C7X5HHjVwAEBMbl

創刊!流行語大賞 2017年3月20日 170320 投稿者 Rikuto5
創刊!流行語大賞 2017年3月20日 170320
創刊!流行語大賞 - フジテレビ

thumb_ca3d3518-508c-4c5b-97f2-5d8428b1831d
2017年3月20日(月)放送終了
放送内容詳細
毎年発表される新語・流行語大賞。そこにエントリーされる新語は、その年の世相を軽妙に映したもの。そう、まさに『言葉は時代を映す鏡』。そこでこの番組では、あらゆる世界・業界で誕生している流行語から、さまざまな世界の知られざる今を見ていく番組。

出演者
梅沢富美男
鈴木奈々
高橋茂雄(サバンナ)
博多大吉(博多華丸・大吉)

(五十音順)

永島優美(フジテレビアナウンサー)

スタッフ
【プロデューサー】
池田睦也
緒方夏子

【演出】
宮川直樹
西田賢

【ディレクター】
林千恵子
上原伸


 引用元:http://www.fujitv.co.jp/b_hp/170320ryukogo/
男性オタクが激怒する「バブみ」誤用問題 腐女子が使ってはダメなのか

「意味が違う!」「オタクの言葉を、腐女子に奪われた!」、そんな悲鳴がネット上に響いた。「バブみ」というオタク用語を指している。

本来は男性オタクが年下の美少女キャラに「母性」を感じる時に用いられてきた。ところがあるテレビ番組で、ボーイズラブ好きの「腐女子」と思われる女性が多数登場し、デフォルメされて可愛く作られた男性キャラを見ると、「自分の母性」がくすぐられる、とし、それが「バブみ」だと証言したからだ。news_20170322191153-thumb-645xauto-108374

「バブみ」とは(写真はピクシブ百科事典)
男性キャラか、女性キャラか

「バブみ」を取り上げたのは2017年3月20日放送のフジテレビ系「創刊!流行語大賞」。この番組はあらゆる世界・業界で誕生している流行語をピックアップし、知られざる世界を垣間見ようというもので、今回は東京・池袋に集う「アニメ女子の流行語」が紹介された際に「バブみ」が出てきた。

登場した女性は口々に、もともとイケメンの男性キャラが可愛くデフォルメされているものに「萌える」とし、ある女性は、ある男性キャラのデフォルメされたマスコットを撫でまわしながら、

「カワイイね、よしよしカワイイね、バブちゃんよしよし、バブみある。(キャラの)親的な感じで思っている」
などと語った。番組では「バブみ」について、

「イケメンのキャラがあまりにもカワイくて、デフォルメされた時などに、強い母性を感じる事」
と解説した。
「母性」を感じるという意味では共通だが...

これに驚いたのは男性のオタクたちだ。ネットの掲示板には、

「言葉は正しく使え」
「女って何で男の間で流行ってるものパクるんかねぇ」
「『バブみ』が腐女子のものになって悲しい... 」
などといった怒りの声が挙がった。

実際はどんな意味なのか。ネット辞典の「ピクシブ百科事典」では、

「年下の女性へ求める母性、あるいは年下の女性から感じる母性」
と書かれている。語源は赤ちゃんの声の「バブー」に、「旨み」「凄み」などの「み」がついた。自分が幼い赤ちゃんとしてその包容や庇護を受け甘えたい、という感情があり、「○リコン」趣味の人もいるが、基本的には思いを寄せたキャラがたまたま少女だった、ということだそうだ。また、男性キャラにおしゃぶりを咥えさせるなどの「赤ちゃんプレイ」のようなものを指して「バブみ」と呼ぶことも一部であったが、現時点では「誤用」と書かれている。「アニヲタWiki(仮)」にも同様の事が書かれていて、「バブみ」が高いとされるキャラクターとして、「艦隊これくしょん」の「雷」、「OVERMANキングゲイナー」の「アナ・メダイユ」、「To Heart2」の「向坂環」が紹介されている。
これまでの意味や使われ方が変化している

それではフジテレビに批判が出ているのかといえばそうでもない。というのも、こうしたネット上で誕生した流行語は時が経てば解釈の範囲が拡大したり、違う意味でも利用されることが多々あるからだ。

2014年に「流行語大賞」にノミネートされた「壁ドン」。男性が女性を壁際に追い詰めて壁をドンと手で突く行為が「萌える」という解釈だが、ネットで誕生した時は、アパートなどで隣がうるさかった時に壁をドンと叩いて抗議する、という意味だった。だからこの新解釈に、

「世間で今流行ってる壁ドンの意味と俺が知ってる壁ドンの意味が違う...」
といった戸惑いの声が出ていた。「女にパクられた」という批判もあったが、大きな騒ぎにはならなかった。さらに今回の「バブみ」の場合は、元の意味があまりにもキモいため、テレビで放送できるわけがない、という意見も多く、

「女性が母性を持つって事なら自然だしこっちの意味でいいわ」
といった擁護の声もある。

J-CASTニュースが17年3月22日にフジテレビに対し、「バブみ」をなぜあのように解釈して放送したのか問い合わせた。同局広報によれば、「バブみ」がもともとどういう使われ方をしていたのかは当然知っていた。しかしロケに出たところ、女性たちは放送にあったような解釈で使っていた。

「オンエアで『彼女たちが言うバブみとは』と流しましたが、これまでのバブみの意味や使われ方が変化していることが取材で分かり、それを伝えたということです」


 引用元:https://www.j-cast.com/2017/03/22293718.html?p=all
腐女子とは(Wikipedia)

12596364_1680090655593119_1731972105_n
腐女子(ふじょし)とは、やおいやボーイズラブ(BL)と呼ばれる男性同士の恋愛を扱った小説や漫画などを好む女性のことである。「婦女子」(ふじょし)をもじった呼称である。以前はヤオラー[注 1]、やおい少女[1][2]とも呼ばれていた。
腐女子という言葉は、1990年代末にネット上で使用が確認されており、2005年頃から一般にも認知されるようになった[3]。元々やおいやオタクは社会にとって病理的な現象の一つだったが、大きなイメージギャップのあるボーイズラブ、腐女子という新しい言葉が使われるようになったことで、男性同性愛を題材にした作品やその愛好者のイメージを刷新することに一役買った[4]。やおい・BLジャンルを好む女性に限らず、オタク趣味を持つ女性全般を指す言葉として用いられることもある[5]。ただし女性オタクでも、男性同性愛をテーマにする作品を好まない人には、腐女子と呼ばれたり、一括りにされることを嫌がる人もいる。腐女子でない女性のオタクは単にオタク、または「女オタク」とも呼ばれる。腐女子は、女性のオタク趣味への罵倒語(蔑称)として使用されることもある[6]。メディアでは2015年頃からメディアで取り上げられることが一段と増え、やおい・BL作品を読むことを公言する芸能人・有名人が増えたこともあり、腐女子の扱いはポジティブになってきている[7]。
年齢の高い腐女子をさす派生語として貴腐人(きふじん)もある[8][9]。同様の趣味を持つ男性は、腐男子あるいは「父兄」をもじって腐兄(ふけい)などと呼ばれる。


 引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%90%E5%A5%B3%E5%AD%90
バブみとは(Wikipedia)

a2db1f09e2efa978b6aecde927438659
概要

本来、「母性」は年上の女性が、年下の子供に対して向けるものであったが、そんな母性を、年下の女性に対して求める、または年下の女性から感じる時に用いるのがこの言葉。
語源は、幼児退行し、対象よりさらに幼い赤ちゃんとしてその包容や庇護を受け甘えたいというところから、赤ちゃんの声の「バブー」に、「旨み」「凄み」などの「み」がついたもの。
世話焼きだったり、包容力や庇護力があるなど、年下でありながら母性を見出せる相手に対して「バブみがある」、それを強く感じる場合には「バブみが高い」などのように用いる。
悪化すると実際に幼児退行して甘えることまで求め、「バブみを感じてオギャりたい」などと言い始める。

注意すべき点として、
○リコンとの併発をしている例も一応あるものの、基本的に
「想いを寄せた相手がたまたま少女であった」だけなので相手が成長することへの忌避感はケースバイケースである。
また、男性キャラに対してSD化する、おしゃぶりを咥えさせるなどの赤ちゃんプレイをさせているものを指してバブみと称することが一部であったが、これは誤用。(少なくとも現時点では)

具体例

バブみを感じてる方

シャア・アズナブル
ララァ・スンに感じていた感情が、代表的なバブみの例とされる。
「ララァは、私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!」

草加雅人
シャアに並ぶバブみの代表例の一人。園田真理に対する好意は尋常でなく、障壁となりうる存在は徹底的に排除しようと目論み、小説版に至ってはそれ以上いけない線を超えてしまった程。
「真理はなぁ! 俺の母親になってくれるかもしれない女なんだ…俺を救ってくれるかもしれない女なんだ!」

光源氏(源氏物語)
若紫に対し、母の面影を追い求める姿が該当する。(当時の成人は今よりも若かったが、それでもいささか若すぎる模様)

バブみを感じさせている方

ダメ提督製造機 東條希
こちらは母性を感じさせる女性側の典型例に、よく引き合いに出される。典型例というだけで、他にもバブみを見いだせるキャラは数多くいる。
前者は駆逐艦娘は公式で小~中学生程度のイメージと言われており、後者は高校3年なので (親の許可があれば)一応結婚可能な年齢ではあるが未成年。
いずれも包容力や面倒見のよさ、提督や仲間を肯定的に受け入れる様子が目立ち、問題がある場合でも、叱るより優しく窘めるようにしてくれるタイプ。


 引用元:http://dic.pixiv.net/a/%E3%83%90%E3%83%96%E3%81%BF



■以下、Twitter民の反応■



お姉さんでも○リでもいいので抱き締められてよしよしされてバブみを感じてオギャりたい

逆に○リにバブみを感じる場合貧○であることが多い

○リから産まれたいって騒いでる奴は何をやらせてもダメ

子供として愛で、成長を見守り、ふとした瞬間に気づく母性の目覚め

それがバブみ
垣間見える微かな母性がオギャリティ

形に集るな、本質を見よ

年上○リ姉妹にバブみがうんぬんのやつ、メロブで買おうかとも思ったがおっぱい大きめだったからフォアボール

○リ時代のあどけなさと可愛らしさを残しつつ、男らしさと人妻っぽさとバブみも兼ね備えたモイちゃん最強だな………しかもおっぱいもあって安産型…………

とりあえず、清姫は一番好き。
頼光さんはバブみを感じる。
酒呑ちゃんは○リばB…てか鬼っ娘萌え。
沖田ちゃんは病弱チート。

艦これの雷とかは○リな上にバブみがある

年上○リでバブみを感じてきた(*´ω`*)

○リのバブみ 無限の愛 ルール(法律)を超えていけ

友達が元々ゾンビ系好きで洋画に出てくるゾンビ基本50.60代らしいんだけど、その50.60代を可愛い、マジでバブみ、一周回って○リって言ってて、じゃあ私が好きな○リはその子から見れば赤子なのかといつも思うようになった

つまり、見た目は○リでありながらも母のようなバブみを持った女性がいいと?
つまり女性からすれば、石油王でありながらもハリウッドスターのような見た目であればいいわけか。

ママァ〜はバブみが深いオタクだけど、パパァ〜は○リ美少女

オギャリティとかバブみとか言っちゃいるが基本的には背伸び○リだと思ってるのでどストライクだった

○リ巨○バブみ付きならお付き合いお願いしますって言ってる

最近、年上○リ姉妹にバブみを感じて甘える頻度が上がっている

○リキャラにバブみを見出すことはままあるけど、バブみを感じるキャラに○リみを見出すことはなかなかないかもしれない

○リにバブみは艦これの雷あたりからな気がする…

○リにバブみを感じ始めたのはココ最近なのでやはり会社が悪い

見た目○リのまま歳とるってつまり○リの姿が永続的にキープされる事

見た目が○リなのにも関わらず年上であるというバブみ

空前絶後のぉぉぉぉ!超絶怒涛のクソオタク!!○リを愛し、○リに愛された男!!アニメ、漫画、ラノベ、全てのコンテンツの幼女を愛する天下無双の○リコン!!すべてのバブみの生みの親!!そう!!この俺が求めるものは!!

ママァァァァァァァァァァァ!!

イェェェェ!!ジャスティス!!!

人の好みを否定するつもりはないけど、○リに対して全然バブみを感じ取れない(╹◡╹)

あたしにとって全然バブみは感じないけど桃華って普通に可愛いよね。○リ(╹◡╹)

でも要はバブみある○リってことだろ?素直な欲望じゃね?理解が違ってなければ

バブみを感じるために合法○リを遺伝子操作で量産することを考えたがこれがコーディネーターの始まりとは、まさかキラヤマトでも思うまい。

まぁバブみを作ろうなんてのがそもそもおこがましいが