党員・サポーター、そして国民の皆様へ

4fb58feb8ca2451b89dddfb47a48865b_tn648

平素より、民進党の活動に対しご理解・ご支援を頂きまして、ありがとうございます。特に党員・サポーターの皆様におかれましては、民進党が厳しい環境にある中、様々なご意見そして心温まるご支援を頂き、心より感謝申し上げます。

 さて、本日、民進党は両院議員総会において、別紙「総選挙の対応について」を決定いたしました。これにより、民進党は10月に行われる衆議院議員選挙において候補者を擁立せず、民進党から立候補を予定していた候補者は「希望の党」に公認申請を行います。

 今回の判断の主たる目的は、この選挙で安倍政権を終わらせることです。アベノミクスは、一般の国民の皆さんの暮らしの改善には繋がらない反面、その極端な低金利政策や放漫財政は非常に危険であり、何かのきっかけで皆さんの暮らしを崩壊に追い込む可能性があります。自衛隊や日米同盟の強化は必要ですが、そのために憲法違反の法律を強引に成立させることは許されません。森友・加計問題にみられるように、情報を隠し、国民に全く説明をしない姿勢は民主主義を否定するものです。国民生活を脅かし、憲法を軽視し、民主主義を否定する安倍政権を一刻も早く終わらせることが、わが国政治の最大の課題だと私は確信しています。

 私は民進党に誇りと愛着を持っています。これまで築いてきた政策に自信を持っています。今回の判断はこれらを曲げるものではなく、さらなる力を得て、民進党の目指す社会を実現する第一歩です。二大政党制を確立し、政権交代を通じて理想の社会を創るための土台強化です。「希望の党」とは理念や基本的政策の方向性については一致をしています。今後、選挙に向けてさらに政策を具体化する中で、国民の皆様の理解と信頼を得ていきたいと考えています。

 民進党は引き続き存続し、今回の総選挙では「希望の党」の選挙を全力で支援します。皆様におかれましても、民進党に頂いていたご支援を上回るご支援を「希望の党」に賜りたいと思います。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

2017年9月28日
民進党代表 前原誠司


 引用元:https://www.minshin.or.jp/a/112648
民進党とは(Wikipedia)

img_cd94f22a2767e8e89ffbe19ed0c3c823300995

民進党(みんしんとう、英: The Democratic Party)は、日本の政党。略称は民進、DP。
衆議院と参議院で自由民主党に次ぐ第2会派を形成し、所属国会議員数では野党第1党である。

民主党と維新の党が合流し、改革結集の会の一部議員や無所属議員なども参加して、2016年3月27日に結成された[5]。

党名
維新の党の松野頼久代表はかねてから「民主党という名前の政党に合流することはない」と述べており[6]、民主党への合流も党名変更が条件とされたため[7]、新党名決定が課題となっていた。この点、当初は「立憲民主党」や「日本民主進歩党」、「民主党立憲同盟」、「国民党」、「憲政党」などが候補に浮上していると報道された[8][9]。また、維新の党の江田憲司前代表は「『みんなの党』や『結いの党』のようなキラキラネームではなく、政治理念や政治信条を化体した本格的な名前にしていかなければならない」と述べた[10][注 1]。
代表岡田克也
代表代行江田憲司
長妻昭
蓮舫
幹事長枝野幸男
参院議員会長郡司彰
成立年月日2016年3月27日
前身政党民主党
維新の党
改革結集の会(一部)
本部所在地〒100-0014
東京都千代田区永田町
一丁目11番1号三宅坂ビル
北緯35度40分44.2秒東経139度44分34.7秒
衆議院議席数
95 / 475   (20%)
(2016年4月12日現在)
参議院議席数
60 / 242   (25%)
(2016年3月27日現在)
都道府県議数
386 / 2,733   (14%)
(2014年12月31日現在[1]
政治的思想・立場中道派[2]
近代立憲主義[3]
社会自由主義[3]
共生主義[3]
平和主義[3]
政党交付金
97億4388万 円
(2016年4月1日決定[4]


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E9%80%B2%E5%85%9A
民進党認証済みアカウント@MinshintoNews

nc1secF0_400x400

民進党の公式アカウントです。民進党の活動、政策や主張、最新ニュースなどをお知らせします。

東京都千代田区永田町
minshin.or.jp
2016年3月に登録


 引用元:https://twitter.com/minshintonews
前原誠司とは(Wikipedia)

fs

前原 誠司(まえはら せいじ、1962年(昭和37年)4月30日 - )は、日本の政治家。民進党所属の衆議院議員(8期)、民進党代表(第3代)、凌雲会会長(第2代)。
京都府議会議員(1期)、民主党代表(第5代)、国土交通大臣(第12・13代)、外務大臣(第145代)、民主党政策調査会長(第11代)、内閣府特命担当大臣(防災・沖縄及び北方対策・経済財政政策・科学技術政策・原子力行政・宇宙政策)などを歴任。

生い立ち
京都市左京区生まれ。両親は鳥取県出身(父親は境港市[1]、母親は日野郡日南町[1])である[2]。前原によれば「根っからの京都の人というのは三代百年住んでいないとなかなか認めてくれないんです[2]。…昔の人から言うと、まだ「入り人(いりびと)」という範疇(はんちゅう)に入ります[2]。」という。
生年月日1962年4月30日(55歳)
出生地日本の旗 京都府京都市
出身校京都大学法学部卒業
所属政党日本新党→)
(民主の風→)
新党さきがけ→)
旧民主党→)
民主党→)
民進党凌雲会
称号法学士(京都大学・1987年
公式サイト前原誠司(まえはらせいじ)
-ホームページ-

内閣野田第3次改造内閣
在任期間2012年10月1日 - 2012年12月26日

日本の旗 第145代 外務大臣
内閣菅第1次改造内閣
菅第2次改造内閣
在任期間2010年9月17日 - 2011年3月6日

日本の旗 第12-13代 国土交通大臣
内閣府特命担当大臣
沖縄及び北方対策担当
内閣鳩山由紀夫内閣
菅内閣
在任期間2009年9月16日 - 2010年9月17日

日本の旗 内閣府特命担当大臣
防災担当
内閣鳩山由紀夫内閣
在任期間2009年9月16日 - 2010年1月12日

選挙区旧京都1区→)
京都2区
当選回数8回
在任期間1993年7月18日 - 現職

その他の職歴
京都府の旗 京都府議会議員
1991年 - 1993年)


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%8E%9F%E8%AA%A0%E5%8F%B8

小池新党は「希望の党」 / なんと日ころ中山代表も合流へ youtube動画
希望の党・小池代表 入党条件は憲法・安保

20170927-00000086-asahi-000-view
野党第一党の「民進党」と小池都知事が立ち上げた「希望の党」が、事実上の合流に向けて最終調整を行うなか、27日午後10時すぎ、希望の党の小池代表が“入党の条件”について次のように述べた。

 希望の党代表・小池都知事「極めてリアルな安全保障政策についてこれるかどうかということだと思います」

 Q:民進党でも旧社会党系とかは一緒にできない? 希望するかどうかもわからないが。

 希望の党代表・小池都知事「そういう方はそもそも来られないのではないでしょうか」


 引用元:https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170928/k00/00e/010/251000c

「民進党」が「希望の党」に合流で最終調整 youtube動画
「民進党」が「希望の党」に合流で最終調整

d89b71635c4804c808bdc1af0d114a6a_489

衆議院選挙に向けて大きな動き。民進党と希望の党が事実上の合流に向けて最終調整に入っていることが分かった。

 総選挙で与党に対抗して政権交代を目指すため、民進党と希望の党が合流する方向となった。民進党の前原代表と希望の党の小池代表は26日夜、極秘に会談し両党が合流する可能性について協議した。その結果、両党は事実上、合流する方向で最終調整に入った。関係者によると、小池代表が党のトップに就任する方向だという。またその場合、小池代表が都知事を辞任して自ら衆議院選挙に出馬するとの見方が出ている。

 一方、小池代表は党と党の合併には否定的で合流に向けて具体的にどのような方法をとるのか、また、どういう政策を掲げるのかなど詰めの調整が続いている。

 政策面では消費税率の引き上げの是非や憲法改正の考え方などについて両党の主張には溝がある。また民進党内に小池代表の政治手法を懸念する声もある。しかし、ある民進党議員は「安倍政権を倒すためという一点で合流にさほど異論は出ないだろう」と話している。


 引用元:http://www.news24.jp/articles/2017/09/27/04373671.html
小池知事「日本をリセットする」 衆院選の立候補は否定

AS20170927001170_comm

会見する「希望の党」代表の小池百合子氏=27日午前9時41分、東京都新宿区、柴田悠貴撮影

東京都の小池百合子知事が代表を務める新党「希望の党」の設立会見が27日午前、都内のホテルであった。小池氏は冒頭、「しがらみのない政治、大胆な改革を築く新しい政治。日本をリセットするために希望の党を立ち上げます」と宣言した。

小池氏は「日本にはありとあらゆるものがあるが、希望が足りない。みんなが不安を抱くからこそ、しがらみのない政治をつくりあげることで、希望を届けていく」と語った。新党の立場について、「改革するベースにあるのは保守の精神。寛容な、改革の精神に燃えた保守だ」とも述べた。

 その後の質疑で、自身が衆院選へ立候補する可能性を問われた小池氏は「しっかりと都知事としての役割を果たし、これからも2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた準備を都知事としてしたい。あくまでも都知事として、希望の党の代表としてこの戦いに臨んでいく」と述べた。

 会見には、自民党や民進党を離党するなどした現職の国会議員14人が新党初期メンバーとして参加した。6項目からなる綱領を発表し、「寛容な改革保守政党を目指す」「情報公開を徹底」「税金の有効活用(ワイズ・スペンディング)の徹底」などとした。

■「希望の党」の結党会見に出席した国会議員

(敬称略、丸数字は当選回数、政党は7月の東京都議選時点)

【衆院】

細野豪志(静岡5区⑥)=民進

笠浩史(神奈川9区⑤)=民進

後藤祐一(神奈川16区③)=民進

若狭勝(東京10区②)=無所属

野間健(鹿児島3区②)=無所属

松原仁(比例東京⑥)=民進

長島昭久(比例東京⑤)=無所属

福田峰之(比例南関東③)=自民

鈴木義弘(比例北関東②)=民進

木内孝胤(比例東京②)=民進

横山博幸(比例四国①)=民進

【参院】

行田邦子(埼玉②)=無所属

松沢成文(神奈川①)=無所属

中山恭子(比例②)=日本のこころ


 引用元:http://www.asahi.com/articles/ASK9W363VK9WUTFK002.html
【追記あり】12年前に総務省が制作した短編映像「希望の党」が発掘され、その予見性が話題に

top
これはとんでもない未来予知かもしれません。詳細は以下から。

本日爆誕した小池百合子都知事が代表を務める新党「希望の党」。なんと12年前の2005年に総務省と明るい選挙推進協会が制作した「希望の党」を紹介する動画が発掘されて大きな話題となっています。

監督は「ガメラ」シリーズや「就職戦線異状なし」、「デスノート」などで知られる金子修介さん。主演には渋谷飛鳥さんと木下ほうかさんというキャストで、20分間の短編作品です。

あらすじとしては2005年当時らしく「誰に投票しても変わらない」と考えて選挙に行かない夫婦と、熱心に翌日の選挙に行くように勧める娘といういかにも「選挙に行こうキャンペーン作品」らしい出だし。

しかしその選挙が終わると政権を取るのが耳慣れない「希望の党」という政党で、徐々にこれまでの終わりなき日常が変わっていき、ついに…というディストピア展開。そして万を持して楳図かずおが登場し、想像を超える超展開へとなだれ込みます。

作品は金子監督が自らのYouTubeチャンネルにアップしており、前後編で閲覧が可能。

「希望の党」前編 ? YouTube

「希望の党」後編 ? YouTube

選挙に無関心なダメな大人と国の未来を考える真面目な子供、そしてそうした真面目さを易々と汲み上げて権力を奪取するポピュリズムとファシズム。その止められない暴走の末路など、まさしく2017年現在の日本の社会状況の危険性を浮き彫りにしてます。

この政党に「希望の党」という明るく分かりやすい名前を付けた金子監督。小池都知事の「希望の党」の行く末をどこまで予見しているのでしょうか?

【9月27日13:40追記】
小池新党「希望の党」の公式PR動画が公開されたので追記します。上記作品と呼応するかのような内容、緑のイメージカラーなど、コラボレーションが疑われるレベルで共通点を感じられるものになっています。

【公式】希望の党 ? YouTube

なお、「希望の党」の設立を公表した翌日という早すぎるタイミングで公開されたことから、「希望の党」の旗揚げが十分に時間を持って計画されていたことは間違いありません。実際に「希望の党」という名称は2017年2月の段階で商標登録の出願を小池都知事本人が行っています。


 引用元:http://buzzap.jp/news/20170925-kibou-no-tou/
新党結成の小池知事、国民の希望のために「アウフヘーベン」→「意味は辞書で調べて」

聞き慣れない単語に、ネット上はざわついた。

東京都の小池百合子知事は9月25日午後、新党「希望の党」を立ち上げ、自ら代表に就任すると明らかにした。

知事には引き続きとどまる方針で、情報公開や女性活躍、「しがらみのない政治」などを政策として訴えていく。国政への関与は「都政にとってもプラス」という。
sub-buzz-20604-1506322437-1

時事通信
小池知事は25日の会見で、安倍晋三首相の判断による衆議院解散をこう批判した。

「今回は大義なき解散総選挙。世論調査を見ても多くの国民の方が疑問に思っている。ましてや北朝鮮情勢が緊迫している中での総選挙がふさわしいのか、ということはかなりのクエスチョンマーク。国家の危機管理上、疑問に思います」

そのうえで、「いままでの議論をアウフヘーベンし、国民が希望の持てる政策を投げるべき」という持論を展開した。

「これからは、考えられないことを考えられることが必要です。禅の高僧道元やハーマン・カーン(*米国の未来学者)も言っている。これまで新しい党をつくるにおいて議論して積み重ねてきた論議だけではなく、もっと国民は違うことを求めている」

「ここでアウフヘーベンを使うと何かを思い出すかもしれないが、国民のニーズというのは、メディアが引いたレールの延長線上にはない。もっと大きな夢をみんな描きたいと思っていて、それが憲法9条3項の議論などではない。もっと明るく、そして希望を持てるような政策のボールを投げるということが必要だ」

会見終盤でも…

この「アウフヘーベン」は9月25日の会見終盤にも、再び飛び出した。

そもそも新党結成は自民党を離党した若狭勝氏や、民進党を離党した細野豪志氏が準備していたものだが、小池知事はこれを「リセットして、私自身が絡んで立ち上げていく。まったく新しい政党として結党宣言したい」と述べていた。

これについて、記者は「若狭さんや細野さんらの準備を進めていることが、まったくプッツンと切れてしまうのか、小池さんがこれから国会議員と連携を取って行くのか」と、これまでの準備との継続性や連携があるのか、と問うた。

小池知事の答えはこうだ。

「これはプッツンするものではございません。アウフヘーベンするものでありまして、内容は辞書で調べてください」

「これまでの積み重ねがございまして、ここでもう一回ジャンプということになります。非常に細かい部分も詰めていただいているが、むしろ一回大きく広げていく必要があるなと感じた次第です」

アウフヘーベン…?

小池知事の口から飛び出した聞き慣れない単語に、Twitter上では「わからないよ」「また出た」「便利な言葉だ」「何回聞いても意味分からない単語」などの指摘や疑問が相次いで投稿された。混乱した人は少なくなかったようだ。

広辞苑を引いてみると「止揚。揚棄。ヘーゲル哲学(弁証法の用語)」と記されているのみのこの単語、アウフヘーベン(Aufheben)。

矛盾・対立する2つの概念を、その状態を保ちながら、より高い次元段階で統合、発展させることを指す、弁証法の哲学用語(ドイツ語)だ。

小池知事はこれまでも会見でこの用語をよく使っている。たとえば2017年6月、築地市場の豊洲移転問題に関する会見。二つの市場に関する議論を「アウフヘーベン」する必要がある、という持論だった。

「アウフヘーベン」というのは、一旦立ち止まって、そして、より上の次元にという、日本語で「止揚」という言葉で表現されますが、これまで安全、安心、法的、科学的、さまざまなチェックが行われてきました。
そういったことを全部含めて、どう判断するかという、そのための「アウフヘーベン」が必要だということを申し上げた。
横文字を多用する意味
sub-buzz-13658-1506322256-1

Jun Tsuboike / BuzzFeed
これまでも「ワイズ・スペンディング」「サスティナブル」「ガバナンス」などの横文字を多用してきた小池知事。

7月の都議選でBuzzFeed Newsの取材に応じた際には、その理由について「横文字になるのは日本にそのコンセプトがないからだと思いますね」と語っている。

また、記者が「横文字を多用すると有権者にその意味が伝わらないのでは」と指摘すると、「そこは一つ一つ伝えていく」と答えた。

「まあワイドショーが解説してくれていますから。それに、この意味は何かと調べることに、効果があるじゃないですか。知らない人がその言葉を知るようになる」

ちなみにこの取材時、小池知事はアウフヘーベンについてこう解説している。

「アウフヘーベンはアウフヘーベンでしょう」

小池知事が講演を聴き、政治家として感銘を受けたマーガレット・サッチャー元英首相は、かつてこう語ったという。

「平易な言葉で語ることは、政府にとって不可欠な道具だと言っても過言ではない」


 引用元:https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/aufheben-means-aufheben2?utm_term=.beWlojlmq#.eworEgrk6
止揚とは(Wikipedia)

aufheben3

止揚(しよう、独: aufheben、アウフヘーベン)は、ドイツの哲学者であるヘーゲルが弁証法の中で提唱した概念。揚棄(ようき)ともいう。

解説
ドイツ語の aufheben には、廃棄する・否定するという意味と保存する・高めるという二様の意味があり、ヘーゲルはこの言葉を用いて弁証法的発展を説明した。つまり、古いものが否定されて新しいものが現れる際、古いものが全面的に捨て去られるのでなく、古いものが持っている内容のうち積極的な要素が新しく高い段階として保持される。
このように、弁証法では、否定を発展の契機としてとらえており、のちに弁証法的唯物論が登場すると、「否定の否定の法則」あるいは「らせん的発展」として自然や社会・思考の発展の過程で広く作用していると唱えられるようになった。
国語辞典などでは、違った考え方を持ち寄って議論を行い、そこからそれまでの考え方とは異なる新しい考え方を統合させてゆくこと、という説明がなされることがある。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A2%E6%8F%9A

【速報】小池百合子都知事が「希望の党」結党宣言!国政に関与へ youtube動画
小池知事 国政新党「希望の党」代表に

AS20170925002641_commL

新党の名前を発表する東京都の小池百合子知事=都庁で2017年9月25日午後2時31分、西本勝撮影

東京都の小池百合子知事は25日、臨時記者会見を開き、知事職にとどまったまま、自らが中心となって国政新党「希望の党」を設立すると発表し、新党の代表に就任する考えを示した。

 小池氏は「(新党は)私自身が立ち上げる。国政に直接、絡んでいきたい。都政はしっかりと行う。都政に磨きを掛ける上で、(国政に関与することは)都政にとってもプラス」と述べた。【円谷美晶】


 引用元:https://mainichi.jp/articles/20170925/k00/00e/010/248000c
日本のこころ・中山恭子代表が「小池新党」参加へ 夫の中山成彬元文科相も

plt17092414190007-p1

 日本のこころの中山恭子代表(77)=参院比例代表=が、小池百合子東京都知事の側近らが結成する国政新党に参加する意向を周辺に伝えていたことが24日、分かった。中山氏は同日午後、東京都内で小池氏と会談する。

 関係者によると、中山氏の夫の中山成彬元文部科学相も新党に加わり、10月の衆院選に出馬する意思を示している。


 引用元:http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/170924/plt17092414190007-n1.html
小池百合子とは(Wikipedia)

小池 百合子(こいけ ゆりこ、1952年〈昭和27年〉7月15日 ‐ )は、日本の政治家。東京都知事(第20代)。地域政党「都民ファーストの会」特別顧問。
アラビア語通訳者[4]、ニュースキャスター[4][5]を経て、1992年に政界へ転身した。
テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』キャスター(初代)[4]、参議院議員(1期)、衆議院議員(8期)、総務政務次官(細川内閣)、経済企画総括政務次官(小渕第2次改造内閣・第1次森内閣・第2次森内閣)、環境大臣(第5・6・7代)、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)、防衛大臣(第2代)、自由民主党広報本部長、自由民主党総務会長(第49代)、自由民主党国際人材議員連盟会長、都民ファーストの会代表などを歴任した。

来歴
生い立ち
兵庫県芦屋市生まれ。芦屋市立岩園小学校、甲南女子中学校を経て、甲南女子高等学校卒業。在学中は、テニス部・ソフトボール部、E.S.Sに所属。高校在学中、神戸市で貿易商を営んでいた実父が石原慎太郎による将来的な新党結成を見据えた「日本の新しい世代の会」の推薦を受けて、1969年12月に実施された第32回衆議院議員総選挙に旧兵庫2区から無所属で立候補したが落選している[6]。実母は赤穂(赤穂市)の塩田地主であった小川家の出身。
生年月日1952年7月15日(65歳)
出生地日本の旗 日本 兵庫県芦屋市
出身校関西学院大学社会学部中退
カイロ大学文学部社会学科卒業[1][2]
前職ニュースキャスター
アラビア語通訳
所属政党日本新党→)
新進党→)
自由党→)
保守党→)
(保守クラブ→)
自由民主党細田派→無派閥)→)
都民ファーストの会
称号社会学士(カイロ大学・1976年
公式サイト小池百合子オフィシャルサイト

東京都の旗 第20代 東京都知事
当選回数1回
在任期間2016年8月2日[3] - 現職

日本の旗 第2代 防衛大臣
内閣第1次安倍内閣
在任期間2007年7月4日 - 2007年8月27日

内閣第2次小泉改造内閣
第3次小泉内閣
第3次小泉改造内閣
在任期間2004年9月27日 - 2006年9月26日

日本の旗 第5-7代 環境大臣
内閣第1次小泉第2次改造内閣
第2次小泉内閣
第2次小泉改造内閣
第3次小泉内閣
第3次小泉改造内閣
在任期間2003年9月22日 - 2006年9月26日

選挙区旧兵庫2区→)
兵庫6区→)
比例近畿ブロック→)
東京10区→)
比例東京ブロック→)
東京10区
当選回数8回
在任期間1993年7月19日 - 2016年7月14日

その他の職歴
日本の旗 参議院議員
1992年7月26日 - 1993年7月4日)


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B1%A0%E7%99%BE%E5%90%88%E5%AD%90
希望の党とは(Wikipedia)

6
希望の党(きぼうのとう)は、日本の政党。

概説
東京都知事・小池百合子が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」が国政進出する形で、小池の側近である衆議院議員・若狭勝が中心となって発足。

党史
前史
2016年7月31日の東京都知事選挙で、自由民主党衆議院議員であった小池百合子は自民党の推薦を得ずに立候補し当選。その後2016年9月20日には、地域政党「都民ファーストの会」を結成する[1]。10月30日には、小池主宰の政治塾「希望の塾」が開塾した[2]。
2017年7月2日の東京都議会議員選挙で、都民ファーストの会は都議会第1党の座を自民党から奪取した[3]。若狭勝は自民党衆議院議員でありながら、都知事選挙では小池を、都議会議員選挙(離党届提出後、未受理)においては都民ファーストの会を支援していた。
翌7月3日、自民党党紀委員会において、小池(6月1日提出)、若狭(5月31日提出)、保坂三蔵の離党届が受理された[4]。
若狭が、自身が代表の政治団体「日本ファーストの会(にっぽんファーストのかい)」を7月13日に設立したことを発表。日本ファーストの会は、9月16日開講の新たな政治塾「輝照塾(きしょうじゅく)」の運営を行うが、日本ファーストの会を足掛かりとして、若狭が旗振り役となり国政政党結成を目指した[5]。

結党
若狭は国政政党を作るにあたり、民進党を離党した長島昭久衆議院議員、細野豪志衆議院議員をはじめ、日本維新の会を除名された渡辺喜美参議院議員など複数の他党出身国会議員に参加を打診[6]。
9月25日に小池が記者会見を開催し、国政新党の結成ならびに党名「希望の党」を発表[7]、自身が党首に就任する。党名は「希望の塾」から引用した[8]。
参加議員は、若狭、細野が会長だった民進党の派閥「自誓会(細野派)」に所属していた後藤祐一、笠浩史議員[9]、同前民進党所属の鈴木義弘、木内孝胤の他、自民党所属で現職の副大臣だった福田峰之[10]、民進党を離党した松原仁[11]、日本のこころの中山恭子代表とその夫・中山成彬、無所属議員の行田邦子も参加の意思を示している。[12]
第48回衆議院議員総選挙には、輝照塾の塾生などの新人候補も擁立予定。

政策
憲法改正を行っての一院制、情報公開によるしがらみ政治からの脱却、ワイズスペンディング(賢い支出)、現実的な外交・安全保障政策を予定。
希望の政治
1しがらみのない政治
2議員定数・議員報酬の縮減
3行政改革・徹底した情報公開
4真の地方分権の確立
希望の社会
1女性政策など、ダイバーシティ政策の確立
2多様な教育(奨学金、高度研究、生涯教育)
希望の経済
1消費税対応、実感できる景気回復の実現
2ポストアベノミクスのかわる成長戦略 不動産の有効活用 AI 金融
希望を守る環境・エネルギー
1原発ゼロとゼロエミッション社会への行程作成
2フードロス対策など
憲法改正
希望溢れる日本の礎
日本の旗 日本の政党
希望の党
代表小池百合子
成立年月日2017年
本部所在地東京都
衆議院議席数
参議院議席数



 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E3%81%AE%E5%85%9A
民進党とは(Wikipedia)

img_cd94f22a2767e8e89ffbe19ed0c3c823300995

民進党(みんしんとう、英: The Democratic Party)は、日本の政党。略称は民進、DP。
衆議院と参議院で自由民主党に次ぐ第2会派を形成し、所属国会議員数では野党第1党である。

民主党と維新の党が合流し、改革結集の会の一部議員や無所属議員なども参加して、2016年3月27日に結成された[5]。

党名
維新の党の松野頼久代表はかねてから「民主党という名前の政党に合流することはない」と述べており[6]、民主党への合流も党名変更が条件とされたため[7]、新党名決定が課題となっていた。この点、当初は「立憲民主党」や「日本民主進歩党」、「民主党立憲同盟」、「国民党」、「憲政党」などが候補に浮上していると報道された[8][9]。また、維新の党の江田憲司前代表は「『みんなの党』や『結いの党』のようなキラキラネームではなく、政治理念や政治信条を化体した本格的な名前にしていかなければならない」と述べた[10][注 1]。
代表岡田克也
代表代行江田憲司
長妻昭
蓮舫
幹事長枝野幸男
参院議員会長郡司彰
成立年月日2016年3月27日
前身政党民主党
維新の党
改革結集の会(一部)
本部所在地〒100-0014
東京都千代田区永田町
一丁目11番1号三宅坂ビル
北緯35度40分44.2秒東経139度44分34.7秒
衆議院議席数
95 / 475   (20%)
(2016年4月12日現在)
参議院議席数
60 / 242   (25%)
(2016年3月27日現在)
都道府県議数
386 / 2,733   (14%)
(2014年12月31日現在[1]
政治的思想・立場中道派[2]
近代立憲主義[3]
社会自由主義[3]
共生主義[3]
平和主義[3]
政党交付金
97億4388万 円
(2016年4月1日決定[4]


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E9%80%B2%E5%85%9A
民進党認証済みアカウント@MinshintoNews

nc1secF0_400x400

民進党の公式アカウントです。民進党の活動、政策や主張、最新ニュースなどをお知らせします。

東京都千代田区永田町
minshin.or.jp
2016年3月に登録


 引用元:https://twitter.com/minshintonews
安保法案とは、そもそも何? わかりやすく解説【今さら聞けない】

o-TANKS-570

陸上自衛隊の演習で行進する74式戦車

安全保障関連法案(安保法案)が7月16日、衆院本会議で可決された。安保法案とはそもそもどんな法案で、どんな指摘が出ているのか、まとめた。

■どんな法律なのか?

法案は、新しくつくられる「国際平和支援法案」と、自衛隊法改正案など10の法律の改正案を一つにまとめた「平和安全法制整備法案」からなる。

集団的自衛権を認める
自衛隊の活動範囲や、使用できる武器を拡大する
有事の際に自衛隊を派遣するまでの国会議論の時間を短縮する
在外邦人救出や米艦防護を可能になる
武器使用基準を緩和
上官に反抗した場合の処罰規定を追加
などが盛り込まれた。歴代内閣が否定してきた集団的自衛権の行使容認には「合憲性を基礎づけようとする論理が破綻している」(長谷部恭男・早稲田大学教授)など、法学者らから疑問の声も強い。
original

内閣府資料をもとにHuffPost Japan作成

■そもそもなぜ必要とされたのか?

「日本を取り巻く安全保障環境が変化し、一層厳しさを増したため」と安倍首相は説明する。国内外から、「中国の脅威に備えないと、とんでもないことになる」という指摘も出ていた。

また、1991年の湾岸戦争で、日本はアメリカなどに約130億ドルの財政支援をしながらも、自衛隊を派遣しなかったことが評価されなかったことも契機となった。以後、日本はアメリカなどの求めに応じる形で、国連の平和維持活動(PKO、1992年~)を皮切りに、イラクへの人道支援(2003年~)など、自衛隊の海外派遣を徐々に拡大してきた。外務省の中には「外交のツールとして自衛隊を使いたい」という悲願もあるとされ、2014年に歴代内閣の憲法解釈を変更する形で、これまで禁じてきた集団的自衛権の行使を容認。2015年にアメリカを訪問した安倍晋三首相は、オバマ大統領に、関連法案の夏までの成立を約束した。

一方で、アメリカの圧力を指摘する見方もある。アメリカ在住のジャーナリスト・冷泉彰彦は、アメリカ情勢について次のように分析している。

アメリカにとっては、東アジアの戦力バランスあるいは世界における反テロ戦争に関して、日本がより「負担」をしてくれる分だけ、アメリカとしては負担が軽減されるからです。
 
負担が軽減されて助かるとか、カネが浮くと言うよりも、政治情勢や経済情勢の変化の中で「日本は負担が少な過ぎるからタダ乗りだ」とか「日本はカネだけ出して、血を流すのは我々なのか」といった「日本切り捨て論」を防止する効果があるのと、何よりも「日本に要求を受け入れさせることができた」という「成果」をオバマ政権が議会や世論にアピールすることができる、そうしたアメリカの内政上の問題が背景にあると思います。
 
(ニューズウィーク日本版:「新安保法制」の問題点とは何かより 2015/03/26 12:14)
■複雑すぎる「事態」

法案では、自衛隊の派遣が可能となる6つの事態を想定。事態の内容によって自衛隊が活動できる内容や、国会承認手続きの必要性などが盛り込まれた。

original (1)

内閣府資料をもとにHuffPost Japan作成

例えば、「存立危機事態」では集団的自衛権の行使が可能となり、自衛隊の武力行使も認められる。原則として事前の国会承認が原則だが、事後の承認も例外的に認められるとされた。

一方で、国際社会の平和と安全を脅かすような「国際平和共同対処事態」では武力の行使は認められず、国会の事前承認も例外なく必要となる。

■「存立危機事態」の定義が曖昧

自衛隊が集団的自衛権で武力を行使できる「存立危機事態」は次のように定義されている。

「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険があること」

(内閣府「平和安全法制等の整備について資料」より 2015/05/14)
安倍首相らは「政府が総合的に判断して認定する」としているが、民主党などは定義や認定方法が「極めて曖昧」と主張する。岡田克也・民主党代表は、「存立危機事態は、非常に抽象的。時の政府が勝手に存立危機事態を認定して、自衛隊を送り出し、武力行使するということになりかねない」と指摘。「当然、反撃も来るわけですし、国民の暮らし、命がかかっている大きな政治の決断。それが(国民が政府に)白紙委任しているような形になり、民主国家としては許されない」と批判した。

一方で維新の党は、この存立危機事態を「武力攻撃危機事態」に変えた修正案を提出した。「条約に基づきわが国周辺の地域においてわが国の防衛のために活動している外国の軍隊に対する武力攻撃が発生し、これによりわが国に対する外部からの武力攻撃が発生する明白な危険があると認められるに至った事態」と定義。個別自衛権によって対応するとした内容だっが、自公両党は維新の修正案に賛同しなかった。

■「後方支援」は「人道支援」とどう違う?

武力行使が認められない「国際平和共同対処事態」や「重要影響事態」などで、自衛隊の活動をどこまで認めるのかも焦点だ。

後方支援には「武器の提供は含まない」とされているが、弾薬の提供や武器・他国の兵士の輸送は認めており、防衛庁長官や自民党副総裁などを歴任した山崎拓・元衆院議員は、後方支援中の部隊が襲われる可能性が高いとして、自衛隊の後方支援自体に反対している。

正面と後方は一体、つまり後方とは兵站ですから。今まで自衛隊は、例えばサマワなら近くのアメリカ軍に守ってもらう約束もあった。今度は兵站基地の部隊は自分たちで守らなければならない。そのための装備も持っていきますよね。かなり重装備になりますよ。PKOとはわけが違う。正面と後方は一体だから、敵軍は必ず、兵站基地である後方を襲います。すると自衛隊は防戦します。武器を使用すれば反撃がある。反撃があればまた撃ち返す。そうなれば武力行使になる。武力行使になれば戦闘行為になる。戦闘行為になれば、それは戦争に巻き込まれるということになる。そこで死傷者が出ないなんてまず考えにくいですね。だから、リスクが高まることは間違いない。イラクの経験はいくつか他にもあるんですけれども、自衛隊を後方支援活動に出すこと自体に私は反対です。
 
(安保法制で「リスクは間違いなく高まる」 背景にある真の狙いとは? 山崎拓vs.岡田克也対談より 2015/06/15 21:58)
■今後の予定は?

法案は、110時間以上の国会審議が行われた。しかし、NHK・朝日・読売・産経・毎日・日経などの大手メディアが行った世論調査で「賛成」が「反対」を上回ったものはなかった。

法案は参院に送られ、審議される予定。会期末は9月27日だが、仮に参院本会議で議決されなくても60日たてば衆院で再議決できる「60日ルール」の適用も視野に入れていると見られる。しかし、適用すれば「参院不要論」につながりかねないため、与党側はルールを適用せずに成立を目指す考えだ。民主党など野党は徹底抗戦を主張しており、採決までの道のりは予断を許さない。

》関連記事:【安保法案】集団的自衛権、憲法制定時からこんなに変わった
o-JAPANSECURITYBILLS-570


 引用元:http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/15/security-law-wakariyasuku_n_7806570.html
安倍首相、衆院解散を正式表明「国難突破解散だ」

aa

記者会見で臨時国会冒頭の衆院解散を表明する安倍首相(共同)

安倍晋三首相は25日、官邸で会見し、臨時国会冒頭の28日に衆院を解散すると正式に表明した。

 首相は自ら、「国難突破解散だ」と命名した上で、衆院選について「大変、厳しい戦いになる」との見通しを示した。

 その上で「私自身への信任を問うことになる」とも述べ、有権者による信任か、不信任が問われる選挙になるとの認識も示した。

 解散の理由がはっきりせず、「大義なき解散」といわれる。これについて、首相は、2019年10月に予定する消費税率10%への引き上げに関し、子育て世代への投資や社会保障の安定化に充当するとして、当初予定した増税時の税収使途から見直しが生じたことで「国民との約束を変更し、重い決断をする以上、国民に信を問わなければならない」と、説明した。

 衆院選は10月10日公示、同22日投開票の日程で行われる。


 引用元:https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201709250000598.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp
自民税調 消費税の使いみちは衆院選後に議論

K10011157081_1709261729_1709261731_01_02

9月26日 17時13分
自民党の税制調査会は、26日幹部会合を開き、安倍総理大臣が消費税の使いみちを見直す考えを示したことをめぐって意見を交わし、具体的な対応については衆議院選挙の後に改めて議論することを確認しました。
自民党の税制調査会は26日、宮沢税制調査会長ら幹部による会合を開き、安倍総理大臣が消費税の使いみちを見直す考えを示したことをめぐって意見を交わしました。

この中で出席者からは、「安倍総理大臣の真意をしっかり反映させて、衆議院選挙の公約に書き込むべきだ」という意見の一方、「高齢化が進む中で、消費税の使いみちを教育にまで広げるべきではない」、「財政健全化をないがしろにすべきではない」という指摘も出されました。
そのうえで会合では、具体的な対応については、衆議院選挙の後に改めて議論することを確認しました。

一方、会合では、来年度の税制改正に向け、所得税の控除制度や、一般的な「紙巻たばこ」と比べて低くなっている、火を使わず煙が出ない「加熱式たばこ」の税率の見直しについて議論していくことを申し合わせました。


 引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170926/k10011157081000.html
3~5歳児の教育無償化 首相表明、消費税収を活用

教育無償化に意欲的な?安倍総理

 安倍晋三首相は25日の経済財政諮問会議で、3~5歳のすべての子どもの幼児教育・保育の費用を無償化する方針を示した。こうした教育無償化などの施策について「2兆円規模の大規模な政策を実行する」と述べた。財源として2019年10月に予定する消費税率の8%から10%への引き上げによる税収増を充てる考えを示した。

 0~2歳の子どもも所得が低い家庭に限って無償化する方針を示した。首相は同日夕に記者会見して衆院を解散する意向を表明し、消費税収の使い道の変更などについて国民に信を問う考えだ。

 8%から10%への消費税の引き上げによる増収分のうち赤字の削減に充てることになっていた4兆円のうち、半分を幼児教育無償化や高等教育の負担軽減の財源に回す。2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化する財政健全化目標は一段と難しくなることは避けられないが、首相は諮問会議で「実現していく」と述べるにとどめた。


 引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS25H1W_V20C17A9000000/
衆議院解散とは(Wikipedia)

20141125

衆議院解散(しゅうぎいんかいさん)とは、大日本帝国憲法下の帝国議会と日本国憲法下の国会において、総選挙を行うために衆議院を解散すること。解散によりすべての衆議院議員は、任期満了前に議員としての地位を失う。

日本国憲法下の衆議院解散
日本国憲法において衆議院の解散は、内閣の助言と承認により、天皇が行う国事行為の一つと定められている(日本国憲法第7条3号)[注 1]。
衆議院が解散されたときは、解散の日から40日以内に衆議院議員総選挙を行い、その選挙の日から30日以内に国会(特別国会)を召集しなければならない(同54条第1項、公職選挙法第31条3項)。そして、日本国憲法は衆議院議員総選挙後に初めて国会の召集があったときには当然に内閣は総辞職するものとしている(日本国憲法第70条)。現在の内閣総理大臣を指名した衆議院が解散により存在しなくなり、衆議院議員総選挙によって新たに衆議院が構成されることになった以上、たとえ同一の者が内閣総理大臣に指名されるとしても内閣は新たにその信任の基礎を得るべきであるとの趣旨である[2]。内閣総辞職を受けて国会は新たに内閣総理大臣を指名し(内閣総理大臣指名選挙)、その指名に基づき天皇は内閣総理大臣を任命する(同6条第1項)。そして、新たに任命された内閣総理大臣は旧内閣(職務執行内閣)から職務を引き継ぎ(同71条)、国務大臣を任命する組閣を行うことになる(同68条第1項)。
なお、憲法解釈上は解散権はあくまでも内閣に存するが、事実上、内閣総理大臣の専権事項となる(後述の「解散権の行使」を参照)。そのため、「首相の大権」或いは「伝家の宝刀」とも呼ばれる[3]。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%86%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%A7%A3%E6%95%A3
安倍晋三とは(Wikipedia)

ダウンロード

安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年〈昭和29年〉9月21日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(8期)、内閣総理大臣(第90・96・97代)、自由民主党総裁(第21・25代)。

成蹊大学卒業後、神戸製鋼所社員、外務大臣秘書官を経て衆議院議員となる。内閣官房副長官、自由民主党幹事長(第37代)、同幹事長代理、内閣官房長官(第72代)などを歴任。2006年(平成18年)9月26日に戦後最年少の52歳で自由民主党総裁(第21代)、内閣総理大臣(第90代)に就任するも、2007年(平成19年)に第21回参議院議員通常選挙での敗北と、体調の悪化を理由に同職を退任。2012年(平成24年)9月、自由民主党総裁に再就任、同年12月26日に内閣総理大臣に再就任した。内閣総理大臣を辞職して期間を置いて再登板した事例は、1948年(昭和23年)の吉田茂以来64年ぶりのことであった。
生年月日1954年9月21日(61歳)
出生地日本の旗 日本 東京都新宿区
出身校成蹊大学法学部政治学科卒業
南カリフォルニア大学政治学中退
前職神戸製鋼所従業員
実父秘書
所属政党自由民主党細田派
称号政治学士(成蹊大学・1977年
配偶者安倍昭恵
親族佐藤信寛(五世祖父)
佐藤信彦(高祖父)
佐藤秀助(曾祖父)
安倍慎太郎(曾祖伯父)
安倍寛(祖父)
岸信介(祖父)
佐藤榮作(大叔父)
安倍晋太郎(父)
岸信夫(弟)


日本の旗 第96-97代 内閣総理大臣
内閣第2次安倍内閣
第2次安倍改造内閣
第3次安倍内閣
第3次安倍改造内閣
在任期間2012年12月26日 -
天皇今上天皇(明仁)

日本の旗 第90代 内閣総理大臣
内閣第1次安倍内閣
第1次安倍改造内閣
在任期間2006年9月26日 - 2007年9月26日
天皇今上天皇(明仁)

日本の旗 第72代 内閣官房長官
内閣第3次小泉改造内閣
在任期間2005年10月31日 - 2006年9月26日

選挙区旧山口1区→)
山口4区
当選回数8回
在任期間1993年7月19日 - 現職


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%8B%E4%B8%89
自由民主党 (日本)とは(Wikipedia)

99GuJaum

自由民主党(じゆうみんしゅとう、英語: Liberal Democratic Party of Japan)は、日本の政党。衆議院と参議院で第1党を形成している。略称は自民党、自民、LDP。1字表記の際は、自と表記される。

概要
1955年(昭和30年)に自由党と日本民主党の「保守合同」により結成された保守政党。太平洋戦争(大東亜戦争)前の二大政党・立憲政友会と立憲民政党、戦時中の翼賛政治の中核を担った会派である翼賛議員同盟と翼賛政治会と大日本政治会(以上3会派は日本進歩党の前身)及び翼賛政治に批判的な会派である同交会(日本自由党の前身)と護国同志会(日本協同党の前身)、また敗戦直後に結成された日本自由党と日本進歩党と日本協同党の流れを汲む。

結党以来ほぼ全時代にわたって政権与党の座にあり、結党から60年間で野党にあった期間は4年ほどである。そのため、戦後日本を代表する政党であるといってよい。
総裁安倍晋三
副総裁高村正彦
幹事長谷垣禎一
参議院議員総会長溝手顕正
成立年月日1955年昭和30年)11月15日
前身政党自由党
日本民主党
本部所在地
〒100-8910
東京都千代田区永田町一丁目11番23号
北緯35度40分42.6秒東経139度44分29.1秒
衆議院議席数
292 / 475   (61%)
(2015年10月2日現在)
参議院議席数
115 / 242   (48%)
(2015年1月22日現在)
都道府県議数
1,247 / 2,733   (46%)
(2014年12月31日現在[1]
党員・党友数
789,348人[2]
2012年8月30日現在)
政治的思想・立場右派
保守主義[3]
反共主義
機関紙自由民主
政党交付金
172億2079万 円
2016年4月1日決定[4]
公式サイト自由民主党
シンボル太陽を仰ぐ二人の子ども
陰十四菊
LibDems
党歌「われら」
国際組織未加盟


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%9A_(%E6%97%A5%E6%9C%AC)
関連記事
民進党両院議員総会「誰かを排除しない」→懇談会に切り替えマスコミ退出命じる

小池代表が希望の入党条件にリアルな安全保障政策を提示!憲法改正に積極的?

日本をリセットすると宣言の小池代表、結党・設立会見発言が不穏

12年前に総務省制作短編映像「希望の党」予言的中!予知能力者かよ

自民党の税制調査会、消費税の使い道を見直す「安倍首相が幼児教育無償化を発言したばかりじゃないか」

民進党が自由党に合流を前原誠司代表が提案「旧民主党に先祖返りでは」

小池百合子が希望の党の記者会見で「アウフヘーベン」連発「意味は辞書で調べろ」

安倍首相が衆院解散総選挙の理由は「国難突破解散」北朝鮮や少子高齢化問題等か

安倍首相が3歳から5歳までの子供の幼児教育無償化を表明!解散総選挙の支持率対策か

小池百合子が希望の党の記者会見で「アウフヘーベン」連発「意味は辞書で調べろ」

小池百合子が希望の党の公約に消費税増税凍結で臨戦態勢!支持率は?

小池百合子が代表の新党・希望の党の政策「原発ゼロにダイバーシティ政策等の女性政策」

日本のこころの中山恭子と夫の中山成彬が小池百合子新党から出馬で滅茶苦茶に…これ完全に裏切りでしょ



■以下、Twitter民の反応(記事内に画像・動画等あり)■




前原誠司さんに質問いたします。貴男は数十万の党員.サポーター地方議員及び候補者の意見も聞かず.両院議員総会のみで<希望の党>への合流を決めたのですが.信義に欠けると思います。

というか、今回の前原代表の決定は、各県連レベルがそろそろ怒り狂ってもおかしくない。
サポーター、各県党員が離れたら、完全に瓦解するぞ。
#民進党

@_shousaiko というより前原の強権発動って感じです。
党員サポーターそっちのけで小池さんと話つけてたのが前原(と小沢)。

前原代表の一連の行為は反党行為だ。一般の党員、サポーター、支持者にどう説明責任を取るのか?野党4党共闘の約束はどうするのか?契約不履行だろう。あんたの独断専行は許せん。何で小池百合子なのだ?俺だって共産党と共闘なんて嫌さ。でもな~君はいわゆるリベラル系の同士を裏切るのか。許せん。

これだから民進党の代表選で前原を支持した党員・サポーターは
馬鹿だと思ったが、まさかここまで酷いとは想像していなかった

#堤未果 #安倍やめろ #前原辞めろ #小池百合子をリセットしよう
#野党共闘

国政選挙の時、地方の党員やサポーターがどれほど心血注いで活動し、根回ししているか、前原さんは知らないのだろうか。

民進党の希望の党への合流の目的は何となくわかりましたが、小池さんの強権的な運営に耐えられるとは思えませんね。空中分解しそう。

前原さんは地方議員・党員サポーターに説明すると言ってましたが、私は枝野さんの言葉が欲しいですけどね。

(日経新聞)民進党の前原誠司代表は28日のTBS番組で、無所属で出馬する意向を表明した。「今の民進党の参院議員、自治体議員、地域の党員・サポーターをどう一緒にやれるようにするかという仕事がある。代表の仕事をまっとうしたい」と述べた。

@okada_katsuya 岡田先生。前原代表のこのやり方ってどうなんでしょうか。現状、党内的にも、全国の地方ブロック、党員、サポーターにも何がどうなっているのか。理解に苦しみます。私は国会において保守2大政党による政権交代シス… twitter.com/i/web/status/9…

最大の支持団体として、連合には予め了解を取り付けた前原代表。

何故、党員・サポーターには事後承諾?

民進党と朝鮮労働党の違いが見えない

党員・サポーター・地方議員を見捨てて逃げ出した 前原と民進党議員
客を見捨てて 沈みそうなボロ舟から逃げ出した 船長と船員 と同じです 正義はコレッポッチもありません 人として最低の卑劣な行為です こんな輩を良しとするバカがいるなんて信じられません

@ayanakamura0702 本当にそのとおり。前原さんは代表としての責任を放棄し参議院議員、地方議員、党員、サポーターを蔑ろにして小池さんの犬になる。

前原誠司には離党及び議員辞職を求める。また「希望の党」に行きたい奴らは行けばいい。小池百合子の醜聞は週刊誌各社が手ぐすねを引いて一斉に出してくるぞ。野党共闘を反故。全国の民進党の支持者、党員、サポーターに全く相談もなく。党内民主主義を破壊し、国会を保守だらけにしてどうするのだ。

@shiikazuo プライドを投げ捨てたという生易しいものではないです。

国民やサポーター、党員まで裏切り、選挙を目前にして路頭に迷っている党員も多く、あまりにも酷い前原代表の仕打ちです。

前原氏のクーデータ―だというツイートもありましたが、アベ総理並みの暴挙です。

前原、民進党は両院議員だけのものじゃねーだろ!党員、サポーター、地方議員、多くの民進党関係者の理解もないまま、勝手に党を消滅させ、小池に売り渡していいのか?!

つーか前原さんだって党員やサポーターや支持者のことを全然考えずに決断したわけじゃないでしょ。日本の政治と仲間のことを考えてこそでしょ。苦渋の決断であることには違いないんだからそこは尊重すべきだと思うわ。

ほんとこれね〜 なかには身銭切って党員やサポーターになって、投票ハガキに自筆で前原の名を書いて投函した人もいるんだよな

月末には党員サポーターに私の今回の決断説明した文送る。前原さん

前原氏が民進党をぶち壊したと騒いでるけど、代表に選んだのは民進党の党員、サポーターだってことを忘れんなよ。
そして小池都知事を選んだのは都民だし安倍自民党を選んだのは国民だ。
選んでおきながら「騙された」って言ってる人は無責任過ぎる。
詐欺師を選んだ自分達の責任を少しは感じろよ。

民進党前原代表は参議院議員や地方議員、党員、サポーターを蔑ろにして我が身かわいさに突っ走る(笑)

じゃあ、なんで民進党の党員・サポーターは前原なんかを代表に選んだの?w

前原・小池氏と大筋合意

これどうです前原さん?

「国民・党員・サポーターの皆様へ
民進党は安保反対・改憲反対を軸に何でも反対活動をして来ました
ですが今回議員にしがみつきたいのでこれまでの主張はなかった事にして下さい
大事なのは議員に何としてもしがみつく事
ご理解下さい」

自分は民進党の党員でもサポーターでもないし支持もしてない。
でも前原の行為は非常に腹が立つ。
政党の運営には少なからず自分も払ってる税金が使われてるわけですよ。
党首になった途端に自分の政党放棄するとかあり得ないだろ。
落選運動があるなら協力したいですね。

#小池百合子
#希望の党
#前原
#都民ファーストの会

民進党 党員・サポーターの皆さんお察しします。
都民も同じく無念です。裏切りにあいました。
口先だけの新党代表小池百合子の希望の党は、悪党の党の党です。
今度の投票の際は、この無念をはらしましょう。

自己保身のためだったら、お金を出す党員、サポーターの思いも踏みにじる前原民進党。酷いね。民進党党員、サポーターってどんなやつがやっているの? #primenews

前原は代表選に立候補した時から、「共産党とは選挙協力しない」と公約に上げていたのだ。その前原を100人の民進党国会議員が支持し60%以上の党員サポーターが支持したのだ。何を今さら騒いでおるのだ。共闘なしでやってみろ!そして、民進党は壊滅的敗北してみろ!

@matsuikei 代表選で議員、党員、サポーターが前原選んだ訳ですし・・・玉木が(昨日?)共産除いた野党で纏まれば良い?的な失言してましたし。後はバック連合=反共だと聞いてます😥

小池は民進党の政党インフラ=政党助成金、職員秘書、備品、支持者名簿や党員サポーターを手に入れたい訳です。それが無いのが小池闇鍋新党の弱点だから、解党分党させ、それを持って来いと仕掛けている。それに党内で乗っているのが松野や玉木です。そして、前原もです。絵図がハッキリしてきました。

堪えられず簡単に「#解党」等というが一回潰し@cOgOcそんな者らが本当に次出来るか?党員でもサポーターでも前原@Maehara2016氏との面識も無い私らも正念場!反アベ・脱原発…口先だけか一歩でも結果出来るか本気度それこそ問われてる@MinshintoNews踏ん張って欲しい

前原ってこの前の代表選で党員・サポーターからも多くの支持を集めたよな?
こいつには「民進党」として安倍政権と対峙してほしいとの思いで前原新代表実現へと一票を託した党員のこととか、1ミリでも頭をよぎらないの?

「希望の党」に「民進党」が合流、最終調整
・・・
「希望の党」中身は「民進党」
日本をデフレのどん底に落とした第二の「民主党」。
 
選挙に受かりたいだけの「民進党」は党員もサポーターも無視、こないだの代表選挙は何だった?
小池都知事の風に期待するしか能が無い前原代表。

代表選で前原に入れた党員・サポーターが多かったみたいだけど、このザマはなんだろう。政治家でもなく、何の利害関係もないはずなのに。そこからして、もう絶望的だ。

@47news はあ?前原氏は自党を潰す予定で先般の党の代表選に出て枝野氏と議論したのか?党員やサポーターらの同意は得ているのか?

予想外にぶっ飛びすぎてて笑える。政治わからなすぎる。代表選で前原に投票した議員や党員、サポーターたち、どうするんだ。

@Ieda_SRS 「政策が違う党と共闘するのは筋が通らない」と言った人が小池新党と組むってことは、民進党も同じ考えってことですよね。。もちろん私は枝野推しでしたけど、まあ前原を選んだ党員及びサポーターは彼を信じたというよりは、同じよーな考えだったんだろうなあ…と思ったり。

@matsuikei 民進リベサヨ支持者ならそうですが・・・前原=右翼改憲派なので(議員、党員、サポーター)が前原を選んだと言う事は(その可能性も)有ったと思えます😥

【民主主義の破壊ではアベと同質】代表選から1ヶ月もたっていない。前原氏はそこで解党を選択肢に掲げたか。民進党には地方組織もあり、小池新党より資金もあり、代表選の半数は党員サポーターと地方議員の票だが、その人たちに説明したのか。オール フォー オールの「みんな」とは一体誰なのか。

@SatoHaruhiko @KazuhiroSoda 同感です。党員サポーター置き去り、前原のやり方そのものが、民主主義に反している。小池の言葉にゴマかされるわけにはいかない。小池は、うそばかりではないか。与党への対立軸を是非!応援します。

@edanoyukio0531
枝野さん、前代表の前原誠司さんクーデター。止める。少し手荒になってもいい。党員サポーター無視。有権者裏切り。代表選挙も無視。

逆風の中で民進の旗を掲げて活動してきた党員、サポーター、自治体議員、支部長などに支えられて党があることを忘れていませんか?まず、その皆さんへの説明責任を果たしてほしい。 誰のための政治なのか。何のための政治なのか。 【尾辻 かな子】前原提案に異議あり、という議員、候補者を応援!

【民主主義の破壊ではアベと同質】代表選から1ヶ月もたっていない。前原氏はそこで解党を選択肢に掲げたか。民進党には地方組織もあり、小池新党より資金もあり、代表選の半数は党員サポーターと地方議員の票だが、その人たちに説明したのか。
オール フォー オールの「みんな」とは一体誰なのか

前原、民進の党員、サポーターを裏切るのか?この人でなし!リベラルな民進の議員、信念を曲げるな!

民進党は党員やサポーターをどう考えているのかよくわかる。自民と同じ 、なにせTPP参加交渉で前原はGDPたかが1.5%の農業のために他の産業を犠牲にできないと言った人物 最初から信用ができない

@yu_kun_HAHA 前原が代表になった時点で終わりの始まり。間抜けの議員、党員、サポーター。

前原氏は議員、党員、サポーターなどの意見を聞いて動いているのか。そうでなければ安倍氏の独裁と全く同じだ。マスコミも希望との合流方法の説明ばかりしている。残りたい人も多いはずだ。行きたい人だけ移って。組織と資金は残して行け。助成金は民進党に投票した有権者のものでもあるぞ。

@Sankei_news 前回の参議院選挙で民進党は1000万以上の比例票を集めました。その1000万の有権者、代表選で前原さんに投票した党員サポーター、何とか民進に頑張って欲しいと思っていた支持者みんなを裏切る行為だよね。

民進は今からでも前原とその周辺放り出すべきだろうなあ。なんであのボンクラ党内の議員に影響力あんの。少なくとも道内の党員、サポーターには支持ゼロなんだけど。

民進党の党員、サポーター達は、代表選で前原誠司に何を託したのか。

党の存亡まで託したようには映らなかった選挙だけどな…

極右の「希望の党」に身売りで本当にいいのか?

前原代表の
「その踏み絵を踏んでくれ」

安保法制と憲法改正という小池都知事が提示した踏み絵を民進党の国会議員だけでなく、党員、サポーター、野党共闘に尽力された方々、ひいては多くの国民に踏ませることになりますね

両院議員の懇談会は中継しないんだな。前原は細川連立政権の思い出から始めて「政権交代可能なプラットフォーム」をつくる必要を訴えた。「誰かを排除するためではない」とも強調。自治体議員、党員・サポーターにも言及。批判を意識していると思う。