激論“夫のコレクションを勝手に売る妻”

2396943l
4月7日に放送された情報番組「ノンストップ」(フジテレビ系)で、“夫のコレクションを勝手に売る妻”についての特集が放送され、スタジオの芸能人たちの間で激論が交わされた。その中で、一貫して「勝手に売るのはダメだ」と怒りを込めて発言を繰り返していたカンニング竹山(46歳)に、賛同の声が広がっている。


この日の番組はまず、買取ショップを訪れる妻たちの様子をVTRで紹介。鉄道模型(Nゲージ)、刀のつば、勲章、鉄砲、アンティークカメラ、ネクタイピン、洋酒コレクション、外国紙幣、陣笠など、どれも夫たちが大事に収集していたであろうことがわかるコレクションの数々が登場し、10万円台から、高いものは40万円で買い取られ、それに喜ぶ妻たちの姿が映し出された。ある妻は「夫は定年なので終活のような感じで。先がそんなにないので少しでもお金を…」と売りに来た理由を説明。またある妻は「主人に言わないようにします」「私にとってはゴミにしかならない」「(売ったお金で)家族がおいしいもの食べられるたら幸せ。私ひどいですか?」などと言い放った。

VTR明け、「信じられないね。信じられない…」憮然とした表情を見せていたのが竹山だ。タレントの熊田曜子が「(うちの場合は)お酒が大好きなので、知らないうちにどんどんたまって。キッチンの下半分がほとんどお酒なんですけど。バレないなら、ちょっと売りたい気持ちはすごいわかります。(勝手に売るまでは)まだいってないですね。でも売ってもわからないんじゃないかなってくらい、ちょっと雑に置いてあるように見えるんですよ、妻からみると」と、VTRに登場した妻たちの行動にも理解を示したが、竹山は「勝手に売っちゃダメよ…」と改めて“抗議”。

また、タレントの千秋は、「自分がコレクター気質があるので、勝手に捨てられたらいけないのはわかるんですよ。17万円で売れても、17万円では買い戻せないじゃないですか」と、怒る竹山にも理解を示したものの、一方で「だからダメなんですけど」と前置きしながら「自分が集めるのはいいけど、自分の旦那が集めてたらすぐ売っちゃう」と心情を明かした。

お笑いコンビ・品川庄司の庄司智春はスニーカーをコレクションしているそうで、自宅で保管している大量のスニーカー(120足以上所有)を写真付きで紹介したが、女性陣から出た言葉は「いやだー」。「靴だけど履かないのもある」と鑑賞用の靴もあると語る庄司だが、妻でタレントの藤本美貴からは「フリマやろうよ」と言われるそうで、「もう売りたくて仕方ないみたいです」と、あまりコレクションが理解されていないようだ。

竹山は「(コレクションは)使う、使わないじゃなくて、男は持っておくことにすごく喜びを感じるのよ」と力説。さらに「旦那に内緒で人の物を勝手に売るなんて、これ詐欺と一緒だからね。犯罪だからね」と語気を強め、続けて「男はね、子ども時代から始まるわけですよ。男の子の時代から始まって、欲しいものとか買えないわけですよ。若いときもなかなか買えない。大人になってくるとある程度お金ができてくるから、それで買えるわけですよ、一個一個。集められるわけです。そこをね、バカにしたり捨てたらダメなんですよ」と女性陣に説くと、番組MCの設楽統も「要は人生を彩ってるわけですよね、バイクだとかカメラだとか」と同調した。

庄司も「僕は芸人でもお酒飲まないし、ギャンブルもしない、女遊びもしない、飲む打つ買う、やらないんですよ。何もしないですよ。それ(コレクション)だけは許して欲しいですね。夢を買ってるんですよ我々は」と理解を求めた。

ただ、熊田は妻であり、同時に子どももいる母という立場で「ひとり暮らしだったらわかるんですけど、みんなの家なんで。旦那さんのコレクションでスペースが埋まって、子どものおひなさま買おうか買わないか、場所がないなって悩むのも、じゃあ、アレがなければ置けるんだ…みたいな」と、コレクションのために家族のあれこれが制限されるのは違うのではないかと主張。その視点に立った上で、千秋ともども、小さいコレクションをすることには一定の理解を示した。

“夫のコレクションを勝手に売る妻”については、以前よりネットでもしばしば議論されるトピック。今回の放送では、竹山が「絶対に許せない」とのスタンスで臨んでいたことに、主に男性のネットユーザーからは称賛の声が上がっている。


 引用元:http://news.nicovideo.jp/watch/nw2727532?news_ref=top_latest
断捨離とは(Wikipedia)

20140329-00033900-roupeiro-000-20-view
断捨離(だんしゃり)とは、不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想であり、やましたひでこ(山下英子)の著書において発表された。「断捨離[1]」「クラターコンサルタント[2]」は山下の登録商標である。

概要
断捨離は、「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、
断:入ってくるいらない物を断つ。
捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
離:物への執着から離れる。
として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。ヨーガの行法が元になっている為、単なる片付けとは一線を引く。
著者であるやましたひでこ自身も、物を溜め込む母親に対して毒親視するような感情が、断捨離を行うことによって改善したと語っている[3][4][5][6]。また、著書群の説明において、以下のように語っている。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%AD%E6%8D%A8%E9%9B%A2
ノンストップ!とは(Wikipedia)

nonstop3
『ノンストップ!』(NON STOP!)は、フジテレビ系列(一部系列局を除く)で2012年4月2日から平日午前中に生放送されている生活情報番組である。

概要
同枠で2012年3月30日まで放送されていた『知りたがり!』がフジテレビの午後のワイドショーの復活により14:00からの放送になったのに合わせ、午前中の新たな情報番組としてスタートした。

バナナマンの設楽統は情報系番組の司会に初挑戦となった。これについてフジテレビの中村百合子プロデューサーは「設楽さんが司会をする情報番組を見てみたいという気持ちで今回オファーさせていただきました」と話している[1]。番組中にはFAX・メール・Twitter[注 1]でテーマに沿ったメッセージや質問を募集し、随時画面下に表示していく。
ジャンル帯番組 / 生活情報番組
放送国日本の旗 日本
制作局フジテレビ
演出椎葉宏治(演出監修)
プロデューサー大林潤CP
出演者設楽統バナナマン
山﨑夕貴(フジテレビアナウンサー
ほか
音声ステレオ放送
字幕リアルタイム字幕放送
2013年9月30日放送分より)
外部リンク公式サイト
第1シリーズ(放送開始から2013年3月まで)
放送時間月 - 金曜日 9:55 - 11:30(95分)
放送期間2012年4月2日 - 2013年3月29日(1000回)
オープニング元気ロケッツ「Heavenly Star」
エンディングエルヴィス・コステロ「Smile」
第2シリーズ(2013年4月から)
放送時間月 - 金曜日 9:50 - 11:25(95分)
放送期間2013年4月1日 - 現在
オープニング星野源「Non Stop」
エンディング同上

特記事項:
放送回数は2016年2月25日放送分まで。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97!



■以下、Twitter民の反応■


●昔:

妻が夫の金時計につける鎖のために自分の髪を売る

夫が妻の髪に差すクシのために自分の金時計を売る

2人はラブラブ

●今:

妻が断捨離のために夫のコレクションを売る

夫は報復のために妻のブランド品を売る

2人は離婚裁判中

#断捨離 #クリスマス

断捨離したら妻の大事なものばかりだったらしくメチャメチャ怒られた。

夫の大事にしてる鉄道系本断捨離した妻w