DA8shEKVYAA2pSZ
青森県とは(Wikipedia)

青森県-地方行政区分-地図
青森県(あおもりけん)は、日本の本州最北端に位置する県である。県庁所在地は青森市。県の人口は全国31位、面積は全国8位である。令制国の陸奥国(むつのくに、りくおうのくに)で構成される。
日本の旗 日本
地方東北地方
団体コード02000-1
ISO 3166-2:JPJP-02
面積9,645.56km2
総人口1,282,136
推計人口、2017年5月1日)
人口密度133人/km2
隣接都道府県岩手県秋田県北海道
県の木ヒバ
県の花リンゴの花
県の鳥ハクチョウ
他のシンボル県の魚 : ヒラメ
県の歌 : 青森県賛歌(1971年制定)
県民の歌 : 青い森のメッセージ(2001年制定)
青森県庁
知事三村申吾
法人番号2000020020001
所在地030-8570
青森県青森市長島一丁目1番1号


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%A3%AE%E7%9C%8C
リンゴとは(Wikipedia)

81306024002551
リンゴ(林檎、学名:Malus pumila)は、バラ科リンゴ属の落葉高木樹。またはその果実のこと。植物学上はセイヨウリンゴと呼ぶ。

名称
学名
栽培種には Malus domestica Borkh. という学名がある。主に、栽培種が複数の野生種の雑種であるという立場から使われる。

和名・漢名
日本語では漢字で主に「林檎」と書くが、この語は本来、同属別種の野生種ワリンゴの漢名である。また、「檎」を「ご」と読むのは慣用音で、本来の読みは「きん」(漢音)である。
リンゴ(セイヨウリンゴ)の漢名は「蘋果」である。「りんご」とも読むが当て字で、本来の読みは「へいか」である。

英語名
英語の"apple"はしばしばリンゴではなく果物全般を指す。たとえばパイナップル("pineapple")は「松の果実」という意味であり、リンゴとは直接の関係がない。

植物学上の特徴
原産地は北部コーカサス地方とされている[2]。リンゴは7500以上の品種が栽培されており、亜寒帯、亜熱帯及び温帯で栽培可能であるが、暑さに弱いため熱帯での栽培は難しい。リンゴの木は、落葉高木で晩春頃に白い5弁花が開花する。リンゴの果実は直径約3-15 cm、重さ約35-1000 g。外皮の色は赤や黄緑または黄色をしている。熟するとヘプタコサンを含んだ蝋状の分泌物に覆われる。果肉は淡黄色-白色の品種が多いが、外皮近くが赤-ピンク色になる赤肉系の品種もあるが果肉の渋みが強く、通常は食用にはならない。リンゴの蜜は比重が大きいため、水の中に入れると沈む。他の果実の部分は比重が小さいため水に浮かぶ。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4