TVアニメ『けものフレンズ』主題歌「ようこそジャパリパークへ / どうぶつビスケッツ×PPP」
わーい! “ようこそジャパリパークへ”今夜『Mステ』で披露!

s4f-Na8eL6yZDDEg
今や大人気アニメとなった『けものフレンズ』。
そのOPテーマ“ようこそジャパリパークへ”が、今夜の『ミュージックステーション』で生披露されます!

この曲を歌うのは、「どうぶつビスケッツ×PPP」。
どうぶつビスケッツとは、作中のキャラクター、サーバル・フェネック・アライグマによるユニットで、PPP(ペパプ)は、作中の舞台であるジャパリパークのペンギンアイドルユニットです。

で、その、“ようこそジャパリパークへ”。
とてもキャッチーなメロディーと歌詞で、耳に残る曲なんです。私はアニメを見ている時からもうずっと「ララララ~ ララララ~♪」が頭の中でループしていて、脳内がドッタンバッタン大騒ぎ状態です。

なんでこんなに中毒性があるのか…

検索すれば、コード進行を解説している方がいたり、いろいろな方がいろいろな分析をされていますが、あの星野源さんも1日に何十回と聴いているそうで、とりあえず良い曲なのは間違いない。

イントロのファンファーレとドラムから、「くるぞくるぞ…!」感が高まったところで、《Welcome to ようこそジャパリパーク!/今日もドッタンバッタン大騒ぎ》とファーストインパクト。ここ、ぜひアニメOP映像と合わせて見ていただきたい。『けものフレンズ』のロゴが出て来る絶妙タイミング。

からの、一転してジャジーな感じのAメロ。でも、《喧嘩して すっちゃかめっちゃかしても仲良し》でかわいさとわちゃわちゃ感のマジック。ここの「ふっふっふー」の台詞が好き。セカンドインパクト。

続いてBメロも落ち着いた感じ、だけど《けものは居ても のけものは居ない》とか、語呂合わせみたいな歌詞で楽しさは忘れず。

そしてサビの《Welcome to ようこそジャパリパーク!/今日もドッタンバッタン大騒ぎ》。本命のサードインパクト。歌詞の「Welcome」が、本当になんでも受け入れてくれる感じがして、そして底抜けに明るいメロディーと歌声がスカーンと「たーのしー!」って感じを全面に押し出しています。聴いてると笑顔になります。

単純なメロディーだからこそ耳に残るし、でも実は散りばめられた技巧が聴く人のツボをくすぐる、それが“ようこそジャパリパークへ”を何度も聴きたくなる所以かと思います。作詞作曲を手がける、アニソン界でも注目されている大石昌良さん、ありがとうございます。

今日の『Mステ』では、声優の皆さんが歌いますが、楽しみでしかないですね!
テレビの前で《ララララ ララララララ 集まれ友達》\ハイハイ!/ってやりたい。
マーゲイばりに興奮しながら観ることでしょう。。

さあ皆さん。テレビの前に待機するのです。
番組が終わった後は、頭の中でサーバルたちの歌声が鳴り響くことでしょう。

TVアニメ『けものフレンズ』主題歌「ようこそジャパリパークへ / どうぶつビスケッツ×PPP」


 引用元:http://ro69.jp/blog/ro69plus/159137
けものフレンズとは(Wikipedia)

slide_kemono
『けものフレンズ』は、けものフレンズプロジェクト[注 1]による日本のメディアミックス作品。略称は「けもフレ」[1]。
キャッチコピーは「あなたは、けものがお好きですか?![2]」

概要
「アニマルガール」と呼ばれる、萌え擬人化された野生動物たちが集まる架空の動物園「ジャパリパーク」を舞台にした作品群によるメディアミックスプロジェクト[3]。2015年にスマートフォン用ゲームアプリが先行コンテンツとしてリリースされ、続いて『月刊少年エース』にて漫画版が連載開始、2016年にはテレビアニメ化が発表され、2017年1月より『けものフレンズ』が放映された。
萌え擬人化された野生動物たちとあるように、「人間が動物の外見をしている」のではなく一貫して「動物が人間の外見をしているもの」として描かれている。
キャラクターのコンセプトデザインとして吉崎観音を起用、ゲーム版では吉崎の代表作である『ケロロ軍曹』とのコラボレーションも行われた[4]。

企画の経緯
吉崎観音によるキャラクターや世界観を使用した新規IP(知的財産権)の創出を目的として、KADOKAWAの梶井斉が中心となって2014年頃にプロジェクトが発足された[5]。「原作はゲームでもアニメでもなく『動物』である」という吉崎の考えのもと、各メディアが「ジャパリパーク」「サンドスター」といった作品の基本設定を独自に解釈して展開する、複合的なプロジェクトとなっている[5]。これらのプロジェクト方針の一環として、公式でファンサイドの二次創作を認めている[5]。
けものフレンズ
ジャンル動物擬人化
ゲーム
ゲームジャンル動物園RPG
対応機種AndroidiOS
開発・発売元ネクソン
キャラクターデザイン吉崎観音(コンセプトデザイン)
プレイ人数1人
稼動時期Android:
2015年3月16日 - 2016年12月14日
iOS:
2015年3月19日 - 2016年12月14日
漫画:けものフレンズ -ようこそジャパリパークへ!-
原作・原案などけものフレンズプロジェクト
作画フライ
出版社KADOKAWA
掲載誌月刊少年エース
発表号2015年7月号 - 2017年3月号
巻数全2巻


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%91%E3%82%82%E3%81%AE%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA
ミュージックステーションとは(Wikipedia)

hgnRP8Ks
『ミュージックステーション』(英称:MUSIC STATION)は、テレビ朝日(ANN系列)で1986年(昭和61年)10月24日から毎週金曜日の20:00 - 20:54(JST)に生放送されている音楽番組である。ステレオ放送、ハイビジョン制作[1]、番組連動データ放送[2]、リアルタイム字幕放送[3]を実施している。通称は「Mステ(エムステ)」[4]「MS(エムエス)」[5]「Mステーション(エムステーション)」[6]など。

テレビ朝日が長年に渡り、同局のスポーツ番組『ワールドプロレスリング』を放送してきた金曜20時台に、1986年(昭和61年)10月24日から新設した生放送音楽番組。2015年現在、放送30周年を迎えた長寿音楽番組。当番組のメイン司会を務めるタモリが現在、レギュラー番組の司会を務める番組の中では、同局の深夜番組『タモリ倶楽部』に継ぐ2番目の長さである。
「楽曲を聴かせること」を番組のコンセプトとしている。原則として、毎回数組のゲストアーティスト(歌手・バンド)が、生放送でスタジオライブを行う(年数回(冬・夏のスペシャルなど)ライブのない回もある。詳細は後述)。また、歌手・バンドだけでなく演奏者など音楽家、俳優・女優、お笑い芸人、プロレスラーなどもゲストアーティストとして生出演をする。スタジオライブの合間には、司会者とゲストアーティストのトーク、様々なコーナーや企画も展開される。


引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
music station認証済みアカウント@Mst_com twitter垢アカウント


hgnRP8Ks
出演者など最新情報は番組ホームページをご覧下さい!Twitterでは更新情報などをお知らせします♪

roppongi
tv-asahi.co.jp/music/
2010年11月に登録


 引用元:https://twitter.com/mst_com
関連記事
動画「タモリさんはイグアナのフレンズ」を聞いた時の高橋優の表情

【画像】けものフレンズ最終話で続くの文字が新作OVA?2期?映画化決定

ジャパリパーク観覧者のモデル「イーゴス108」の名前の由来はすごーい!だった【公募・サーバルちゃん】

【サーバル】すしざんまい、けものフレンズのおかげで宣伝成功

【考察】けものフレンズでかばんちゃんの手袋が話数進むごとに再生…セルリアン【画像】

けものフレンズBD付きガイドブック転売厨の餌食になりイベントガラガラamazon、メルカリ、ヤフオクに出品

けものフレンズ11話が衝撃的でtwitterけもフレ民がシャープに助け求める

けものフレンズ公式サイトにハッキングされるなど伝説まとめ