて、首相は、2019年10月に予定する消費税率10%への引き上げに関し、子育て世代への投資や社会保障の安定化に充当するとして、当初予定した増税時の税収使途から見直しが生じたことで「国民との約束を変更し、重い決断をする以上、国民に信を問わなければならない」と、説明した。

 衆院選は10月10日公示、同22日投開票の日程で行われる。


 引用元:https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201709250000598.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp
自民税調 消費税の使いみちは衆院選後に議論

K10011157081_1709261729_1709261731_01_02

9月26日 17時13分
自民党の税制調査会は、26日幹部会合を開き、安倍総理大臣が消費税の使いみちを見直す考えを示したことをめぐって意見を交わし、具体的な対応については衆議院選挙の後に改めて議論することを確認しました。
自民党の税制調査会は26日、宮沢税制調査会長ら幹部による会合を開き、安倍総理大臣が消費税の使いみちを見直す考えを示したことをめぐって意見を交わしました。

この中で出席者からは、「安倍総理大臣の真意をしっかり反映させて、衆議院選挙の公約に書き込むべきだ」という意見の一方、「高齢化が進む中で、消費税の使いみちを教育にまで広げるべきではない」、「財政健全化をないがしろにすべきではない」という指摘も出されました。
そのうえで会合では、具体的な対応については、衆議院選挙の後に改めて議論することを確認しました。

一方、会合では、来年度の税制改正に向け、所得税の控除制度や、一般的な「紙巻たばこ」と比べて低くなっている、火を使わず煙が出ない「加熱式たばこ」の税率の見直しについて議論していくことを申し合わせました。


 引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170926/k10011157081000.html
3~5歳児の教育無償化 首相表明、消費税収を活用

教育無償化に意欲的な?安倍総理

 安倍晋三首相は25日の経済財政諮問会議で、3~5歳のすべての子どもの幼児教育・保育の費用を無償化する方針を示した。こうした教育無償化などの施策について「2兆円規模の大規模な政策を実行する」と述べた。財源として2019年10月に予定する消費税率の8%から10%への引き上げによる税収増を充てる考えを示した。

 0~2歳の子どもも所得が低い家庭に限って無償化する方針を示した。首相は同日夕に記者会見して衆院を解散する意向を表明し、消費税収の使い道の変更などについて国民に信を問う考えだ。

 8%から10%への消費税の引き上げによる増収分のうち赤字の削減に充てることになっていた4兆円のうち、半分を幼児教育無償化や高等教育の負担軽減の財源に回す。2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化する財政健全化目標は一段と難しくなることは避けられないが、首相は諮問会議で「実現していく」と述べるにとどめた。


 引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS25H1W_V20C17A9000000/
衆議院解散とは(Wikipedia)

20141125

衆議院解散(しゅうぎいんかいさん)とは、大日本帝国憲法下の帝国議会と日本国憲法下の国会において、総選挙を行うために衆議院を解散すること。解散によりすべての衆議院議員は、任期満了前に議員としての地位を失う。

日本国憲法下の衆議院解散
日本国憲法において衆議院の解散は、内閣の助言と承認により、天皇が行う国事行為の一つと定められている(日本国憲法第7条3号)[注 1]。
衆議院が解散されたときは、解散の日から40日以内に衆議院議員総選挙を行い、その選挙の日から30日以内に国会(特別国会)を召集しなければならない(同54条第1項、公職選挙法第31条3項)。そして、日本国憲法は衆議院議員総選挙後に初めて国会の召集があったときには当然に内閣は総辞職するものとしている(日本国憲法第70条)。現在の内閣総理大臣を指名した衆議院が解散により存在しなくなり、衆議院議員総選挙によって新たに衆議院が構成されることになった以上、たとえ同一の者が内閣総理大臣に指名されるとしても内閣は新たにその信任の基礎を得るべきであるとの趣旨である[2]。内閣総辞職を受けて国会は新たに内閣総理大臣を指名し(内閣総理大臣指名選挙)、その指名に基づき天皇は内閣総理大臣を任命する(同6条第1項)。そして、新たに任命された内閣総理大臣は旧内閣(職務執行内閣)から職務を引き継ぎ(同71条)、国務大臣を任命する組閣を行うことになる(同68条第1項)。
なお、憲法解釈上は解散権はあくまでも内閣に存するが、事実上、内閣総理大臣の専権事項となる(後述の「解散権の行使」を参照)。そのため、「首相の大権」或いは「伝家の宝刀」とも呼ばれる[3]。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%86%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%A7%A3%E6%95%A3
安倍晋三とは(Wikipedia)

ダウンロード

安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年〈昭和29年〉9月21日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(8期)、内閣総理大臣(第90・96・97代)、自由民主党総裁(第21・25代)。

成蹊大学卒業後、神戸製鋼所社員、外務大臣秘書官を経て衆議院議員となる。内閣官房副長官、自由民主党幹事長(第37代)、同幹事長代理、内閣官房長官(第72代)などを歴任。2006年(平成18年)9月26日に戦後最年少の52歳で自由民主党総裁(第21代)、内閣総理大臣(第90代)に就任するも、2007年(平成19年)に第21回参議院議員通常選挙での敗北と、体調の悪化を理由に同職を退任。2012年(平成24年)9月、自由民主党総裁に再就任、同年12月26日に内閣総理大臣に再就任した。内閣総理大臣を辞職して期間を置いて再登板した事例は、1948年(昭和23年)の吉田茂以来64年ぶりのことであった。
生年月日1954年9月21日(61歳)
出生地日本の旗 日本 東京都新宿区
出身校成蹊大学法学部政治学科卒業
南カリフォルニア大学政治学中退
前職神戸製鋼所従業員
実父秘書
所属政党自由民主党細田派
称号政治学士(成蹊大学・1977年
配偶者安倍昭恵
親族佐藤信寛(五世祖父)
佐藤信彦(高祖父)
佐藤秀助(曾祖父)
安倍慎太郎(曾祖伯父)
安倍寛(祖父)
岸信介(祖父)
佐藤榮作(大叔父)
安倍晋太郎(父)
岸信夫(弟)


日本の旗 第96-97代 内閣総理大臣
内閣第2次安倍内閣
第2次安倍改造内閣
第3次安倍内閣
第3次安倍改造内閣
在任期間2012年12月26日 -
天皇今上天皇(明仁)

日本の旗 第90代 内閣総理大臣
内閣第1次安倍内閣
第1次安倍改造内閣
在任期間2006年9月26日 - 2007年9月26日
天皇今上天皇(明仁)

日本の旗 第72代 内閣官房長官
内閣第3次小泉改造内閣
在任期間2005年10月31日 - 2006年9月26日

選挙区旧山口1区→)
山口4区
当選回数8回
在任期間1993年7月19日 - 現職


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%8B%E4%B8%89
自由民主党 (日本)とは(Wikipedia)

99GuJaum

自由民主党(じゆうみんしゅとう、英語: Liberal Democratic Party of Japan)は、日本の政党。衆議院と参議院で第1党を形成している。略称は自民党、自民、LDP。1字表記の際は、自と表記される。

概要
1955年(昭和30年)に自由党と日本民主党の「保守合同」により結成された保守政党。太平洋戦争(大東亜戦争)前の二大政党・立憲政友会と立憲民政党、戦時中の翼賛政治の中核を担った会派である翼賛議員同盟と翼賛政治会と大日本政治会(以上3会派は日本進歩党の前身)及び翼賛政治に批判的な会派である同交会(日本自由党の前身)と護国同志会(日本協同党の前身)、また敗戦直後に結成された日本自由党と日本進歩党と日本協同党の流れを汲む。

結党以来ほぼ全時代にわたって政権与党の座にあり、結党から60年間で野党にあった期間は4年ほどである。そのため、戦後日本を代表する政党であるといってよい。
総裁安倍晋三
副総裁高村正彦
幹事長谷垣禎一
参議院議員総会長溝手顕正
成立年月日1955年昭和30年)11月15日
前身政党自由党
日本民主党
本部所在地
〒100-8910
東京都千代田区永田町一丁目11番23号
北緯35度40分42.6秒東経139度44分29.1秒
衆議院議席数
292 / 475   (61%)
(2015年10月2日現在)
参議院議席数
115 / 242   (48%)
(2015年1月22日現在)
都道府県議数
1,247 / 2,733   (46%)
(2014年12月31日現在[1]
党員・党友数
789,348人[2]
2012年8月30日現在)
政治的思想・立場右派
保守主義[3]
反共主義
機関紙自由民主
政党交付金
172億2079万 円
2016年4月1日決定[4]
公式サイト自由民主党
シンボル太陽を仰ぐ二人の子ども
陰十四菊
LibDems
党歌「われら」
国際組織未加盟


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%9A_(%E6%97%A5%E6%9C%AC)


関連記事
枝野幸男代表の新党の名前「立憲民主党」で決定か「センスが今一」

小池知事の国政転身に反対率高く支持率急落の可能性「都民はバカ」

希望の党所属の若狭勝議員が新報道2001に出演し無能ぶり発揮し視聴者唖然

民進党の前原代表が「党員・サポーター、そして国民の皆様へ」という怪文書を公式サイトに掲載する

民進党両院議員総会「誰かを排除しない」→懇談会に切り替えマスコミ退出命じる

小池代表が希望の入党条件にリアルな安全保障政策を提示!憲法改正に積極的?

日本をリセットすると宣言の小池代表、結党・設立会見発言が不穏

12年前に総務省制作短編映像「希望の党」予言的中!予知能力者かよ

自民党の税制調査会、消費税の使い道を見直す「安倍首相が幼児教育無償化を発言したばかりじゃないか」

民進党が自由党に合流を前原誠司代表が提案「旧民主党に先祖返りでは」

小池百合子が希望の党の記者会見で「アウフヘーベン」連発「意味は辞書で調べろ」

安倍首相が衆院解散総選挙の理由は「国難突破解散」北朝鮮や少子高齢化問題等か

安倍首相が3歳から5歳までの子供の幼児教育無償化を表明!解散総選挙の支持率対策か

小池百合子が希望の党の記者会見で「アウフヘーベン」連発「意味は辞書で調べろ」

小池百合子が希望の党の公約に消費税増税凍結で臨戦態勢!支持率は?

小池百合子が代表の新党・希望の党の政策「原発ゼロにダイバーシティ政策等の女性政策」

日本のこころの中山恭子と夫の中山成彬が小池百合子新党から出馬で滅茶苦茶に…これ完全に裏切りでしょ


■以下、Twitter民の反応(記事内に画像・動画等あり)■




もうこの際、民進党はそれぞれ戦旗をはっきりさせて、前原さんは希望の党などと決別して民進党中道〜右派の人たちと穏健で寛容な保守政党をつくったらいいのではないか。そこで今までとは違う再分配社会の在り方を提言していったらどうだろうか。つまり、民進党から二大政党制の両方をつくるという。

【衆院選】民進党の前原誠司代表…絶体絶命 希望の党・小池百合子代表が民進党左派に「刺客」、辻元清美氏らは次々と決別宣言 - 産経ニュース
粗雑議員の集まりでしかない「希望の党」ただ、辻元や枝野みたいな反日極左テロリスト達の溝さらいをするなら、一定の存在意義はあったわけだ。

前原氏…絶体絶命 小池氏、民進党左派に「刺客」 辻元氏ら次々と決別宣言>>>元々、辻元氏の方が、政界に必要じゃない。

枝野幸男氏が「民主党」結成。
前原氏との決別かな

前原氏は希望の党との連携を白紙に戻し、民進党に返れ、などとバカなことを、、
前原派と枝野派はいい機会や、ハッキリ決別すべきやな。

@edanoyukio0531 @basilsauce 安倍と小池で2/3とったら憲法改正。民進党から移った議員は反対出来ない。小池さんは、安保法制も、原発も最終的には今のまま。
ならば、世間知らずの前原とは決別すべき。前原が、こ… twitter.com/i/web/status/9…

希望の党の民進リベラル派排除で枝野幸男氏は怒っているみたいだけど、それは希望の党からすれば既定の路線なんだよね。希望との合流は民進のリベラル派と決別するための前原代表の策略でもある。とにかく、枝野さんあんたは気が付くのが遅いよ。空気の読めない人だね。

前原誠司

やっぱり、糞の小池百合子とは
やれないと希望の党と決別すれば、民進党の支持率上がるよ〜

(^_^)

@mt3678mt 近代政党なのに、全員一致とか、前原氏個人に判断をゆだねるとか(おれについて来い悪いようにしないから)古い体質でびっくり。北朝鮮と同質。北朝鮮は権力の圧力での個人崇拝や服従
民進党議員は前原氏ひいては小池氏の顔色… twitter.com/i/web/status/9…

@edanoyukio0531 前原代表の個人としての政策理念とは合致しているのでしょう。しかし貴方が希求する方向性とは やはり違うのではないでしょうか。貴方が選別機にかけられ弾かれた後に最終決断と言う構図を私は見たくありません。… twitter.com/i/web/status/9…

@adjacencypair @osakapolitics @edanoyukio0531 「ダメ民進党」のイメージは、今回の前原のドタバタで極みに達したから、代表が枝のんに代わって、希望の党と決別したらイメージはV字回復するはず。いや、みんなでV字回復させるんだ‼️

mag2 0000012950
希望の党に民進党が入るのはその方が選挙で民進党出身者が多く当選し、新党内で民進党の影響力を増やすため。小池さんは人数集めが重要だから入党拒否は多くはないだろう。これで前原・井手コンビの"all for all"「分断社会との決別」は維持される。

@hosshiyan @yujinfuse 枝野さん、優柔不断不では男がすたるよ。前原と一刻も早く決別し、野党共闘推進で活路を見出すべきだと思うよ。グズグズせず、先手先手で行かないと、貴方を誰もリーダーと見なくなるよ。

まだ間に合う、小池の正体、真の狙いが分かったのだから速やかに撤退しろ。前原よ、仲間を裏切るなよ。細野ら離党者とは完全決別しろ!彼らは民進党よりも国民を裏切ったのだから。

@Maehara2016 前原さんは騙されたのですか?
それともリベラルと決別するのに、故意に民進党を破綻させたのですか?

マジで前原と決別して民主党再編する気なんか?

@edanoyukio0531
踏み絵を踏むことを拒否し、前原氏らと決別の意思表示をした民進、自由のリベラルをまとめてください。迷っている議員にも結集を呼びかけてください。
一旦踏み絵を踏んでおきながら公認漏れして戻ってきた議員は信頼度が大きく下がります。
期待しています。

これこのままだと、前原様はじめ≪何としても安倍政権打倒したい!≫という気持ちを利用されて、騙され続けてしまうことにならないでしょうか。。??

まだ解党もしてない事ですし、今からでも希望の党とは決別して、
民進党でしっかり公認立てたほうがよいと思います。。⑧


県知事選の応援演説に来た前原、何の脈絡も無く「天皇陛下云々~」原発問題の根幹なのに無知なのか、そう言えばバカが着いてくるとでも思っているのか、最初で最後の前原だったが「ダメだこいつ」確信。

@SamejimaH これでもし「民進党」のお金が「希望の党」に渡るようなことがあれば、「前原は初めからそのつもりで、小池百合子と共謀して、民進党の政党助成金を盗んだ」ってことになるぞ。
そこまでの歴史的な汚名を着てまで前原さんが小池百合子を守る必然性は全くないはずだ!

地獄に仏と抱きついた相手は、恐ろしき人食い山姥だった。
策に溺れた前原代表

希望の一次公認発表は明日?
過半数が望めないので、小池氏が出馬しない可能性がたかまる。枝野新党に予想より多くが集まるのではないだろうか?
共同代表に前原氏などがなって国会運営したら、民進党のイメ―ジになってしまう。希望が絶望にむかってすべっていく。

@iwakamiyasumi 細野はともかく、玄葉は自分で考えない前原の被害者かなあと言う感じもしますが。

民進党・前原代表のバ○さ加減に、つくづく呆れ…。京大出てもこんなもんです、京大で右翼組織”勝共連合”の活動家だったんですからゴリゴリの右翼、超右翼の厚化粧コイケのおばちゃんと馬が合うんでしょう。右翼の選別をしてくれてありがとう絶望さん。

@KazuhiroSoda @norionakatsuji そうだと思います。でもそれならば前原さんは激昂して、破談にすれば良いかと思います。あとはお涙頂戴と演出で、小池新党の勢いをそぎ落とし、議席減を最小限に抑える方策もあったかと

@tokyo_satokei 嘉田さんと中山恭子の思想的違いが明らか。極右を入れてリベラルはダメと言う線引きですね。公認者の名前を見れば、ますまづ小池の思想が明らかになるでしょう。騙され前原、民進党国会議員たちは惨めですね。

@amneris84 前原の罪はまさに万死に値しますね。こんなやわな人間のはずがないと普通は思うよね。

前原、大失敗したか?
騙されたにしても失敗。

それとも、意図的か?

しかし我々でさえ小池は危ない、危険だと言っていたのに旧民進党諸氏は全く考えなかったのかな。両院総会で反対が出なかったなんてどうもおかしい。あの時も枝野は暗い表情をしていた。小池はすでに選別するつもりだったのだから。前原は悪い人だね。仲間をペテンに掛けたのだ。

@pirori217 @laboratorymembe 「評判が悪い」という理由で鳩山由紀夫氏を見捨てた組織の一員としてなかなか無責任な言動ですね>前原「希望の党のオリジナルメンバーのほとんどは我が党出身なんだから我が党の方針に逆らいませんよ」

前原ってホントバカ、前の失敗から全然学習してない。詰めが甘すぎる、

小池・前原が協議

前原「希望に合流する。全員受け入れてもらえるようにする。」

民進党議員「全会一致で賛成」

小池「全員受け入れると言ったな。あれは嘘だ。」

枝野が新党  

さすがにかわいそうwwwwww。

磯貝「手伝ってくれる人がいない?じゃあ俺らが手伝うよ、終わってないページどれ?」前原「原稿手伝うよりも資料のほうが必要じゃない?ほら、磯貝、ちゅー!」「ん、」「えっいいの」「は?やなの?」

自民党は前原に謝礼金でも支払うべきではないか。今回の功績に対して。

そういやすっかり前原の顔をテレビで見なくなった気がするがどこに行ったんや?

民進党の岡田克也元代表は2日、希望の党や、枝野幸男代表代行が結成する方針の新党には参加せず、無所属で衆院選に立候補する考えを示した(共同) 民主党政権崩壊のA級戦犯殲滅作戦だとしたら前原すげぇ〜。でも、自分をどうやって殲滅するのだろうか?#kokkai #国会

前のめりになってつまづくという前原氏の悪い癖がでたようだ。希望の党との調整は失敗すると思う。ただ、前原氏は責任を問われない立場にスルッと身を置くのが得意なので、その尻ぬぐいは他人がすることになるだろう。それにしても日本に米国の民主党とか英国の労働党のような党ができないものか。

枝野さんを入れると、内ゲバが始まるから排除してるだけじゃね?民進党では全く出来なかった事を前原さんはしたという意味では評価してるが、応援する気にはなれない。 #1134golden

民進党が事実上分裂!

民進党(希望の党)

民進党(護憲民主党)

民進党(無所属派)

民進党(参議院勢)

どうなる、政党交付金・・・

民進党の現在の残高は約124億円

ちょっとマヌケだと思っていた前原誠司!

やっぱりマヌケだった!!

#枝野寝ろ から #枝野立て
最初から代表にしておけば、こんな混乱せずとも。
前原氏を代表に選んだ罪は小さくない。

昔々 壊し屋は小沢様の二つ名
今や前原様に スッカリお株を奪われた

前原を担ぎ上げた民進党議員達はこんな末路を望んでたのかね。 #tama954

@anonymous201504 前原、切腹するのか・・・
介錯は枝野がするのかな?

ゴリゴリじゃねーか…前原さん、こんな右だった?

@kogoro_wakasa そもそも前原やお前らが無能無責任だから、こんな体たらくになってるんだろ?
これでは、メインレースで金をすって、最終レースに穴からぶち込む負け組野郎と同じだ。
国民を巻き込みギャンブルなんかすんなよ。バカ。

「どうせ民進党は社会党路線にいくしかないだろう」とは前からいってたんだけど、そのためには前原たちの派閥が邪魔だったんだよね。その点今回まさにちょうどよかった感じ。

@nobuhir92556533 まあ、そうですよね。正論です。でもだったら、あの前原がかってに希望に身売りした時点で、NO!を言うべきだった。満場一致がありえなかったんですよ。偉そうに私ごときが言うことではありませんが

ではなぜ割りと保守で代表経験者の岡田氏や野田氏が排除リストにあるのに、同じ条件の前原氏の名前がないのか、筋が通らない。答えは簡単だ。前原氏に左派分断の意図があったからに他ならない。裏で小池氏と通じている可能性が高い。

前原ってこれまでに社会に対して良し悪し問わずインパクトを与えた実績って何があったっけ…?