C75xDEsVwAAZI3f
コナミホールディングスとは(Wikipedia)

Logo-Konami
コナミホールディングス株式会社(KONAMI HOLDINGS CORPORATION)は、アミューズメント機器やゲームソフトの製造とスポーツクラブの運営などを手掛けるコナミグループの純粋持株会社である。

概要
1969年3月21日に大阪府豊中市で創業して1973年3月19日に法人化された。ジュークボックスのレンタルと修理業を経てアーケードゲーム事業に参入。

アーケードゲームのほかにMSX、ファミリーコンピュータ、プレイステーションなどのパソコン・家庭用テレビゲーム機でジャンルを問わない多くの人気ゲーム作品を発表し、現在では関連子会社を通じてテレビゲームに留まらず、ソーシャルゲーム進出やカードゲームなどの玩具の製作・発売、スポーツクラブの運営も手掛けるなど、多角的に事業を展開している。1980年代、アーケードゲームから家庭用コンピューターゲームへ参入した老舗ゲームメーカーの中で、現在も独立を保っている数少ない存在である。
種類株式会社持株会社
市場情報


東証1部 9766
LSE KNM
略称コナミHD、KHC
本社所在地日本の旗 日本
107-8323
東京都港区赤坂九丁目7番2号
ミッドタウン・イースト
設立1973年3月19日
1969年3月21日創業)
業種情報・通信業
事業内容グループ全体の企業価値・株主価値の増大を図るための戦略的経営計画の立案・実行、事業子会社の業務遂行の管理
代表者上月景正(代表取締役会長)
上月拓也(代表取締役社長)
資本金473億9,800万円
(2015年3月31日現在)
発行済株式総数1億4,350万株
(2015年3月31日現在)
売上高連結:2,181億57百万円
(2015年3月期)
総資産連結:3,297億60百万円
(2015年3月期)
従業員数連結:5,048名
(2015年3月31日現在)
決算期3月31日
会計監査人PwCあらた有限責任監査法人
主要株主日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 13.51%
一般財団法人上月財団 12.39%
コウヅキホールディング 11.61%
(2016年9月30日現在)
主要子会社株式会社コナミデジタルエンタテインメント 100%
株式会社コナミスポーツクラブ 100%
KPE株式会社 100%
株式会社コナミアミューズメント 100%
関係する人物上月景正(創業者)



 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9
メタルギアソリッドとは(Wikipedia)

メタルギアソリッド5wikiトップ
『メタルギアソリッド』(METAL GEAR SOLID、略称: MGS)は、コナミコンピュータエンタテイメントジャパンが開発、コナミから発売された戦略諜報アクションゲームであり、メタルギアシリーズの3作目となる作品である。

概要
MSX2用として発売された前2作品とは異なりポリゴンを用いた3次元描写による潜入アクションゲーム。
物語のテーマは「GENE(遺伝子)」。
本作品のシナリオは、米国のフォーチュン誌にて「20世紀最高のシナリオ」と称され、小説版のキャッチコピーでも使われている。ハード性能を活かした映像の他、兵士の吐く白い息等の描写で極寒のアラスカへの潜入を演出。詳細な人物設定等も評価されている。ハードの移行により大きな進展を見せた本作は、ポリゴンによる3次元描写となった事に加え、3次元でなければ不可能な演出を盛り込んでいる。また、ゲーム内では実在する武器が使用されている。
メタルギアソリッド
ジャンルステルスゲーム
タクティカル・エスピオナージ・アクション
対応機種PlayStation
ニンテンドーゲームキューブ(ザ・ツインスネークス)
ゲームアーカイブスPS3/PSP
Microsoft Windows
開発元メタルギアソリッド / インテグラル:
コナミコンピュータエンタテイメントジャパン
ザ・ツインスネークス:
コナミコンピュータエンタテインメントジャパン・シリコンナイツ
発売元コナミ
シリーズメタルギアシリーズ
人数1人
メディアCD-ROM2枚組
CD-ROM3枚組(インテグラル/初回幻想水滸伝II DEMO同梱版)
GC用光ディスク2枚組(ザ・ツインスネークス)
発売日

日本の旗 1998年9月3日
アメリカ合衆国の旗 1998年10月20日
PAL 1999年2月26日
日本の旗 2008年3月21日(ゲームアーカイブス、PS3PSP
インテグラル:
日本の旗 1999年6月24日
アメリカ合衆国の旗 1999年9月23日
PAL 1999年10月26日
日本の旗 2013年7月11日(ゲームアーカイブス、PS3PSP
ザ ツインスネークス:
アメリカ合衆国の旗 2004年3月9日
日本の旗 2004年3月11日
PAL 2004年3月26日
Microsoft Windows:
アメリカ合衆国の旗 2000年9月24日

PAL 2000年10月20日
対象年齢CEROC(15才以上対象)
ESRBM(17歳以上)
売上本数日本の旗 約78万本
世界 約559万本[1]
その他メタルギアソリッド: 限定版あり
ザ・ツインスネークス: ゲームキューブ同梱版あり


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%82%A2%E3%82%BD%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89
実況パワフルプロ野球とは(Wikipedia)

57a3261c1fa57
『実況パワフルプロ野球』(じっきょうパワフルプロやきゅう)は、コナミデジタルエンタテインメント(以下KDE-J、※下記参照)から発売の野球ゲームシリーズのタイトル。略称は「パワプロ」。
開発チームであるパワプロプロダクションの作品は、パワプロシリーズの他にも任天堂の携帯ゲーム機で発売されているパワプロクンポケットシリーズ(略称:パワポケ)、主にPlayStation 2・3で発売されているプロ野球スピリッツ(略称:プロスピ)がある。2シリーズの詳細はリンク先を参照。
※2005年12月15日発売の『実況パワフルプロ野球12決定版』まではコナミ(後のコナミホールディングス)から発売されていたが、2006年3月31日の持株会社移行後は、コンシューマ版はKDE-Jが、アーケード版は『実況パワフルプロ野球 BALL☆SPARK』からコナミアミューズメントが発売元となっている。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9F%E6%B3%81%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%97%E3%83%AD%E9%87%8E%E7%90%83
ときめきメモリアルとは(Wikipedia)

special_poster
『ときめきメモリアル』は、1994年5月27日に、コナミ(現・コナミホールディングス)からPCエンジンSUPER CD-ROM2向けに発売された、恋愛シミュレーションゲーム。なお、2006年3月31日の持株会社化に伴い、版権はコナミデジタルエンタテインメントに移っている。
略称は、一般的に「ときメモ」として知られているが、コナミの公式な略称は「ときめき」とされている。これは当初「ときめき」を正式タイトルにする方向だったことから来ており、商標が取得できなかったため、改題された。ただ、『ONLINE』のCMなどでは公式でも「ときメモ」の略称が用いられることもある。キャラクターデザインは、小倉雅史(中国語版)(こくら雅史)。
ときめきメモリアルのタイトルはコナミデジタルエンタテインメントの登録商標になっている(登録数13件)[1]。
ときめきメモリアル
ジャンル恋愛シミュレーション
対応機種PCエンジン[PCE]
PlayStation[PS]
スーパーファミコン[SFC]
セガサターン[SS]
Windows 95[Win]
ゲームボーイ[GB]
PlayStation Portable[PSP]
ゲームアーカイブスPS3/PSP)[GA]
iアプリ[i]
EZアプリ[EZ]
S!アプリ[S]
ウィルコムW-ZERO3シリーズ専用[W]
開発元PCE・i・EZ・S:コナミ
PS・SS:コナミコンピュータエンタテインメント東京
SFC:コナミコンピュータエンタテインメント大阪
Win:コナミコンピュータゲームズ青山
GB:コナミコンピュータエンタテインメント神戸
PSP:コナミ・テンキー
GA・W:コナミデジタルエンタテインメント
発売元コナミ
人数1人
メディアCD-ROM[PCE/PS/SS/Win]
ROMカートリッジ[SFC/GB]
UMD[PSP]
ダウンロード販売[GA]
発売日PCE:1994年5月27日
PS:1995年10月13日
SFC:1996年2月9日
SS:1996年7月19日
Win:1997年12月4日
GB:1999年2月11日
PSP:2006年3月9日
GA:2009年11月11日
対象年齢CEROA(全年齢対象)[PSP/GA]
その他本項中では必要に応じてプラットフォーム別に上記略称を用いる。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%82%81%E3%81%8D%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB
ラブプラスとは(Wikipedia)

main
『ラブプラス』(Loveplus)は、2009年9月3日にコナミデジタルエンタテインメントからニンテンドーDS向けに発売された恋愛シミュレーションゲーム[1]。
本項では次に挙げる作品についても記述する。
『ラブプラス+』 強化・改良版
『NEWラブプラス』 ニンテンドー3DS版
『NEWラブプラス+』仕様変更版
『ラブプラス i』 iPhone/iPod touch向けアプリ
『ラブプラス アーケード カラフル Clip』 アーケードゲーム
『ラブプラス MEDAL Happy Daily Life』 メダルゲーム
『ラブプラス コレクション』 ソーシャルゲーム
キャッチコピーは、『ラブプラス』が「国民的G・F(ガールフレンド) デビュー!!」。『ラブプラス+』が「日本全国L+現象(ラブプラスまつり)!!」。『NEWラブプラス』が「飛び出せ!!国民的カノジョ」。『NEWラブプラス+』が「やっぱり、“カノジョ”が好き。」。
ラブプラス
対応機種ニンテンドーDS
開発元コナミデジタルエンタテインメント
発売元コナミデジタルエンタテインメント
ジャンル恋愛シミュレーション
発売日2009年9月3日
2010年7月15日(ベストセレクション)
価格5800円(税込)
1980円(税込・ベストセレクション)
レイティングCEROC(15才以上対象)
コンテンツアイコン恋愛、セクシャル
キャラクター名設定主人公のみ
エンディング数9
セーブファイル数3
メディアDSカード
キャラクターボイス主人公以外
CGモードあり
音楽モードあり
回想モードあり
メッセージスキップなし
オートモードあり
備考DSワイヤレスプレイ対応
売上本数:約24万本(2010年6月現在)
ラブプラス+
対応機種ニンテンドーDS
発売元コナミデジタルエンタテインメント
ジャンル恋愛シミュレーション
発売日2010年6月24日
2011年6月23日(ベストセレクション)
価格4800円(税込)
1980円(税込・ベストセレクション)
レイティングCEROC(15才以上対象)
コンテンツアイコン恋愛、セクシャル
キャラクター名設定主人公のみ
エンディング数9
セーブファイル数3
メディアDSカード
キャラクターボイス主人公以外
CGモードあり
音楽モードあり
回想モードあり
メッセージスキップなし
オートモードあり
備考売上本数:約19万本
ラブプラス i
対応機種iPhone/iPod touch
発売元コナミデジタルエンタテインメント
発売日2010年4月5日
価格各600円(税込)
備考登場キャラクター別に『iM』『iR』『iN』の3種類が発売。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9


■以下、Twitter民の反応■


仮にノスタルジア置かれるならコンマイのゲーム置かれることになるんだけど 草津はビデオゲームの数クソザコやからあまり期待しないぐらいがいいや ボーダーブレイク置かないゲーセンやからな(しかもセガ

コンマイの筐体のゲームはコンシューマー望めないのが絶望的だよな

@YKmarisa そういうのなら普通に歓迎なのよね... ゲームが好きだった頃のコンマイに戻して

@YKmarisa 失敗を恐れず社内の版権を別の社内のゲームに余すことなく使っていたあの頃のコンマイは...

コンマイ3大「耳の健康に厳しい効果音」
・DDRの曲開始時のDQN声援<ヴァアアアァァァー
・GITADORAのスキル色変化時<ショワイワィーーーン
・IIDXのゲームモード選択音<チャキーーン

@mzmstr514 でも家庭用とかに展開出来そうなゲームを作ってはいるコンマイ流石とは思う

楽しい時間を作って売ってる企業バンダイ
ユーザーから金を巻き上げる企業コンマイ
カードゲームなのに抱きまくらを作る企業ブロッコリー

プロスピを一時引退しかけたのはつまんなかったとか
ガチャ確率不満だったとかじゃなくて
今までやってきたゲームの中で
最もどハマりして飽きる気配がなく、
勉強に支障が出そうなゲームだったからであって
結局戻ってきたからつまりコンマイの思うつぼ。

カードゲームってコンマイ語まで行かなくても日本語力とルール裁定との戦いになるよねやっぱ

遊戯王がオワオワ言われてるけどスタッフ追い出してそのスタッフが作ったゲームを使いクリエイター募集しているコンマイの方が終わってるって一番言われてるから

ゲーム自体は面白い、BGMもよい
だがコンマイそんなゲーム

コンマイに金は落とせてもバンナムには金は落とせねぇな。よくもまぁユーザーをがっかりさせるゲームばかり連発できるものだぜ

ゲーセンには数年アップデートされてないのにいまだに置かれ続けてるコンマイのゲームがありまして

@Ricotta_5Ds 廃れたとしても今のコンマイ上層部はゲームなんて低俗ではしたないな物よりスポーツクラブとして売っていきたいとほざいてるらしいので改善してくれる可能性は絶望的かと