コナン映画、最悪「ネタバレ魔」急増 巧妙な手口、防ぐ方法ないのか


上映中の映画「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」をめぐり、作品の根幹に関わる「ネタバレ」を悪質な手口で行うツイッターユーザーが登場し、被害を受けたファンから「最悪すぎる」といった悲鳴が相次いでいる。

「コナンの映画見たい」「明日コナン見に行く」――今回のネタバレ行為の「標的」となっているのは、こうした呟きを投稿したユーザーだ。
news_20170428161848-thumb-autox380-111151
悪質「ネタバレ魔」の対策は…(C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

「被害者」は100人以上

今回問題となったネタバレの内容は、映画中で起きた殺人事件の「犯人」が誰なのかを明らかにするもの。少年探偵を主人公としたミステリー作品の「コナン」だけに、これは作品の根幹に関わる重要部分のネタバレに当たる。

その手法は悪質で、映画をまだ見ていないと思われるファンのツイートに、「犯人は●●●●(編注・伏字は原文では犯人の名前)」というアカウントのユーザーが、「いいね」を付けるというもの。実際に、

「明日コナン見に行くの楽しみだな~~~」
 「コナンの映画見に行きたい!」
 「あ~~~コナン見たい~~見たすぎてやばい」
といった投稿に、ネタバレ用のアカウントから「いいね」が送られている。

「ネタバレ魔」はツイッターの検索機能を使って投稿を探しているのか、「いいね」が送られるツイッターアカウントは無差別的に決めているように見える。さらに、ツイッターの設定によっては、ツイートに「いいね」を送ったユーザーの名前が自動で通知される場合もあり、ツイッターを見なくてもスマホ画面などに表示されてしまう。

つまり、ツイッターでコナンの映画について呟いただけで、無差別に犯人のネタバレを食らう可能性があるということだ。

実際、この「いいね」を使ったネタバレ行為は、映画の上映が始まった2017年4月15日以降徐々に増加。公開から2週間近くが経った28日昼現在で、編集部が確認した限りでは少なくとも100人以上の「被害者」が見つかった。
映画の鑑賞前はツイートを控えるように

こうした悪質なユーザーからネタバレを受けたファンは、ツイッターで、

「は?ネタバレ最悪なんだけど。これからコナン見る気失せるわ」
「コナンの犯人らしき人からいいね来たんだけど何?? ネタバレ??最悪なんですが」
「コナン映画観る前にツイッターで犯人ネタバレ食らって観る気失せた。ほんま最悪。クソ」
などと怒りを爆発させている。

なお、当初は一人のユーザーが「いいね」によるネタバレを行っていたようだが、すでに大量の「模倣犯」が出ている。その数は28日昼現在で30アカウント以上に達しており、今後さらに「被害者」の数は増えていく可能性が高い。

そのためファンの間では、映画の鑑賞前はツイートを控えるように注意を呼び掛け合う動きも出ており、中には、

「ネタバレ嫌いな人だったら、今すぐ鍵垢(編注・非公開アカウントのこと)にした方がいいです」
といった声も見られた。


 引用元:https://www.j-cast.com/2017/04/28296820.html?p=all
名探偵コナンとは(Wikipedia)

story_photo02

『名探偵コナン』(めいたんていコナン,DETECTIVE CONAN[3])は、青山剛昌の少年漫画作品、およびそれを原作とした一連のメディアミックス作品の総称。
話数カウントは「FILE.●」。なお、『サンデー』連載時にはエピソードごとの区切りとしてタイトルページに「シリーズ第●話(解決編の場合には「シリーズ解決編」)」と入れられている。

謎の組織によって体を小さくされた小学生探偵・江戸川コナンが、組織の行方を追いながら数々の事件を解決していく活躍を描いた推理漫画。『週刊少年サンデー』(以下『サンデー』)にて1994年5号より『名探偵コナン』の連載が開始され、人気作品になっている。2014年6号で連載20周年を迎え、『サンデー』歴代史上最長の連載期間となっている[4]。
1996年から放映が始まったテレビアニメも高視聴率を取る『サンデー』屈指の人気作品で、2016年に20周年を迎える長寿作品である。1997年からは毎年劇場版映画が公開されており、興行収入が2015年現在、7年連続で30億円を超えるなど絶大な人気を誇っている。
2003年にはコミックスの総発行部数が1億部を突破し、2014年3月時点でコミックスの総発行部数は1億5000万部[5]。漫画・アニメともに、世界でも翻訳・刊行・放映されている国もある。
2001年、第46回(平成12年度)小学館漫画賞少年部門受賞。
ジャンル推理漫画少年漫画
漫画
作者青山剛昌
出版社小学館
掲載誌週刊少年サンデー
発表号1994年5号 - 連載中(2017年1月現在)
巻数既刊92巻(#書誌情報を参照)
漫画:名探偵コナン 特別編
原作・原案など青山剛昌
作画?(やまぎし、以下「山岸」[注 1])栄一
阿部ゆたか・丸伝次郎/プロット:平良隆久
太田勝と江古田探偵団 → 太田勝・窪田一裕
出版社小学館
掲載誌小学館の学年別学習雑誌[注 2]
レーベルてんとう虫コミックス
発表期間1996年 - 連載中(2017年1月現在)
巻数既刊41巻(2016年10月現在)


引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E6%8E%A2%E5%81%B5%E3%82%B3%E3%83%8A%E3%83%B3
名探偵コナン から紅の恋歌とは(Wikipedia)

maxresdefault
『名探偵コナン から紅の恋歌』(めいたんていコナン からくれないのラブレター)は、2017年4月15日に公開されたアニメ映画で、劇場版『名探偵コナン』シリーズの21作目にあたる。上映時間は112分[2]。

概要
2016年11月30日発売の『週刊少年サンデー』2017年1号にて、本作の公開日とタイトルの発表およびティザービジュアルの公開が行われた後、同年12月9日に放送されたテレビスペシャル『名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵』では、本作の特報映像が放送され[3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13]、その翌週の同年12月16日には、公式チャンネルによってYouTubeで公開された[14]。
名探偵コナン から紅の恋歌
Detective Conan
The Crimson Love Letter
監督静野孔文
脚本大倉崇裕
原作青山剛昌
出演者高山みなみ
山崎和佳奈
小山力也
堀川りょう
宮村優子
ゆきのさつき
宮川大輔
吉岡里帆
音楽大野克夫
主題歌倉木麻衣渡月橋 ?君 想ふ?[1]
制作会社TMS / V1 Studio
製作会社「名探偵コナン」製作委員会
配給東宝
公開日本の旗 2017年4月15日
上映時間112分[2]
製作国日本の旗 日本
言語日本語
前作名探偵コナン 純黒の悪夢


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E6%8E%A2%E5%81%B5%E3%82%B3%E3%83%8A%E3%83%B3_%E3%81%8B%E3%82%89%E7%B4%85%E3%81%AE%E6%81%8B%E6%AD%8C


■以下、Twitter民の反応■


映画コナン見てるけど、犯人のネタバレ求める自分はいけない子

なあ、コナン映画を見る、ってついーよにファボついたから何かと思ったら名前に思いっきり犯人の名前かいてるくそBotだったんですけど……ここまでネタバレ踏まずにきてたのになんの仕打ちだよ○ね

@shinka_ab ネタバレ見たくない人は自分で防衛頑張ってるしねwわたしもわざわざ「まだ見てない人のために呟くのはやめとこ…」はしないな。おまみがコナン映画みようとネタバレ防衛頑張ってたら当日に犯人は○○って名前のアカウントがいいねしてきた話は悪質だなーと思って爆笑した。