C7RCtjzVwAAP2uV

大泉洋とは(Wikipedia)

maxresdefault

大泉 洋(おおいずみ よう、1973年4月3日 - )は、日本の俳優、タレント、コメディアン。CREATIVE OFFICE CUE(業務提携先はアミューズ)、演劇ユニットTEAM NACS、及び劇団イナダ組所属。身長178cm。北海学園大学経済学部卒業。北海道江別市大麻[1]出身。

北海道江別市大麻[1]出身。父は北海道高等盲学校などの校長を歴任した教員であった。母は中学校教師で、TEAM NACSメンバーの音尾琢真と同じ旭川市出身[3]。札幌市立真駒内中学校、北海道札幌藻岩高等学校を卒業後、2浪して1994年に北海学園大学経済学部経済学科に入学し、演劇研究会へ所属。森崎博之らと仲良くなり、親友同士5人でTEAM NACSを結成。演劇研究会及び森崎の薦めで入団した劇団イナダ組の舞台が評判となり、大学在学中に当時鈴井貴之が主宰する劇団の劇団員に認められ、現在の事務所に所属することになった。
大学在学中の1995年10月、鈴井の斡旋下で北海道テレビの深夜番組『モザイクな夜V3』に出演し、芸能活動を開始。翌1996年10月には同局の深夜番組『水曜どうでしょう』に出演開始し、北海道内でのタレント活動が活発化した。『水曜どうでしょう』は深夜枠での放送にも関わらず高視聴率(最高18.6%)を得て全国に番販され、それに伴い大泉の知名度も広がっていった。


引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B3%89%E6%B4%8B
坪井正五郎とは(Wikipedia)

dd
坪井 正五郎(つぼい しょうごろう、文久3年1月5日(1863年2月22日) - 大正2年(1913年)5月26日[1])は、日本の自然人類学者。

経歴
蘭方医・坪井信道の孫として江戸に生まれた(父は信道の女婿、幕府奥医師坪井信良である)。1877年大学予備門に入り、1886年帝国大学理科大学動物学科卒業[2]。帝国大学大学院に進学し人類学を専攻、修了後の1888年帝国大学理科大学助手[2]。翌年より3年間イギリスに留学し、1892年10月帰国し帝国大学理科大学教授[2]。遠縁にあたる民間の研究家・林若樹がこの頃から助手として出入りする。同年蘭学者箕作秋坪の長女・直子と結婚。1899年理学博士号を授与された[2]。日本の人類学の先駆者であり、日本石器時代人=コロポックル説を主張したことで知られている。1903年の第5回内国勧業博覧会では学術人類館に協力した(詳しくは人類館事件を参照)。1913年、第5回万国学士院大会出席のため滞在していたロシア・サンクトペテルブルクで、急性穿孔性腹膜炎のため客死[3]。
生誕文久3年1月5日1863年2月22日
日本の旗 日本 江戸
死没1913年5月26日(満50歳没)
ロシアの旗 ロシア ペテルスブルク
研究分野自然人類学
研究機関東京大学
出身校東京大学
主な業績日本石器時代人=コロポックル説を主張


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%AA%E4%BA%95%E6%AD%A3%E4%BA%94%E9%83%8E