ソニー株式会社を退職しました

151023_sony1_R
表題の通り、数年勤めたソニー株式会社を退職しました。
個別具体の退職理由はいろいろあってそれらは後述しますが、退職を決めた基本的な理由は、個人的なキャリアパスの設計と会社の方針のミスマッチ、労働観のミスマッチ、技術投資の考え方のミスマッチの三点に集約できると思っています。
キャリアパスの設計と会社の方針のミスマッチ

私はソニーでソフトウェアエンジニアとして働いていました。
ソフトウェアエンジニア(を目指す人間)にとってソニーと言えば、"自由闊達な理想工場"、エンジニアが自由に活躍できる会社、日本のメーカーなのにソフトウェアもちゃんとつくれる会社、などのイメージがあるかと思います。私もそう思っていました。
実際会社は説明会などでそういった説明をしましたし、そういったイメージを前提に私はソニーを選び、「エンジニアとしてプロフェッショナルになる。品質が高く、お客の求める体験を作り出せる人間になる」というふわっとしたゴールを設定し、いわゆる"プログラマ 35 歳定年説"をガン無視した一生エンジニア型キャリアパスを描いていました。
しかし、会社の求める人材像、少なくとも自分が配属された事業部で求められる人材像、キャリアパスは、上記と全く異なるものでした。
昇進の段階としては、現場業務(エンジニア)は基本的に常にマネジメント業務(中間管理職)に対して格下に位置得付けられており、一部オーバーラップする部分があるものの、昇進する = エンジニアをやめてマネージャーになるという状態でした。退職の原因になった上司からも「君は優秀なんだから、プログラミングみたいな低俗なことは早く辞めて人を動かせるようになれ。私が引っぱりあげてやる」(意訳)といったようなことを言われ、自身の「エンジニアとして生きる」というキャリア設計との相違は明らかでした。
もちろん、組織としてスケールするために、エンジニアが経験を活かしてマネジメントに移行することは否定されることではありません。ですが端から、エンジニアリングをマネジメントになるための踏み台として"しょうがなくやるもの"として扱うことには強い違和感と嫌悪感がありました。
退職の際の送別会で、部署の中でもエンジニアとしてレベルが高いと感じていた40代の先輩が、「ソニーではエンジニアリングは評価されない。俺はその方向に進んだけれど、給料は最近下がる一方だよ。君はいい選択をした」と言っていたのが、未だに記憶に残っています。
労働観のミスマッチ

私はいわゆるライトなオタクで、アニメやゲームが好きでコンテンツを消化する時間が無限に足りないと感じていたり、自分で何かを考えてものを作るという絶望的に時間を食う行為も好きだったりして、ともかく余暇の時間の確保が人生の重要課題です。
もうご推察されたことと思いますが、ソニーでの私の労働時間はそれなりに長かったです。企画・ビジネスユニット主導のスケジュールに開発部隊は圧殺されて、長時間労働が常態化していました。私も残業時間が 90 ? 100 時間程度の月が 3 ヶ月ほど続いたこともありました。部署の先輩には、残業時間の"平均"が100時間という方もいましたし、月の半ばで法規制が許す残業時間を"使い切ってしまう"ため月の中盤以降は"定時に帰ったことになっている"デバイス系の同期もいました。正直に告白すれば、私もチームリーダーに「打刻してから席に戻ってこい」と言われたことがあり、そのチームリーダーは次の日悔恨の表情で「昨日言ったことは忘れてくれ」と言っていましたが、数カ月後に突然辞めました。
前述の通り、趣味の時間が人生の意義になっていた私にとって、これは体力的だけでなく精神的にも非常にダメージの大きいものでした。上司からの「君のチームが他のチームに比べて残業時間が少ないので、(労使交渉で通常の上限の)60時間まで残業時間を埋めてほしい」という指示が決定打となり、退職を決意するに至りました。
技術投資の考え方のミスマッチ

昨今の、シャープ・東芝等のニュースで明らかになっているとおり、大企業だから安泰ということはもう過去の話です。そのため、自分の市場価値を高めておく必要があると私は強く感じています。
しかし、会社はエンジニアリング軽視であり、またその昇進先であるマネジメントについてもお世辞にもプロの仕事とは呼べないものであり(残業100時間を続けないといけないマネジメントとはなんでしょうか?)、ソニーで働き続けることは私の「労働市場で自分の市場価値を高める」という方針にとってリスクでしかありませんでした。
人事担当者に、現在のキャリアパスについて不安があるという相談をしたときにも「増田さんがソニーで(定年まで)働き続けることを考えると?」のような発言をしており、会社がなくなる / 現状の待遇が維持されなくなるというリスクは全く考慮されておらず、いかにただただ嵐が過ぎるのを耐えるかという発想しかありませんでした。
エンジニアリングについても、昨今の汎用チップにスペック的に見劣りする高額のカスタムチップの開発、そのカスタムチップを使いこなすための C / アセンブラによる手動の最適化といった"職人芸"に対する信仰、大量のテスターを雇っての人力テストなど、エンジニアとしてのセンスとしてやや疑問符がつく、ともすればレガシーな開発手法がまかり通っていたりと、この技術・職場に適応したとして、その人物は一般的な問題に対応できるだろうか?その人物を市場は評価するだろうか?という疑問が拭えませんでした。
また、業務時間がまるで足りないからとコードレビューすらろくにできないので知見がたまらない、時間がないので勉強もできない(しない)、もちろん職場で最新の技術に対するディスカッションどころか雑談すら成り立たない、という状況で、私がこのような職場で業務に忙殺されている間にも、世界のエンジニアは勉強し技術力を高めているのかと思うと、相対的に自分の市場価値を毀損されていると感じ、焦燥感にはちきれんばかりの思いでした。
転職

こういった不安・不満があり、また会社の期待にも応えることが難しいということで、先ごろ無事ソニーを退職し、新しい職場で働き始めています。新しい職場は上記の 3 要件についてよくマッチしていると感じており、心穏やかに働けています。幸い年収も多少増える結果となりました。
色々書きましたが、これらはソニーが悪い会社だと言う話ではなくミスマッチだと思っています。上記の内容はすべて私の価値観を元にした一面からの評価になっており、他方でここで挙げたような会社の考え方(マネジメント優先・仕事優先・安定優先)に同調・納得できる方もいると思います。残念ながら私とはミスマッチだったというまでです。
また、あくまでこれらはソニーという(さらに言えば自分の配属された事業部という)組織に対する評価であり、尊敬できる先輩・同期もたくさんいましたし、そういった方々と出会えた、幸いにして現在も仲良くしていただいているということは、本当にありがたいことです。
みんながしあわせになるといいな。
おもしろ案件とお気持ち表明

ここからは単なるおもしろ案件共有コーナーです。
「私は断捨離を最近している。私のデスクにはラップトップしかない。エンジニアは席にぐちゃぐちゃ本を置きすぎ。読んだって忘れるし意味ない」 ー 退職原因となった上司
「60時間残業するしかない。隣のチームは100時間とか残業している人もいるし... あ、できれば休日出勤も」 ー チームリーダー
「オフショアに、ある UI が表示されないというチケット切ったら、戻ってきたコードが全部の UI 表示判別ロジックを無視して最後に必ず true を返すようになってた」 ー 先輩
「オフショアに出すときには割り算を使ってはいけない。彼らは割り算を理解できない」 ー 同期
「オフショアにこれだけ仕事を明け渡すことができ、こんなにコストカットできた!」(オフショアの人数が増えて社員の人数が激減してるグラフをみんなに見せながら) ー 退職原因となった上司
「2ヶ月ペンディングしてたプロジェクトを再開します。期限は以前のままで。(倒れている人が多すぎて)人は増やせません。そこの生きてる新人一人でお願いします」 ー 企画
「勉強はいいから早く書き始めて!」(社内独自フレームワークを使ったアプリ開発を初見の私ただ一人に任せた初日の言葉) ー プロジェクトマネージャー
「チケット読み上げるだけだったら、あのプロマネより初音ミクのほうがテンション上がる分いいよね」 ー 先輩
「これ、売上連動でボーナスが決まるってなってますけど、うちの事業部みたいな絶対この先下がるしかない事業部はボーナスが下がるってことですか?」「そこはビジネスユニットが生かさず殺さずの設t「事業計画に則ってちゃんと支給されるので大丈夫だよ」 ー 査定評価説明会にて
「若いうちに限界が知れてよかったんじゃないかな?」(私が長時間労働で倒れて復帰した際に) ー 退職原因となった上司
内定もらった時の風景は今でも覚えていて、友人と一緒に出かけていた先で内定通知の電話がかかってきて、本当に2人で喜んで、とても嬉しかったのを覚えている。どうしてこうなっちゃったんだろうなぁ。
ものつくりの現場で、エンジニアリングをバカにされたのは悲しかったなぁ。私がいる間だけでも、ものが作れなくなっていってるのが感じられたのも悲しかった。


 引用元:http://anond.hatelabo.jp/20170403094257
ソニーとは(Wikipedia)

WBG_Building_Makuhari_2
ソニー株式会社(英: Sony Corporation)は、日本・東京都港区に拠点を置く多国籍コングロマリット[3]であり、ソニーグループを統括する事業持株会社。世界首位のCMOSイメージセンサ[4]やゲーム[5]などのエレクトロニクス分野をはじめ、映画・音楽分野にも重点を置いている[6]。東京証券取引所市場第一部上場。

その他、グループ子会社を通じて銀行業・生命保険業・損害保険業・不動産業・放送業・出版業・アニメーション制作事業・介護事業・教育事業・電気通信事業[注 1]などを手がける。かつては化学工業・小売業・パソコン・白物家電・化粧品・飲食店・旅行業なども手がけていた[注 2]。その他、ソニー教育財団・湘北短期大学の設立にも関わっている。
2014年度の連結子会社数は1240社で、日立製作所を200社以上を上回り日本1位[7]。広告宣伝費は4,444億円でトヨタ自動車を上回り日本1位[8]。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%BC



■以下、Twitter民の反応■



大手でプロなエンジニアが育たない理由の一つが専門職ではなく、この管理職になる、というキャリアマップだなぁ。管理職はプロマネじゃなくて事務処理屋だったりするしすぐに技術についていけない老害に育つのよね…

ソニー株式会社を退職しました anond.hatelabo.jp/20170403094257

世界のエンジニアはもっと勉強していて、相対的に自分の価値が低くなっている...という箇所は物凄い同意です。
anond.hatelabo.jp/20170403094257

興味深い記事。

ソニー株式会社を退職しました anond.hatelabo.jp/20170403094257